65 (4)

債務整理

競売落札後の流れとは

競売は不動産物件落札をしたことで完了というわけではなく、そこから競売落札後の作業が始まります。今回は、その競売落札後の手続きを詳しく調べてみましょう。

競売の落札後の手続きについて

落札後にすることは裁判所から届く書類への手続き対応となります。書類への手続きに対して、支払いなどの手続きが多くあり、大変な作業になってしまいます。

競売の落札後、まず裁判所からその後の手続きに必要とされる書類が、郵送されるのを待ちましょう。勝手に進めても、どのような条件を満たし手続きを終えとけばいいのか分からないので、逆にミスを犯してしまう可能性があります。

裁判所から郵送された書類を確認した後に作業を進めることをおすすめします。郵送された書類には、落札額から予め預けていた保証額を引いた残額を支払うための案内の書類が入っています。その書類に従い、管轄の地方裁判所の支部へ出向き、残額の支払い手続きを行います。

ここで注意する点として、残額支払い及び裁判所での手続きの期限に気を付け、注意することが第一です。期限に関しては、売却決定期日からおおよそ1ヶ月とされており、期限は裁判所から郵送される案内に記載されます。そして、郵送されてくる書類の中には残額の振込み用紙が入っているので、こちらを使用し予め残金を振込んでおくこともよいでしょう。

ここで残額を振込み手続きし終えても、落札後手続きは終わりではないので、そこには注意する必要があります。様々なものを準備し、裁判所へ出向きます。
①銀行の領収印のある振込用紙の控え
②郵送されてきた通知書
③住民票(個人で入札)か履歴事項全部証明書(法人で入札)
④固定資産税評価証明書
⑤落札した物件全ての登記薄謄本
⑥書類など
⑦書類で指示があった金額の登録免許税、郵便切手など

を所持する必要があります。手続き先に関しては執行官室で聞けば、どこの課へ行き手続きを行うのか教えてもらえますが、実際の手続きの際は不動産執行係でとり行われます。

④固定資産税評価証明書の情報とは、物件の建つ市町村役場の建築科などで取得することができるため予め取得をしておきましょう。しかし、取得には裁判所から郵送されてきた売却決定の通知書が必ず必要とされ、固定資産税評価証明書は見ず知らずの方には発行してくれません。発行手数料は自治体により違いますが200円程度となっています。

また、落札された全ての⑤登記簿謄本も必要ですので、予め法務局で取得しておきましょう。今はどこの法務局でも物件の謄本は手に入れることはできます。物件所有地を管轄するする本局まで出向かわなくても、自宅からより近い法務局の出張所で入手でき、謄本については必要書類などがなくても誰でも入手可能です。発行手数料は約600円です。競売物件は必ず全ての物件の謄本を取得する必要があります。その理由として複数の土地と建物など、物件番号の数だけの不動産で構成されているためです。

あとは登記に必要とされる⑦登記免許税と郵便切手です。郵便切手は不動産の所有権移転の登記完了の書類(登記職別情報通知など)が送られてくる際の送料として使われ、競売に伴う所有権移転登記は裁判所が行ってくれるので、通常の不動産取引のように司法書士は必要ないのですが、郵送費はさすがに落札者負担ということになります。

最後に、登録免許税の大半の金額は郵送されてくる書類に記載されていますが、物件の評価額により変わる可能性もあり、一度裁判所に固定資産税評価証明書を見せ計算してもらってから納めることになります。

まとめ

このように競売は落札までが忙しいのではなく、落札後も忙しい手続きをしていくことが分かると思います。そのため、落札後の対策もしっかりと準備していた方がいいと思われます。

不動産のことに関して何か疑問や困りごとがありましたら、お気軽に「アブローズ」までご相談ください。

ピックアップ記事

  1. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  2. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  3. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  4. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  5. 督促状の納期限とペナルティについて

関連記事

  1. 19d8489906a37f86eade48bf3900b18b_s

    債務整理

    競売の物件目録はなぜ必要なのか

    一般的に、不動産の売却をする場合には現地へ行って、物件の状況や情報を得…

  2. 07ef3672dffcbcc5378b19c6a6a5202f_s

    債務整理

    競売までの立ち退き対策!

    債務者は、財産を処分して売却代金から債権回収の為に裁判所が行う手続きに…

  3. 820aaef8afd8fc766c9d7bcb9bb4dec2_s

    債務整理

    競売物件の代金を納付しよう!

    もしもあなたが、競売物件を初めて落札したとしたら、その代金はどの様に支…

  4. 65 (6)

    債務整理

    競売における売却基準価格とは何か

    競売における売却価格を売却基準価格といいます。これは裁判所が決めるので…

  5. TS0529016_TP_V

    債務整理

    任意売却する場合の委任状の注意点について

    任意売却は競売など避ける為に有効な行為ですが、具体的に任意売却を行う場…

  6. G001_back0520140830122923_TP_V4

    債務整理

    債務が消滅してしまう時効とはどのようなものか

    時効という言葉を耳にされたことは多いのではないかと思います。一般的に知…

おすすめ記事

  1. maxeIMGL8761_TP_V
  2. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s
  3. TS0529016_TP_V
  4. 785ba0893bad370e732102282bce977b_s
  5. YOTAKAPAKU6526_TP_V

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. ELF85_door15180055_TP_V

    債務整理

    督促状の納期限とペナルティについて
  2. kyoumiaruelafDSC08098_TP_V

    賃貸オーナー様

    大家さん自身の賃貸管理。資格がないとダメ?
  3. TSURU070701_TP_V

    債務整理

    競売物件において固定資産税の支払い義務はどちらが負担?
  4. 07ef3672dffcbcc5378b19c6a6a5202f_s

    任意売却

    不動産競売の配当トラブルは配当表について知れば回避できる!!
  5. c28e35929a2c3d1ac9e2022295026282_s

    不動産基礎知識

    不動産の競売における担保権に抵当権が多い理由
PAGE TOP