090a34171e2576195ef03bfa409c078a_s

任意売却

不動産売却の時に重要な登記費用について

持ち家またはマンションを売却したいけど、どんな登記費用がかかるかよく分からないという方もいると思います。この登記費用には特に重要なものが5つあるのですが、これらそれぞれの特徴を把握しておかなければスムーズに取引が進まないことが考えられます。よって「どのくらい登記費用がかかるのか」「どのような特徴があるのか」についてまとめてみました。

■そもそも登記ってなに?

そもそも登記とは、義務や権利を保証するための手続きになります。また、登記費用はいろいろな種類があり、その中でも重要だと思われる5つについては下記になります。

【保存登記】
所有権の登記がなされていない不動産に必要な登記になります。これがまだなされていないと、抵当権設定登記や移転登記の手続きができずに不動産売却をおこなうことができないものになります。この登記費用は不動産の価格を基準にして価格が設定されるのですが、その基準となる額は売却する代金ではなく固定資産台帳に登録されている価格となっているので注意が必要です。

【所有権移転登記】
競売・任意売却で売り出された物件を買い受けしたときや中古の不動産を購入したときに申請する登記になります。
上記の保存登記と同じように、不動産の価格を基準に登記の費用が決められます。

【建物表題登記】
これは主に買い主がおこなう登記なのですが、買い手に不備があった場合には巻き込まれる可能性がある重要なものになります。よって、把握しておいた方がいいでしょう。

【抵当権設定登記】
不動産を担保にして借り入れをするときにする登記で、物件の購入のときに住宅ローンを組む場合に必要になります。
こちらの登記費用は、ローン借入額を基準にして細かく計算されることになります。

【抵当権抹消登記】
抵当権が設定されている中古の不動産を売却するときに必要な登記で、不動産1つにつき費用は一律1000円となっています。また、マイホームの場合は一件につき2000円となります。

これらの登記の費用をしっかりと支払い行っていかなければ、不動産を売却してからトラブルになる可能性があります。また、登記費用というのは具体的な手続きや支払日というのが決められているというわけではないので、この登記の必要性というのは売り手側がキチンと把握しておくことがいいでしょう。

■全ての登記費用の合計は?

不動産売却のときには登記費用だけではなく印紙税や仲介手数料などもかかるため、高額な場合は100万円近くのお金がかかる場合があります。また、古い建物や立地が悪い場所を売却しなければならないときには、マイナスになる可能性があります。

このように、不動産を売却してマイナスになると、それに応じて多くの費用を値下げられるようになっているようですが、金額が固定されて決まっているものもありますので注意をした方がいいでしょう。

■登記費用のために計画を立てよう

いかがでしたでしょうか?不動産を売却するときにはこのように、手続きをしておくべき登記があるのです。また、大まかにですが登記費用の額についても合わせて把握できたのではないでしょうか。このように、不動産売却に必要な登記費用のことを理解しておくことでスムーズに取引をすることができるでしょう。

また、上記のように不動産を売却して利益を得るはずが、逆にマイナスになってしまうというケースもやっぱりあります。ですが、この登記費用というのは公的に認められた契約や手続きであるという証明のためでもありますので、しっかりと計画を立てて支払うということがトラブル防止に繋がることでしょう。

不動産売却のご相談は、株式会社アプローズまでお気軽にお問合せください。

ピックアップ記事

  1. 競売における売却基準価額とは何か
  2. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  3. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  4. 後妻の子の相続における取り扱い
  5. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!

関連記事

  1. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s

    任意売却

    任意売却物件の問題点とは?

    任意売却を検討する際に、どのような事が問題点として挙げられるかをきちん…

  2. 07156f9040afb7d9dc043a83eda41412_s

    任意売却

    不動産の売却に係る領収書と収入印紙

    不動産など高額な金銭の授受を行う場合には、契約書や領収書に収入印紙を貼…

  3. 0658de3ac9032f5f266c427b11b98750_s

    任意売却

    任意売却によって通常の不動産価格で売却できる可能性

    住宅ローンを返済できなくなると、金融機関は対策として、一括返済を迫りま…

  4. 639aa7f599057d57da605899a646ebef_s

    任意売却

    任意売却して後も賃貸住宅として住める方法とは?!

    住宅ローンの返済が滞ってしまった場合、その不動産は金融機関や保証会社、…

  5. tuchimoto07100I9A6603_TP_V

    任意売却

    住宅ローンが払えないときの「任意売却」 ~新しいスタートをきるためのメリット~

    夢にまでみたマイホーム。住んでみたのはいいけれど、不況やリストラ、病気…

  6. 1795417_m

    任意売却

    不動産競売を取下げる方法とは

    競売の申し立てをした後、競売を取り下げるにはどのようにすれば良いのでし…

おすすめ記事

  1. 1012318_s
  2. 5100918_s (1)
  3. 2077370_s
  4. 820aaef8afd8fc766c9d7bcb9bb4dec2_s
  5. 4680320_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. ff15cd4fa7872b26e6aa6ad26a6d84ab_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_s

    債務整理

    競売の供託金は何を示しているのか?
  2. aad2e3279cb37e9086004a54f1059e1a_s

    不動産基礎知識

    競売で売却された物件の敷金等一時金の取扱いについて
  3. SEP_327215200714_TP_V

    不動産基礎知識

    不動産競売に参加する際の注意?  売買契約書に瑕疵の保証がない
  4. 8a0d5a2e77bdc673df0e68ce3f4f0c4d_m

    不動産基礎知識

    住宅ローンに対する不安と心構え
  5. 64

    相続

    相続の一部放棄はできないってホント⁉
PAGE TOP