2177204_s

離婚と不動産

離婚はネガティブからポジティブへの転換期

一般的に離婚は、ネガティブ、つまりマイナスの物として考えられて来ました。しかし、近年ではそれをポジティブに考える傾向が強くなっています。人生を前向きに再スタートすることで選択肢が広がって行きます。

ポジティブ離婚が増加傾向にある背景

夫婦双方の幸せを目的とした離婚がポジティブ離婚であり、無理な婚姻関係の継続よりも、婚前の状態にリセットしてからそれぞれの道へ再出発することが目的です。離婚への抵抗は昔と比べ薄くなり、離婚は不幸な事であるといったイメージは払しょくされています。

周囲の方々に対しては、結婚したことと同様に離婚も報告するほか、その旨を各種SNSへの投稿をすることによる可視化のほか、それまでの夫婦生活に対する後悔や未練を断つことができ、離婚はただの通過点の一つであると前向きにとらえることが特徴となっています。

お互いに自由になれるというプラス思考が働き、離婚後も友人としての交流を続けるといった人達もいます。

離婚式は存在する

結婚式とは対を成す存在として、近年では離婚式も存在しています。二人の門出を祝うのはどちらも変わりませんが、式典内容に関しては堅苦しいことを一切せず、結婚指輪の破壊や離婚届の作成など、神聖なる結婚式に反しユーモアあふれる内容の式典として開催する傾向が高くなっています。

それ以外にも、旧姓で呼び合うほか仲人ならぬ裂人、縁切りで有名な寺で執り行うなど様々です。

必要な点を述べるなら、今後の生活についてしっかりと設計を行い、養育費の支払いや双方の生活プランを詳細に決めながら、公正証書の作成も同時進行で行いましょう。また、離婚問題に強い法律家に相談を行い、法的に効力ある取決めを行うことが、離婚後のトラブルを回避するために必須です。

住宅ローンが残っている場合の処遇

離婚式の際、離婚届の作成以外にも今後の生活の設計は重要だと先に述べた通りですが、住宅ローンの支払い義務はまだ残った状態です。夫婦の生活の場としての家が不要となっても、住宅ローンを組んだ際に住宅および土地に設定された抵当権がある限りは家の売却は不可能です。離婚に向けての協議の中で、マイホームに対する今後の処遇も検討しなければなりません。

離婚後はどちらもその家に住む予定がなく、金融機関に相談してから抵当権を解除することができるなら、売却を行いましょう。家の売却で得たお金は引っ越し費用を除き返済に割り当てます。

売却後に残高がある場合でも、分割払いを提案することができるため、毎月無理のない額を支払うことにより、ローン返済は完済までの間に継続されます。

まとめ

ポジティブ離婚はそれまでマイナスイメージだった離婚の印象を変え、人生を前向きに新しい人生の出発地とする事ですが、離婚後の生活などの設計は念入りに行い、トラブル一つない状態で行う事が重要となってきます。

競売に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  2. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  3. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
  4. 督促状の納期限とペナルティについて
  5. 後妻の子の相続における取り扱い

関連記事

  1. 5100918_s (1)

    離婚と不動産

    離婚を前提にしている方は家を購入できるか?

    現在の日本では、結婚した夫婦の3組のうち1組が離婚すると言われています…

  2. 430194_m

    離婚と不動産

    離婚は結婚以上にエネルギーが必要 ~お子様や財産の問題はしっかり話し合いましょう~

    離婚には結婚以上に心身に負担を与えます。落ち込んだ気持ちに後追いをかけ…

  3. 4515227_s

    離婚と不動産

    離婚に伴い持ち家の名義変更を行った場合などで発生する税金

    離婚時に協議すべき事項の1つ・財産分与。持ち家など不動産物件を所有する…

  4. 4097603_s

    離婚と不動産

    離婚後に同じ家に住むことのリスク 離婚後の家の行方

    離婚協議時に難航しがちな”家”は、なぜ離婚時に処分した方がよいと言われ…

  5. 2063506_s

    離婚と不動産

    離婚した場合、家のローンにおける共同名義はどうなるのか

    一戸建て住宅を購入する時に欠かせないのが住宅ローンです。夫婦共同名義と…

  6. 430194_m

    離婚と不動産

    離婚した後に第三者へ家を貸すことは可能なのか?

    夫婦が離婚した後、一戸建ての住宅を売却するのが一般的です。しかし、それ…

おすすめ記事

  1. 1012318_s
  2. 5100918_s (1)
  3. 2077370_s
  4. 820aaef8afd8fc766c9d7bcb9bb4dec2_s
  5. 4680320_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. ff15cd4fa7872b26e6aa6ad26a6d84ab_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 612

    債務整理

    競売における債権者が注意すべき事は
  2. dcfff1a4a13d7dda34636c59bebed6a7_s

    相続

    相続の範囲と3親等の関係性での誤解について
  3. 761726f24d2f2ece096c8c0a10e6cf89_s

    不動産基礎知識

    競売の申立てを取り下げてもらうためには
  4. 56f5a148a5a12416b75455169a6f6e48_s

    債務整理

    競売物件の固定資産税について
  5. ff15cd4fa7872b26e6aa6ad26a6d84ab_s

    相続

    相続定期預金利用のメリットとデメリット
PAGE TOP