8c69d902179a73aead3863bb7256bfde_s

いろいろ

投資は自己責任で行うということの意味

不動産投資に限らず投資は自己責任で行うことが求められています。自己責任の原則とも呼ばれ、投資に関するリスクを正しく把握し、自分自身で判断し、投資によって発生した事象を自分自身の責任において受け入れることです。この自己責任について考えてみたいと思います。

■投資のリスク

投資にはリスクがあります。リスクというと危険なイメージが先行してしまいますが、投資の世界ではこのリスクがあるから投資に対する利益であるリターンを期待できるのです。ハイリスクハイリターンという言葉があるように、リスクの高さはリターンにも影響するのが一般的です。よってリスクを正しく把握することが投資では一番大切な事だと言えます。

投資である以上、投資した金額が毀損してしまうこと、いわゆる元本割れの状態になることがあります。自己責任で投資を行うからには、元本割れも自己責任で受け入れなければいけません。他の人が儲かると勧めたからといっても、その人が損失を補償してくれる事はないのです。これは不動産投資でも同様です。不動産会社が良い物件だからと勧めてきたとしても、実際に投資を行うかどうかは投資家の自己判断なのです。自己責任で結果を受け止めるためには、投資前にリスクの把握を十分に行うことが肝要です。

■自己責任を負える範囲での投資

不動産投資における最大のリスクを考えると、投資金額の大きさではないでしょうか。株式や投資信託は投資する銘柄を選べば投資金額のコントロールはできますが、不動産となるとマンションなどを購入することで金額が大きくなってしまいます。

不動産投資ローンを利用することで投資する自己資金は少額となるかもしれませんが、ローンの返済を行わなければいけない以上、物件価格相応のリスクを負うことになります。自己資金だけでなく借入れも自己責任ですから、このことを十分に考えた上で自己責任による不動産投資を行う必要があります。余剰資金の範囲での投資が自己責任のためには必須だと言われますが、不動産投資の場合にはあまりに粗悪な物件を購入してしまうと、自己資金を失うだけでなく負債も抱えることになります。このような失敗は避けなければなりません。

■自己責任で投資を

不動産投資は動くお金が大金であることを忘れてはいけません。それを忘れて過剰な借入れをしてしまったり、物件に見合わない金額で投資物件を購入してしまったりしては自己責任では片付けられない状況になってしまいます。

不動産投資は、ブームになっているからといって安易に行うものではありません。自己責任を受け入れられるように、資金計画、物件の選別を入念に行う必要があります。自分自身で知識を身に付け、自分自身で判断が行える様になってから自己責任で投資を行いましょう。

ピックアップ記事

  1. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  2. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  3. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  4. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  5. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?

関連記事

  1. 72a91fa2706044d99494c231d0679ec2_s

    いろいろ

    準確定申告の申告・納税期限には要注意!

    土地や家屋などを所有した方(被相続人)が亡くなった場合、残された家族(…

  2. 0ea25d7c2d7dba7767481d8558abafe7_s

    いろいろ

    マイホーム購入後のトラブルにどう対応するか

    夢のマイホームですが、住宅ローン、庭や設備の手入れなど購入後も何かと大…

  3. 3e2b95699e096db9ad227476def5f3a7_s

    いろいろ

    住宅ローンのボーナス併用払いで辛くなってしまったら

    毎年、ボーナス時期になると「ボーナス払いが払えずに住宅ローンを滞納する…

  4. 468597c9538d3dc1794e275058a8e71a_m

    いろいろ

    競売による交付要求の手続きとは

    競売物件が順当に行われて売却になりました。売却された代金は、債権者によ…

  5. 31da9e3caff6404497f53a6b0cce66a8_s

    いろいろ

    憧れのマイホーム。住宅ローンと税金と

    マイホームは多くの人が、一生に一度は手に入れたいと思うものです。しかし…

  6. 0f9a8de72eaf6d98a57bd87edd091eac_s

    いろいろ

    不動産競売の手続における強制執行にかかる費用

    物件を強制執行といったケースで不動産競売にかけられるとき、手続きに費用…

おすすめ記事

  1. 79857a1193685112791775c6883a8761_s
  2. 07ef3672dffcbcc5378b19c6a6a5202f_s
  3. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s
  4. pregnant-1597889_640
  5. fbb4380eb4ed355578987c577d274f3e_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. tsuchimoto0I9A6505_TP_V

    任意売却

    任意売却をするには同意書が必要!?~不動産売却や抵当権抹消に関する同意書について…
  2. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s

    債務整理

    競売の申立て、どんな種類があるの?
  3. 24b0ab1cd828406414309ddcc83047ad_s

    任意売却

    不動産の売却等に際して発生する登録免許税とは
  4. 20bfc2ce859a4a951cfd5f4de95f5e3c_s

    任意売却

    不動産売却における競売物件とは!?
  5. 1ca9a59974db96e68e5cb129bdb6b8dc_s

    不動産基礎知識

    督促状と催告状の違いをご存じでしょうか
PAGE TOP