D0011_udemaku20140830150104_TP_V

任意売却

競売の落札価格が安いと、結局債務者が損をする

住宅ローンなどの返済が苦しくなっても、マイホームを手放すことにならないように所有者は何とかして返済を続けようとします。
しかし、色々と手を尽くしたにも関わらず、返済が継続できずに滞納を続けてしまうと、やがて競売の申立を受けてマイホームは強制的に売却されてしまいます。

LP_banner_02

■債務者が勘違いしていること
最近はインターネットなどで情報収集が容易になってきていることから、競売についても簡単に多くの情報が手に入るようになってきました。しかし、そのような状況のなかでも、調べる手段をもっていなかったり、当初から勘違いをしていたりで間違った知識をお持ちの方も少なからず見受けられることがあります。
競売において、競売でマイホームが売却されてしまえば、住宅ローンの債務は消滅すると誤解されている方が少なからず見受けられます。このような誤解をされている方は、落札金額が安い金額であろうが、高い金額であろうが関係ないと思っているようですが、安い金額で落札されてしまうと債務者にとっては大きな損が発生します。

■落札価格が安いと損
まず、マイホームが競売になったからといって債務者の借金が消滅するということにはなりません。これは返済を続けてきた債務者が、これ以上返済を続けることができず、やむなく最後の手段としてマイホームを売却することとなり、他に返済の充てはないと考えているためだと思わます。
しかし、競売は自己破産などとは異なりますので、競売になったら自動的に借金が消滅する訳ではありません。競売による落札金額から競売を行うための手数料などを控除し、残ったお金を借金の返済に回します。
したがって安い金額で落札されてしまうと借金の返済に回すお金が少なくなることになります。それでも返済に回ったお金が借金よりも大きければ、返済が完了することになるため借金は消滅しますが、マイホームなどの競売では、落札価格が安いために借金の残債が発生するのが通常です。この発生した残債について債務者は返済の義務を負うことになります。
このため落札金額が安いと、安い分残債が多くなることとなり債務者にとっては損だということになります。

■残債を出来る限り少なくしたいなら
競売でマイホームを失い、安い落札価格で多額の残債について一括返済を請求されるという状況を回避する方法として任意売却という方法があります。任意売却であれば、競売のように安い金額でマイホームが売却されてしまう状況を回避することも可能です。
この任意売却ですが、早ければ早いほうが有利ですので、返済が困難になってきたら金融機関に相談をしましょう。また、任意売却は不動産業者の仲介が必要となります。任意売却ならではの交渉事項も多いので、任意売却を得意とする業者にも相談をされることをお勧めします。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  2. 実は厳しい税金滞納への対応
  3. 後妻の子の相続における取り扱い
  4. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  5. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!

関連記事

  1. 02b657b93f078fde21ad2134f8ed6cf6_s

    任意売却

    連帯債務者に知られずに任意売却をすることはできるか

    住宅ローンなどの返済が出来ずに滞納をしてしまうと、やがて競売の手続きが…

  2. 190199195dbace179a6ff80c18d0a216_s

    任意売却

    競売物件の購入のための銀行ローンとは

    銀行のローンは、よく住宅の購入などのために利用されますが、競売物件の購…

  3. 1d1f73c08dfb931fc4286886e2a09407_s

    任意売却

    不動産を売却したら確定申告をしましょう

    不動産を売却した際に「売却益が出た」場合には、確定申告をする必要があり…

  4. d38fa8c13e42f8cee29d9cebbe05c8b2_s

    任意売却

    【不動産】の売却の手続きに必要な書類

    【不動産】の売却の流れは、何度か紹介しておりますので、不動産を売る為の…

  5. 07ef3672dffcbcc5378b19c6a6a5202f_s

    任意売却

    不動産競売の配当トラブルは配当表について知れば回避できる!!

    複数の債権者がいる競売物件が落札されると、どうやって金銭を分割していく…

  6. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s

    任意売却

    知らなきゃ損!競売で売却する際の、特別な控除制度!

    競売後利益がでた場合、それに譲渡所得を加えることになります。そして、そ…

おすすめ記事

  1. 102b72e5d5e3dff4fa89fd7c794b97c5_s
  2. YOTAKAPAKU6526_TP_V
  3. maxeIMGL8761_TP_V
  4. c5397c02d905e430d82edc09e1c2e0fc_s
  5. YUSEI_9V9A5290_TP_V

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. e55602aa021c0b13aa0bc61548775a16_s

    任意売却

    共有持分の任意売却について
  2. YO150301260I9A0866_TP_V

    債務整理

    債務整理で問題となる偏頗弁済とは何か?
  3. 425336ab550c91657ebac53dc7a64c00_s

    不動産基礎知識

    不動産競売申立に必要な費用と取り扱い
  4. TSURU070701_TP_V

    任意売却

    競売のタイムスケジュール
  5. 4121541b90b39140f090f76a41e23493_s

    債務整理

    競売の配当金優先は税務署!?
PAGE TOP