651d88f37211903ac2996d459df2317e_s

任意売却

不動産売却における委任状取り扱い説明書

不動産の売却を代理で依頼するとした場合、必要になってくるのが委任状なのですが、正しく理解できていますか? この委任状をめぐりトラブルになっている人もいますので、内容をしっかりと代理人と確認していくことが大切です。よって、委任状とはそもそも何であるのか、また注意点についてまとめてみました。

■委任状について

委任状とは、例えば知人や親族に不動産売却を代理で依頼することをいいます。このときに、依頼された側が代理で不動産売却をするのを承諾すると成立し、本人に代わって不動産売却の値引きなどの交渉に応じる事が可能となってきます。つまり、この代理人という力(権威)があることで、本人の意思とは違う売却結果をもたらすこともあるので注意が必要になります。しかし、委任状があっても直ぐに代理の権威がでるわけではないようです。よって、オススメなのは不動産会社を仲介にすれば安心できますので、代理人を呼びお互いの本人確認と意思確認をすることがいいでしょう。

また、委任状の押印は実印で行います。住民票と印鑑証明も必要になりますので用意しておきましょう。

■委任状の必要なときって?

上で記載したように、代理人には不動産売却をする力(権威)がでますので、売却の有無の意思決定を決めることができます。これは所謂、委任状の縛りというものを作ることによって独断をできない様にするという意味合いがあるといえます。よって、委任状を明確にしてどのような方向性で不動産を売却するのかを代理人と確認しておくことが必要なのです

また、代理でできるのは基本的にとても親しい間柄であることが条件のようです。なぜなら、不動産売却の判断する力(権威)を与える行為であるからです。ですから委任状が必要なときというのは、例えば体が不自由な親族のかわりに、遠方の家を代理で売るというようなケースが多いようです。また、業者間であっても親しい間柄というのが通常の条件になるようです。

■不動産会社に相談してみよう

以上のように委任状についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか?なぜ委任状が必要であるのか、注意点も理解できたと思います。

また、多くは親しい友人や親族に代理で不動産売却を頼むものですから、そんな堅苦しいものいらないだろうと思っていた人もいたかもしれません。しかし、親しい中にも礼儀ありとあるように、委任状という礼儀が必要であるといえるのではないでしょうか。どんな些細なトラブルも未然に防ぐというのは大切なことなのです。

また、不動産の売却額に納得がいかずに揉めるということが多くあるようですので、信頼できる不動産会社に査定依頼するというのもいいのではないでしょうか。

このように、不動産売却についてお困りの事がありましたら株式会社アブローズまでお気軽にご相談ください。

ピックアップ記事

  1. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  2. 実は厳しい税金滞納への対応
  3. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  4. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
  5. 不動産売却の時に重要な登記費用について

関連記事

  1. c6fbb38ec2d9ca3a4512ec545431ad8d_s

    任意売却

    任意売却を検討しようと思ったら、まずは電話で相談

    あまり良く分かっていないことや、まだはっきりと決まっていないことなどを…

  2. 4f63dd94234a7661b079290fea568ba7_s

    任意売却

    マイホームブルーの予防策と対応策

    マイホームブルーとは、マリッジブルーとかと同様にマイホームが原因でどこ…

  3. e3ae5a2925a0ff3ccafab2aa2e7969e8_s

    任意売却

    不動産売却すると確定申告が必要ってホント?

    結論からいうと、不動産売却をして利益がでたのならば、売却した年度末に確…

  4. e84d3dd4bf93d46b76ee4452e8ab2332_s

    任意売却

    競売の意味は?関連用語も紹介

    競売って言葉はみなさんご存知だと思います。今回は不動産に関係する競売を…

  5. 6e27f1a3ab6961c75b509e71b1882641_s

    任意売却

    空室率の高い賃貸用不動産の扱いをどのようにするか

    事業ローン等などにより賃貸用不動産を購入したのに、空室率が高いために当…

  6. 30e5e4234cf707ba6dc394e2cabff858_s

    任意売却

    任意売却時に引っ越し費用が不要になることも !

    任意売却は、通常の不動産取引のように費用が発生します。しかし、任意売却…

おすすめ記事

  1. 33cf43a355640b9127b15805d596924c_s
  2. maxeIMGL8761_TP_V
  3. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s
  4. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s
  5. 612

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 77ea7237c8f5f51708e04f4525c49744_m

    不動産基礎知識

    競売における入札保証金と返還について
  2. 2cf9df3135b7248ac7f534761f1ddc36_s

    債務整理

    家賃を滞納した借主が債務整理を行った場合の対応
  3. 66-1

    相続

    相続において納税義務の対象となる財産の範囲
  4. bitcoin-3290060_1280

    債務整理

    競売の物件獲得における代行業者への手数料の相場
  5. d38fa8c13e42f8cee29d9cebbe05c8b2_s

    債務整理

    競売評価人の資格と役割について
PAGE TOP