任意売却

住宅ローン返済に関する悩みは任意売却で解決

様々な事情により住宅ローンの返済が苦しくなってくると、今後のやりくりについて悩んだり、将来に不安を感じたりすることと思います。債権者である金融機関などに相談をして借り換えや条件変更などで返済を続けることができるようになれば良いですが、それでも返済の継続が難しいようであれば任意売却を検討してみては如何でしょうか。

■ 任意売却とはどのようなものか

任意売却とは、住宅ローンの返済ができない場合に債権者の承諾を得て住宅ローンの担保となっている自宅を一般の不動産市場で売却することです。売却代金は住宅ローンの返済に充てることとなりますが、残債が発生するため抵当権の抹消について債権者の承諾が不可欠です。 なお、住宅ローンの滞納を続けていると最終的には競売によって自宅が売却されることとなりますが、任意売却は競売と比べると多くのメリットがあります。

■ 競売と比較した任意売却のメリット

任意売却のメリットは数多くありますが、代表的なものを挙げていきます。
・ 競売よりも高い金額での売却が可能のため残債を少なくすることができる
・ 残債の返済方法について債権者と交渉できる
・ 交渉次第では引越費用を売買代金から捻出してもらえる
・ 近所に売却理由が知られない
などが挙げられます。 競売による売却価格は、市場価格の6~7割程度と言われていますので、相当な金額分の残債を減らすことができることとなります。これは自宅売却後の残債の返済計画に大きな影響を与えます。また、競売手続きが開始されると情報が公開されるために競売の事実を近所に知られることとなります。特に小さなお子様がいらっしゃる場合には精神的な苦痛も大きなことでしょう。任意売却であれば通常の売却と変わらないので、その点の悩みも解決となります。 任意売却のデメリットとしては、手間が掛かり、専門的な知識も必要なことです。担保物件を売却しようとする訳ですから、債権者との交渉が重要ですし、報告も随時行う必要があります。また、競売と異なり内見の対応なども必要です。

■ 任意売却をスムーズに進めるために

任意売却は手間が掛かりますが、それ以上のメリットが債務者にあります。高額で売却できることは債権者にとってもメリットですから、基本的には前向きに交渉に臨んでくれます。しかし、任意売却をスムーズに進めるためには、高度な専門知識が要求される場面もあります。個人では限界がありますが、任意売却の専門家をパートナーとすることでこれらの悩みも解決していきます。任意売却を検討するのであれば、専門家に相談されることをお勧めします。

ピックアップ記事

  1. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  2. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
  3. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  4. 後妻の子の相続における取り扱い
  5. 競売における売却基準価額とは何か

関連記事

  1. 任意売却

    任意売却と債権者 ~抵当権の抹消と同意~

    住宅ローン滞納による競売を避けるために、任意売却を利用するには債権者の…

  2. 任意売却

    競売開始決定後はいつまで住めるのかについて

    住宅ローン滞納により競売にかけられた家は、買受人が決定すると債務者は退…

  3. 任意売却

    住宅ローンの返済中であっても引越しはできるのか?また、引越し費用は?

    住宅ローンの返済期間中に転勤などの理由によって引越しせざるを得ない状況…

  4. 任意売却

    任意売却における問題点には何があるのか

    競売では一般の不動産売買市場で成立する価額よりも低い価額で売却されてし…

  5. 任意売却

    任意売却に関わることとなる債権回収会社について

    住宅ローンを利用した際、滞納が続くとやがて返済窓口が金融機関から債権回…

  6. 任意売却

    競売における裁判所の役割と流れを知ることの重用性

    マイホームを建てるときに借りた住宅ローンは、元本と利息を合わせて金融機…

おすすめ記事

おすすめ記事2

特集記事

アーカイブ

  1. 離婚と不動産

    離婚後に同居は可能か
  2. 債務整理

    競売入札で提出が義務となった「陳述書」の役割
  3. 賃貸オーナー様

    賃貸借期間中に管理会社を変更した際の更新料の扱いについて
  4. 不動産基礎知識

    競売による売却の結果、発生した残債の扱いは?
  5. 不動産基礎知識

    共働き世帯の住宅ローンの利用方法
PAGE TOP