不動産基礎知識

入籍前に住宅ローンは組める? ~ペアローンとは~

婚約しているカップルが入籍と同時に新居に住みたい場合、手続き的には入籍前の住宅ローンが組めるかどうかが問題になります。結論から言うとペアローンという金融商品では、それが可能な場合があります。しかし注意しなければならない点などがありますので、今回はペアローンについて説明していきたいと思います。

ペアローンとは

ペアローンでは一つの物件に対し、夫婦や親子などのペアがそれぞれにローンを組み、お互いの連帯保証人になるという金融商品です。つまりそれぞれ個別の債務を負うということ、二本立てのローンだということです。

メリットとしては婚約者とローンを組むことは可能な場合があり、団体生命保険への加入や住宅ローン控除などもそれぞれ受けることができます。また、単独でローンを組むよりも多く、融資を受けることができます。

デメリットとしてはローンが2本になるので事務手数料も2倍になるということ、一つの不動産に対し結婚前のカップルがそれぞれローンを組むこと、またお互いに連帯保証人になることのリスクなどが挙げられます。そして、債務の額が大きくなるので返済できなくなるリスクが大きくなるということです。

ペアローンの注意点

婚約者とペアローンを組むことは可能ですが、ローン契約時には入籍していることが条件という金融機関が多いのが実情です。

また、ペアローンではどちらかが死亡した場合、もう片方の分は支払い続けなければなりません。これが収入合算などの1本契約の場合だと主債務者が夫であった場合、夫死亡時には残債が完済されます。

入籍前にローンを組みたい気持ちは十分理解できますが、実際に結婚し、生活の基盤ができてから連帯債務型や連帯保証型ローンなどの1本のローンを組むことが一般的であり、メリット・デメリットを見ても、やはり、それがリスクの少ないローンの組み方だと言えるでしょう。

計画的でないローンを組むと、最悪は払えなくなり競売へといったことへ発展してしまいます。十分にその先のこと考えて無理のないようにしていくことが望ましいです。

収入合算との比較

ここではペアローンと収入合算を比較していきたいと思います。

【ペアローン】
・主債務者 :夫、妻(2本のローン)
・連帯保証人:妻、夫
・団体信用生命加入:夫、妻
・住宅ローン控除 :夫、妻

【収入合算】
・主債務者 :夫
・連帯保証人:妻
・団体信用生命加入:夫
・住宅ローン控除 :夫

ペアローンは2本のローンを組むため、多くの融資を受けることができますが、その分返済額も大きくなり多くのリスクを含んできます。

まとめ

入籍前のカップルにとって新居はとても重要になると思いますが、慎重になることも大切です。住宅の購入はとても大きな買い物でライフプランにも関わってきます。今後の人生を左右するほどの買い物ですので、やはり専門の業者などに相談することをお勧めします。

競売に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 後妻の子の相続における取り扱い
  2. 督促状の納期限とペナルティについて
  3. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  4. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  5. 不動産の売却に年齢制限はある?

関連記事

  1. 不動産基礎知識

    転職が与える住宅ローンへの影響

    企業の業績によってリストラや給与の減額などが行われる様になり、転職も盛…

  2. 不動産基礎知識

    共働き夫婦の住宅ローン

    現代では、結婚しても夫婦で共働きをすることが、一般的になっており、全世…

  3. 不動産基礎知識

    住宅ローンの返済額についての考え方

    住宅ローンについて重大な要素を3つ挙げるとしたら、借入額、返済期間、返…

  4. 不動産基礎知識

    住宅ローン返済中に単身赴任になったら住宅ローン控除はどうなる?

    夢のマイホーム。返済に励んで仕事に邁進していたら、突然会社から辞令が出…

  5. 不動産基礎知識

    抵当権に基づく競売申立ては実は簡単

    マイホームを建てるために住宅ローンを借り入れると、通常は土地と建物の登…

  6. 不動産基礎知識

    競売における未登記建物の取扱い

    住宅ローンを利用する場合に金融機関は土地と土地上の建物に抵当権を設定し…

おすすめ記事

おすすめ記事2

特集記事

アーカイブ

  1. 不動産基礎知識

    競売で売却された物件の敷金等一時金の取扱いについて
  2. 任意売却

    任意売却の成功事例
  3. 相続

    相続の裁判における要件事実とは何か
  4. 賃貸オーナー様

    賃貸経営を始めるための予算の考え方
  5. 不動産基礎知識

    差し押さえ物件とはどのような物件なのか
PAGE TOP