48c1705d6817021cc8f4f0d9050c7c28_s

債務整理

不動産競売|落札後に取り残された家具

一般の物件より安く買えるといわれる競売物件。しかし、なぜ競売に出されたかという諸事情まではわかりえません。そのような競売物件と通常の物件購入とは違う、競売特有の「リスク」が潜んでいることも多々あります。その中でも「残された動産(家具など)」には注意が必要です。

家具などの動産類が残されているケース

不動産を競売にかけられる人の中には、家具などの家財道具を残したまま失踪するというケースもあります。その場合、困るのは残された家具などの扱いです。

競売では、競売にかけられている物件(不動産)自体の権利は買受人に移動しますが、動産(家具)などの権利は移動しません。

また、居住者が死亡していたケースになると、家具などは遺品として扱われ、相続人へと権利が移動します。もし、相続人が相続を放棄したとしても、管財人の管理物として扱われるので、改めて遺産相続人や管財人に所有権放棄と処分の代行に関して了承をもらい、一筆をかいてもらわなければ、簡単に強制執行することもできません。

ゴミ屋敷を落札したケース

前述した通り、競売で落札したのは不動産部分なので、たとえ落札した物件が家財道具やゴミなどの残置物で溢れかえったゴミ屋敷で、前の所有者が撤去をしてくれなければ、落札した人が勝手に処分することはできません。

たとえ債務者と連絡がとれたとしても、債務者に家具などの運搬費やゴミの撤去費用などの支払い能力がなければ、清掃費用を一時的に負担する必要が生じることもあります。

また、清掃費用だけではなくカビやシロアリがあった場合、その瑕疵担保責任は買受人側にあります。そうなると、除去費用だけでなくリフォーム代も発生することを認識しておいた方が良いでしょう。

残置物を撤去する手段は

居住者と連絡がつかないような「強制競売」などにおいても、万が一にも処分して前の所有者にそのことについて裁判で訴えられた場合には、買受人が不利になることになります。

そのようなことから、先ずは前の所有者を探しお願いする必要があり、具体的な方法としては、相手方に内容証明郵便物や配達証明つき郵便を送ること。残置物の引取依頼か不要物であれば、適当な金額を提示して買い取ることを提案すると良いでしょう。

もし、話し合いに応じない、相手側の協力が得られない、見つからない等の場合は、栽培所に強制執行の申立てを行います。

強制執行では裁判所は執行官が残置物について引渡すよう命令が下されますので、法的に残置物の引渡しを受けた上で移動するなり処分を行うことができるようになるのです。

しかし、そのような場合でも処分費用は買受人の負担となるので出費を伴うことも理解した上で行いましょう。

まとめ

落札をすることで競売物件の所有権は移動することになりますが、家具などの動産類に手をつけることは難しく、先ずは話し合い、その次に買い取り交渉、それでもダメなら法的な手続きへと移行することになります。競売物件にはそのようなリスクが潜んでいるということも忘れてはいけません。

不動産のことに関して何か疑問や困りごとがありましたら、お気軽に「アブローズ」までご相談ください。

ピックアップ記事

  1. 実は厳しい税金滞納への対応
  2. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  3. 後妻の子の相続における取り扱い
  4. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  5. 競売における売却基準価額とは何か

関連記事

  1. YOTAKAPAKU6526_TP_V

    債務整理

    不動産競売が初めての方必見!! 入札を代理してもらう方法

    不動産競売に個人で参加するにはリスクのあることです。以前の持ち主に立ち…

  2. f3a3f3e8bbf7be2f1d4d5cba54d2e348_s

    債務整理

    競売物件とはなんですか?

    競売と聞いて、オークションのようなイメージを持っている方も、いるのでは…

  3. 215d3c1970b61db88f9c747b1219cc9a_s

    債務整理

    わかりやすく理解する「競売の流れ」とは

    競売のことを説明してみてといわれても、中々、口では説明しづらいですよね…

  4. yotaka0721IMGL5456_TP_V

    債務整理

    競売における特別代理人の役割とは

    競売する不動産の所有者が死亡した場合には、その所有権や負債も、相続対象…

  5. 4121541b90b39140f090f76a41e23493_s

    債務整理

    競売における手数料の相場

    マイホームを建てたのはいいのですが、会社のリストラなどといった様々な要…

  6. 56f5a148a5a12416b75455169a6f6e48_s

    債務整理

    相続財産から債務を控除して相続税を安くしよう!

    相続税は一定の金額を超える場合に亡くなった方の遺産(相続財産)を相続で…

おすすめ記事

  1. 66 (5)
  2. 639aa7f599057d57da605899a646ebef_s
  3. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  4. 612
  5. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. TSU863_jitakunituita_TP_V4

    債務整理

    債務を相続する場合の遺産分割協議書
  2. 64

    任意売却

    在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  3. YUSEI_9V9A5290_TP_V

    任意売却

    【任意売却】連帯債務者と連帯保証人の違い
  4. 090a34171e2576195ef03bfa409c078a_s

    任意売却

    競売における占有者の立場
  5. 8d708a415758dabe8c816d6acb4f7956_s

    債務整理

    競売における期間入札の時期を延期する方法
PAGE TOP