離婚と不動産

収入合算で家を購入した夫婦が住宅ローンを完済できない場合は?

夫婦の収入を合算して手に入れたマイホーム。1人では組むことができなかった住宅ローンには、どんなリスクがある?それに対する備えは?どうしても完済できないときはどうしたらいい?という疑問に、わかりやすく答えます。

そもそも「収入合算」とは?

理想の家がみつかった。しかし、夫または妻ひとりの収入ではローンが組めない・・・。その際に妻または夫の収入を合算する事によって、夫または妻1人でローンを組むよりも審査が通り易くなります。

この様に、1つのローンを2人で借りることを「収入合算」といいます。収入合算では、夫または妻が契約者となりもう一方が連帯保証人になることが一般的です。

収入合算によって、購入できる家の選択肢が広がります。金融機関によっては、連帯保証人が正社員でなくても収入合算を可能とするところもあります。しかし背伸びをした買い物は、リスクがないわけではありません。

収入合算のリスク

収入合算は、合算した収入が住宅ローン完済まで継続することが前提です。つまり、夫婦ともにずっと仕事をつづける覚悟が最低限必要です。なので出産・育児にあわせた、妻の働き方の変化がローンを返済している期間は難しいといえるでしょう。
そして契約者である夫または妻が返済を滞った場合、連帯保証人である妻または夫に支払いの義務が生じます。返済できない場合は家を手放さざるをえなくなります。最悪の場合、更には自己破産したりする可能性もあります。

リスクに備える

収入合算は、完済というゴールまで二人三脚で走り続けないといけません。完済までの最大の秘訣は、夫婦仲良く健康で仕事を続けることです。

しかし人生には、出産や家族の病気、親の介護などで仕事を辞めざるを得ない場合もあります。完済するためには、そのような際にどのようにしていくか、ということを夫婦で話し合って決めておくことも大切です。

さらに契約者が団体信用生命保険に入り、もう一方が就業不能保険などに入る事で万が一の事に備え、病気になったときの金銭的負担の対策を取る事も重要です。

それでもローン返済ができなかったら

滞納をそのままにしていると、ローンを組んだ金融機関は家を競売にかけてしまいます。競り落とされ次第、住んでいる家を出て行かなくてはなりません。

その為、返済ができない場合は、自宅を売却することを検討するのが一般的です。家を売却して得たお金をすべてローン返済にあてることなどを条件に、金融機関から許可を得て家を売却することを任意売却といいます。

任意売却は、競売よりも高く売れることはもちろん、近隣住人に事情が知られることなく売却することができるというメリットがあります。

まとめ

収入合算とは、1つのローンを2人で借りることを言います。ライフプランがしっかりとできていることが、収入合算の基盤になります。返済ができない場合は、任意売却も考慮し検討することをお勧めします。

不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  2. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  3. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  4. 不動産の売却に年齢制限はある?
  5. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!

関連記事

  1. 離婚と不動産

    家の建築中に離婚した場合

    マンションやアパート暮らしからマイホームへとステップアップし、夢の家を…

  2. 離婚と不動産

    離婚した場合、家のローンにおける共同名義はどうなるのか

    一戸建て住宅を購入する時に欠かせないのが住宅ローンです。夫婦共同名義と…

  3. 離婚と不動産

    離婚時のお金の問題! 税金は増える?住宅ローンの残債はどうする?

    離婚をしたら支払う税金は増えるのでしょうか。離婚後の税金や、住宅ローン…

  4. 離婚と不動産

    離婚した後に第三者へ家を貸すことは可能なのか?

    夫婦が離婚した後、一戸建ての住宅を売却するのが一般的です。しかし、それ…

  5. 離婚と不動産

    離婚でもらえるお金について

    現在、日本で離婚をする夫婦の約87%が協議離婚です。当事者間の話し合い…

  6. 離婚と不動産

    離婚後には税金が増える!?

    あまり知られていませんが、離婚をする時に覚悟しておくべき事の一つとして…

おすすめ記事

おすすめ記事2

特集記事

アーカイブ

  1. 不動産基礎知識

    家を売る全体的流れ~それに伴う必要書類や出費と注意点~
  2. 不動産基礎知識

    競売にかけられた不動産に共有者がいる場合
  3. 債務整理

    借金返済の催促を無視するなら債務整理がお勧め
  4. 任意売却

    連帯債務者に知られずに任意売却をすることはできるか
  5. 債務整理

    そもそも「競売」とは?
PAGE TOP