48cc62abb19a893601ccc39d532bc0bc_s

債務整理

借金を見直す債務整理の任意整理とはどのようなもの?

住宅の購入のための資金から遊興費としての利用まで、人が借金をする理由は様々です。しかし、どのような借金であれ返済するのは大変です。なかには返済に困ってしまって日々借金に悩んで生活している方もいらっしゃるかもしれません。
そのような場合に債務整理という方法を選択することで借金の悩みから解放される可能性があります。

LP_banner_02

債務整理とは何か
借金の返済が出来ずに困っている人を救済するための方法が債務整理です。法的な見地から借金の見直しを行い、借金に困っている人が背負っている借金の減額又は帳消しすることによって生活を再建する手段です。
この手段には「任意整理」、「民事再生」、「自己破産」があり、それぞれ他と異なる特徴があります。借金に困っている人は、まずは、ぞれぞれの特徴を把握し、どの方法が自分の状況と考えに適したものであるかを検討する必要があります。今回は任意整理についてみてみましょう。

任意整理とはどのようなものか?
債務整理のうち任意整理とは、任意で債権者と交渉を行って借金の減額などを行って無理の無い返済計画を再構築することをいいます。この減額のベースとなるのは「利息制限法」や「出資法」と呼ばれる法律で、それぞれ利息の制限について定められています。
この法律に照らすと余分な利息を支払っていたりするケースが多く、この余分な支払いであった利息を取り戻すのではなく、改めて返済に回すことで返済計画を見直すのです。
任意整理では裁判所を利用せずに手続きを進めることができるため手間が掛からず、官報に債務整理の事実を記載されることもありません。弁護士への依頼により和解成立まで借金の返済も中断されるというメリットもあります。また、将来の利息が免除となることも多く、元本のみの返済となり負担が大きく減ることがあります。
しかし、良いことばかりという訳ではありません。利息制限法などに基づく過払い利息を控除した後に残った元金については必ず返済をしなければならず、全ての借金を帳消しにしてしまいたいと考えている人には向いていません。
また、信用情報にキズが付くため、クレジットカードを含み新たに借入を行うことはできませんので注意が必要です。

任意整理と任意売却
借金の任意整理を行うに当たり最も重要なポイントは交渉する力です。特に債務者が相手にする債権者には一筋縄ではいかない先もあることでしょう。任意整理は債務者本人で行っても構いませんが、やはり経験豊富な弁護士に依頼することが任意整理を成功に導く大きなポイントとなります。
また、住宅ローンの返済にも困っている場合には他の借金の任意整理と並行して任意売却という方法で対応することが可能です。折角、任意整理で前向きに動くのであれば、競売ではなく、任意売却の検討をお勧めします。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  2. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  3. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  4. 実は厳しい税金滞納への対応
  5. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために

関連記事

  1. 68-2

    債務整理

    債務整理の件数の動向とその要因について

    多重債務などによって返済が困難になった債務者の救済方法として債務整理が…

  2. 276dc362357463bee644b4d92b9d23d8_s

    債務整理

    競売における最低落札価格と物件

    最近では、不動産取引をしている関係者だけではなく、一般の方でも入札に参…

  3. yotaka0721IMGL5136_TP_V

    債務整理

    競売と公売|何が違うの?

    競売や公売と聞くと、物件を安く手に入ることができるという、大きなメリッ…

  4. OZP68_namennayo_TP_V

    債務整理

    競売における債権届出とは

    債権回収のために不動産競売手続きでは、裁判所による債務者の財産を差し押…

  5. 7794b5ad72ed8724ea33a5645bdc21b1_s

    債務整理

    競売と抵当権の抹消について

    不動産を買う時に住宅ローンを組む人が居ると思います。住宅ローンを組む時…

  6. 1930231be5bf464ea6484a63432e4107_s

    債務整理

    債務整理の件数の増加について

    債務整理の自己破産と個人再生の件数は平成18年には合計で20万件を超え…

おすすめ記事

  1. OZP68_namennayo_TP_V
  2. a2753d1ced117d10c4c2e92389305424_s
  3. fbb4380eb4ed355578987c577d274f3e_s
  4. 33cf43a355640b9127b15805d596924c_s
  5. 4121541b90b39140f090f76a41e23493_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. PAK85_ra-mensusurugaikokujin20140531_TP_V

    債務整理

    競売における特別代理人の役割
  2. 08a5736b996b16667a8a9153188a54be_s

    債務整理

    競売物件明け渡しにおける「猶予制度」
  3. 4e89f1fb9d886396d004a64ad9dfd0d0_s

    不動産基礎知識

    競売における未登記建物の取扱い
  4. maxeIMGL8761_TP_V

    賃貸オーナー様

    家賃・賃料の滞納者には催促の電話から始めよう!!
  5. ME_biz20160902313115_TP_V4

    債務整理

    債務整理における積立金の意義と返金のケース
PAGE TOP