65 (4)

債務整理

競売落札後の流れとは

競売は不動産物件落札をしたことで完了というわけではなく、そこから競売落札後の作業が始まります。今回は、その競売落札後の手続きを詳しく調べてみましょう。

競売の落札後の手続きについて

落札後にすることは裁判所から届く書類への手続き対応となります。書類への手続きに対して、支払いなどの手続きが多くあり、大変な作業になってしまいます。

競売の落札後、まず裁判所からその後の手続きに必要とされる書類が、郵送されるのを待ちましょう。勝手に進めても、どのような条件を満たし手続きを終えとけばいいのか分からないので、逆にミスを犯してしまう可能性があります。

裁判所から郵送された書類を確認した後に作業を進めることをおすすめします。郵送された書類には、落札額から予め預けていた保証額を引いた残額を支払うための案内の書類が入っています。その書類に従い、管轄の地方裁判所の支部へ出向き、残額の支払い手続きを行います。

ここで注意する点として、残額支払い及び裁判所での手続きの期限に気を付け、注意することが第一です。期限に関しては、売却決定期日からおおよそ1ヶ月とされており、期限は裁判所から郵送される案内に記載されます。そして、郵送されてくる書類の中には残額の振込み用紙が入っているので、こちらを使用し予め残金を振込んでおくこともよいでしょう。

ここで残額を振込み手続きし終えても、落札後手続きは終わりではないので、そこには注意する必要があります。様々なものを準備し、裁判所へ出向きます。
①銀行の領収印のある振込用紙の控え
②郵送されてきた通知書
③住民票(個人で入札)か履歴事項全部証明書(法人で入札)
④固定資産税評価証明書
⑤落札した物件全ての登記薄謄本
⑥書類など
⑦書類で指示があった金額の登録免許税、郵便切手など

を所持する必要があります。手続き先に関しては執行官室で聞けば、どこの課へ行き手続きを行うのか教えてもらえますが、実際の手続きの際は不動産執行係でとり行われます。

④固定資産税評価証明書の情報とは、物件の建つ市町村役場の建築科などで取得することができるため予め取得をしておきましょう。しかし、取得には裁判所から郵送されてきた売却決定の通知書が必ず必要とされ、固定資産税評価証明書は見ず知らずの方には発行してくれません。発行手数料は自治体により違いますが200円程度となっています。

また、落札された全ての⑤登記簿謄本も必要ですので、予め法務局で取得しておきましょう。今はどこの法務局でも物件の謄本は手に入れることはできます。物件所有地を管轄するする本局まで出向かわなくても、自宅からより近い法務局の出張所で入手でき、謄本については必要書類などがなくても誰でも入手可能です。発行手数料は約600円です。競売物件は必ず全ての物件の謄本を取得する必要があります。その理由として複数の土地と建物など、物件番号の数だけの不動産で構成されているためです。

あとは登記に必要とされる⑦登記免許税と郵便切手です。郵便切手は不動産の所有権移転の登記完了の書類(登記職別情報通知など)が送られてくる際の送料として使われ、競売に伴う所有権移転登記は裁判所が行ってくれるので、通常の不動産取引のように司法書士は必要ないのですが、郵送費はさすがに落札者負担ということになります。

最後に、登録免許税の大半の金額は郵送されてくる書類に記載されていますが、物件の評価額により変わる可能性もあり、一度裁判所に固定資産税評価証明書を見せ計算してもらってから納めることになります。

まとめ

このように競売は落札までが忙しいのではなく、落札後も忙しい手続きをしていくことが分かると思います。そのため、落札後の対策もしっかりと準備していた方がいいと思われます。

不動産のことに関して何か疑問や困りごとがありましたら、お気軽に「アブローズ」までご相談ください。

ピックアップ記事

  1. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  2. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  3. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  4. 督促状の納期限とペナルティについて
  5. マイホームを手放すことになってしまったら

関連記事

  1. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s

    債務整理

    競売において裁判所の職権の変更とは

    競売が行われる場合でも、取下や取消になるケースが多くあります。今回は、…

  2. f3a3f3e8bbf7be2f1d4d5cba54d2e348_s

    債務整理

    競売物件とはなんですか?

    競売と聞いて、オークションのようなイメージを持っている方も、いるのでは…

  3. maxeIMGL8761_TP_V

    債務整理

    競売の続行決定とは何なのか?

    競売の申立て申請が行われたあとで、「競売続行決定通知」が届くことがあり…

  4. 98a8322e8a323f2b021f4d5d657ffbd9_s

    債務整理

    税務署が行う強制競売

    一般的な競売は裁判所が行います。しかし、税務署も競売ができます。なんで…

  5. AL005_konnnahazujyanakatta20140830_TP_V

    債務整理

    債務整理における委任状の取り扱いについて

    弁護士に債務整理を依頼する場合、債務者は弁護士との間に委任契約を締結し…

  6. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s

    債務整理

    競売までの流れとスケジュールを考えてみましょう

    動産・不動産の売却には大きく分けて、任意売却と競売の二通りが考えられま…

おすすめ記事

  1. HOS8512_TP_V
  2. 4121541b90b39140f090f76a41e23493_s
  3. 07ef3672dffcbcc5378b19c6a6a5202f_s
  4. 79857a1193685112791775c6883a8761_s
  5. e17516db652e8da1a8d83fe874a9b9d2_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. ME_biz20160902313115_TP_V4

    債務整理

    債務整理における積立金の意義と返金のケース
  2. 49cad23354bef871147702f5880a45c6_m

    任意売却

    任意売却は個人の信用情報に影響を与えるのか
  3. bitcoinPAKU5916_TP_V

    任意売却

    家に対する想いを競売による売却で反映できるか?
  4. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s

    任意売却

    競売における債権の届出は出すべきか
  5. 3092b594387976da880f943cf9ebad9b_s

    相続

    離婚した相手との間の子供は相続の権利を持つのか
PAGE TOP