任意売却

不動産売却における委任状取り扱い説明書

不動産の売却を代理で依頼するとした場合、必要になってくるのが委任状なのですが、正しく理解できていますか? この委任状をめぐりトラブルになっている人もいますので、内容をしっかりと代理人と確認していくことが大切です。よって、委任状とはそもそも何であるのか、また注意点についてまとめてみました。

■委任状について

委任状とは、例えば知人や親族に不動産売却を代理で依頼することをいいます。このときに、依頼された側が代理で不動産売却をするのを承諾すると成立し、本人に代わって不動産売却の値引きなどの交渉に応じる事が可能となってきます。つまり、この代理人という力(権威)があることで、本人の意思とは違う売却結果をもたらすこともあるので注意が必要になります。しかし、委任状があっても直ぐに代理の権威がでるわけではないようです。よって、オススメなのは不動産会社を仲介にすれば安心できますので、代理人を呼びお互いの本人確認と意思確認をすることがいいでしょう。

また、委任状の押印は実印で行います。住民票と印鑑証明も必要になりますので用意しておきましょう。

■委任状の必要なときって?

上で記載したように、代理人には不動産売却をする力(権威)がでますので、売却の有無の意思決定を決めることができます。これは所謂、委任状の縛りというものを作ることによって独断をできない様にするという意味合いがあるといえます。よって、委任状を明確にしてどのような方向性で不動産を売却するのかを代理人と確認しておくことが必要なのです

また、代理でできるのは基本的にとても親しい間柄であることが条件のようです。なぜなら、不動産売却の判断する力(権威)を与える行為であるからです。ですから委任状が必要なときというのは、例えば体が不自由な親族のかわりに、遠方の家を代理で売るというようなケースが多いようです。また、業者間であっても親しい間柄というのが通常の条件になるようです。

■不動産会社に相談してみよう

以上のように委任状についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか?なぜ委任状が必要であるのか、注意点も理解できたと思います。

また、多くは親しい友人や親族に代理で不動産売却を頼むものですから、そんな堅苦しいものいらないだろうと思っていた人もいたかもしれません。しかし、親しい中にも礼儀ありとあるように、委任状という礼儀が必要であるといえるのではないでしょうか。どんな些細なトラブルも未然に防ぐというのは大切なことなのです。

また、不動産の売却額に納得がいかずに揉めるということが多くあるようですので、信頼できる不動産会社に査定依頼するというのもいいのではないでしょうか。

このように、不動産売却についてお困りの事がありましたら株式会社アブローズまでお気軽にご相談ください。

ピックアップ記事

  1. 競売における売却基準価額とは何か
  2. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
  3. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  4. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  5. 不動産の売却に年齢制限はある?

関連記事

  1. 任意売却

    住宅ローンの返済中であっても引越しはできるのか?また、引越し費用は?

    住宅ローンの返済期間中に転勤などの理由によって引越しせざるを得ない状況…

  2. 任意売却

    代位弁済後の任意売却決断は早めに!

    住宅ローンの利用は金融機関とお金の貸し借りをするために金銭消費貸借契約…

  3. 任意売却

    競売における売却基準価格とはどのようなものか

    裁判所で行われる不動産の競売は、期間入札という方式で行われるのが通常で…

  4. 任意売却

    競売にかけられた時、借主は、どのくらいの申立て費用を請求されるのか?

    競売にかけられた時に、借主は住宅ローンのほかに請求される費用があること…

  5. 任意売却

    競売の意味は?関連用語も紹介

    競売って言葉はみなさんご存知だと思います。今回は不動産に関係する競売を…

  6. 任意売却

    任意売却したい!その方法とは?

    任意売却したいと思うときは、どの様な状況でしょう。それは月々の住宅のロ…

おすすめ記事

おすすめ記事2

特集記事

アーカイブ

  1. 任意売却

    相続放棄による競売
  2. 不動産基礎知識

    住宅をDIYでリフォームするときのローンの活用法
  3. 任意売却

    任意売却するなら離婚前?離婚後?
  4. 離婚と不動産

    離婚時、オーバーローンの家についての財産分与
  5. 相続

    子供なし夫婦の相続の注意点
PAGE TOP