不動産基礎知識

不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること

普通であれば会社員になって給与を貰いながら生活していくことになります。ですが、不況やリストラなどで、将来の不安から副業で不動産のオーナーになり、不労所得を貰いながら、生活する人が多くなってきています。不動産投資とはどんなことでしょうか?

■どんな人が不動産投資を始めていくのがよいか

投資としてすぐに思い浮かぶのは株式投資やFX投資ではないでしょうか。ですがリスクが大きい部分もあります。不動産投資では良い物件を選ぶとアパートやマンションであれば定期的な賃料が入り、安定的収入が期待できます。

〇以下のような悩みがある方は不動産投資を始めるきっかけになるのではないでしょうか。
・不労所得で年収を上げたい方
・資産運用を考えて始めてみたい方
・早期リタイヤをお考えで副収入を得たい方
・今の給与だけでは将来が不安と悩まれている方

■不動産投資のメリットやデメリット

【メリット】
・会社に勤めながら副業でも可能
・安定収入が期待できる
・将来、年金代わりになる
・資産を残せる
・ローンを利用していく場合は生命保険効果もある

【デメリット】
・優良物件は限られています
・売却や換金に時間がかかる
・修繕費などがかかる
・不動産価格の下落リスクがある
・金利上昇や災害

■不動産の購入、維持や管理

今後は消費税増もあるので、大きな買い物は絶好の買い時です。不動産のオーナーになって将来のインフレ不安に備えて、安定した収入が見込める不動産投資はどうでしょうか。数百万などある程度の資金が必要になりますが、利回りが良く安定的に家賃収入が入る物件を購入していくのがよいかと思います。

建物の維持や管理についても管理会社などに委託できるため、労働力もほぼかからないです。少ない自己資金でも物件を担保に銀行からお金を借りて、投資が行えるのが不動産投資です。リタイヤまでにローンを払い終えれば、家賃収入を私的年金の代わりにも利用できます。また、不動産投資には所得税や住民税の節税効果も期待できます。

注意していただきたいのが、将来にわたって価格が維持されるとは限らないです。長期ローンを組んでの投資になりますと、金利上昇や災害など予期せぬリスクもあります。しっかり考えて慎重にやっていきましょう。

■まとめ

・比較的安定的な収入が見込める不動産投資生活を始めてみませんか。
・不動産投資の疑問やご相談などはぜひ一度、アブローズまでご連絡ください。

ピックアップ記事

  1. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  2. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  3. 督促状の納期限とペナルティについて
  4. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  5. 競売における売却基準価額とは何か

関連記事

  1. 不動産基礎知識

    住宅ローンの借り換えによる失敗

    住宅ローンを利用し、長期に渡る返済が続く中で借り換えを検討しようと思わ…

  2. 不動産基礎知識

    家を売る際の不動産屋選び

    何らかの事情で家を売るという事は、人生の中でない出来事ではありません。…

  3. 不動産基礎知識

    住宅ローン返済中に病気になったら?~収入ダウンに備えた保険と制度~

    住宅ローン返済中のリスクは、病気になったときの収入ダウン。返済を滞納し…

  4. 不動産基礎知識

    競売迫る! アパート所有者はどうするべき?

    競売は年を追うごとに増えている傾向にあります。戸建て住宅などの物件もそ…

  5. 不動産基礎知識

    家を売る時期を考える

    家を持つという事は一生のうちで、そうそうあるものではないです。またその…

  6. 不動産基礎知識

    住宅ローンの支払いの督促を受けたなら

    長い期間に渡って返済を続ける住宅ローンですが、ときには思わぬ出費のため…

おすすめ記事

おすすめ記事2

特集記事

アーカイブ

  1. 不動産基礎知識

    競売における保管金とは何か?
  2. 相続

    生前贈与を使って相続税対策
  3. 任意売却

    不動産競売を取下げる方法とは
  4. 債務整理

    競売物件購入時に必要な書類
  5. 任意売却

    競売における「配当期日」に対するそれぞれの対応
PAGE TOP