4457622_s

離婚と不動産

離婚する時に家を出るタイミングについて

離婚が決まって夫婦どちらも住まない場合は、購入した家を売却する必要があります。夫婦の共有財産である、家の売却の際に気を付けるべきこととは何でしょうか。今回は離婚する時に家を出るタイミングはいつなのか、ということと合わせて説明していきます。

家を売却したほうが良い状況について

離婚することになり、夫婦どちらも購入した家に住み続けることを望んでいない場合には、売却を検討すべきです。婚姻期間中に購入した家は、夫婦の共有財産となるので、賃貸として活用すると、家の維持や管理によるトラブルになってしまう恐れもあるためです。また、住宅ローン主債務者の返済が困難になった場合、元配偶者にも影響を及ぼす恐れがあります。

家を出るタイミングについて

家を出るタイミングは、家を売却し財産分与が終了した後が適切です。なぜなら、家を出た後には、お互いにぎくしゃくしてしまい、売却も財産分与もスムーズに行うことが困難な場合がほとんどだからです。

また、災害や病気で住宅ローンの返済が出来なくなると、競売にかけられてしまうという可能性もあります。こうしたリスクを考慮して、後のトラブルにならない様に、全て解決した後に離婚を成立すると良いでしょう。

家を売却する前に行うべきことについて

家を売却することになったら、まず査定額および住宅ローンの残額がいくらあるのか確認しましょう。売却で得た利益で住宅ローンが返済出来ない場合は、通常の売却は不利となるため、自己負担あるいは任意売却を選択することになります。少しでも不安なことがある場合には、弁護士などの専門家に問い合わせすると良いでしょう。

通常の売却について

家の購入価格よりも住宅ローンの残額が少ない場合は、通常の売却を行うことが出来ます。この状態のことを「アンダーローン」と言い、売却で得た利益から住宅ローンの返済額と売却の諸費用を差し引いて手元に残った額が財産分与で分配されることになります。

任意売却とは

一方、家の購入価格を住宅ローンの残額が上回っている場合には、自己資金で支払うことが難しければ、金融機関に協力して頂き行う任意売却という方法があります。この状態を「オーバーローン」と言い、購入者が見つかれば住宅ローンを返済することが出来ます。競売は市場価格よりも低く取引されるので、競売にかけられてしまう前に、任意売却を検討すると良いでしょう。

売却を行う際に大切なことについて

売却を行うには、仲介する不動産会社と金融機関の協力が必要です。なるべく希望通りに売却を進めたい場合は、快くサポートしてくださる担当者を見つけることも大切です。もし担当者と合わないのであれば、相談して変更していただくことで、スムーズに手続きなどが行える様になる場合もあります。

売却と財産分与以外に決めておくべきことについて

売却を行いながら夫婦で決めておくべきことは、いくつか有ります。例えば、慰謝料についてです。そして、子どもがいる場合は、養育費や親権についても話し合う必要があります。これらの離婚協議が済んでいれば、売却終了後すぐに家を出ることが出来ます。それから、売却期間から新居も探しておきましょう。

まとめ

離婚が成立する前に家の問題を解決させることで、トラブルに繋がることなく、お互いに新たな生活をスタートすることが出来ます。そのため家を出るタイミングは、売却や財産分与終了後がベストだと言えます。

競売に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  2. 実は厳しい税金滞納への対応
  3. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  4. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  5. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること

関連記事

  1. 4515227_s

    離婚と不動産

    離婚に伴い持ち家の名義変更を行った場合などで発生する税金

    離婚時に協議すべき事項の1つ・財産分与。持ち家など不動産物件を所有する…

  2. 1067339_s

    離婚と不動産

    離婚が決まったら競売を避けるために何をするべきか

    結婚する際に家を購入したのに、様々な原因が重なり離婚するというケースが…

  3. 4552170_s

    離婚と不動産

    家を建築中に離婚することになった時の対処法について

    家を建築する際に夫婦間で理想像が違うと、最悪な場合もめごとが原因で離婚…

  4. 4515227_s

    離婚と不動産

    離婚で受け取る和解金について知ろう!

    離婚は通常、違法行為をした事を認めて支払う慰謝料と、もうひとつ違法行為…

  5. 4457622_s

    離婚と不動産

    離婚、その後の住宅における処遇について

    離婚した場合、住宅の処遇はどうすべきかを考えなければならず、その後の生…

  6. 2177204_s

    離婚と不動産

    離婚と税金の関係性と注意点

    夫婦が別々の道を進む事を選択する、即ち”離婚”という事態になった場合、…

おすすめ記事

  1. 1012318_s
  2. OZP68_namennayo_TP_V
  3. tsuchimoto0I9A6505_TP_V
  4. 4420619_s
  5. 4329082_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. ff15cd4fa7872b26e6aa6ad26a6d84ab_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. wakigaIMGL6857_TP_V

    債務整理

    競売を停止することはできるのか?
  2. e84d3dd4bf93d46b76ee4452e8ab2332_s

    任意売却

    競売の意味は?関連用語も紹介
  3. PAK85_ra-mensusurugaikokujin20140531_TP_V

    債務整理

    競売物件の落札後について
  4. 4457622_s

    離婚と不動産

    離婚、その後の住宅における処遇について
  5. 8ec23d519757eb7c1e0897ecb2577f46_s

    不動産基礎知識

    競売物件の引っ越し費用は誰が払うのか?
PAGE TOP