48c1705d6817021cc8f4f0d9050c7c28_s

債務整理

競売物件購入後のトラブル対処法~占有者の立ち退きや残った家財道具の扱い~

不動産競売での物件購入には、購入する前からその物件に住んでいる占有者が立ち退いてくれない、もしくは前居住者の家財道具が残ったままになっている、などのトラブルも少なくありません。そんな状況に出くわした時どう対処したらいいのか、見ていきましょう。

競売物件購入のリスク

通常の不動産取引には売り手側と買い手側があり、売り手側は引渡に関する義務を、買い手側は支払いに関する義務をそれぞれに果たすことで契約を成立させます。

しかし、不動産競売では売り手側に相当する立場が存在せず、その責任が果たされない状態で購入者の手に渡ることになるのです。今回挙げる立ち退かない占有者や放置されたままの家財道具も、引渡義務の不備に起因するリスクの主たるものと言えるでしょう。

立ち退いてくれない占有者への対処

競売物件購入後も居住し続けている占有者がいた場合、まず立ち退きについて交渉することになりまが、その際、占有者側から引っ越しの費用として明け渡し料を請求される場合も多々あります。

後に触れますが、競売物件を購入した買受人は法的な手段に出て占有者を強制的に退去させることも可能です。しかしその場合、結果的に占有者の引っ越し代金より多額の費用を要してしまうケースが一般的であり、実際に明け渡されるまでの日数も長くかかってしまいます。

リスク軽減を考えれば、明渡料支払いに応じてスムーズに、かつ禍根なく立ち退いてもらうのも一つの手でしょう。立ち退き交渉が決裂してしまった場合、買受人は裁判所に引渡命令の申し立てを出すことになります。

引渡命令は申し立てから一週間で発布され、その後一週間以内に占有者側から不服申し立てがなければ、その時点で買受人は占有者を強制的に立ち退かせる強制執行の申し立てができるようになるのです。

強制執行の申し立てには終了まで1~3カ月の期間を要し、実際に強制立ち退きに入るのはそれ以降となるでしょう。また、占有者が競売物件を元所有者すなわち債務者から借りていた貸借人だった場合、6カ月の明渡猶予期間が適用されます。

残された家財道具はどうすればよい?

購入した競売物件内に家財道具などがそのまま放置されてあった場合、買受人とはいえ勝手に処分することはできません。

占有者がいた場合の対処と同じように、まずは家財の所有者である元所有者あるいは元賃借人との交渉が必要です。

それでも家財の撤去がなされなければ、次の手段として裁判所へ強制執行の申し立てを行い、それに基づいて処分することとなります。その際の費用も競売物件買受人の負担となります。

購入前にあらかじめリスクを考慮に入れておくことが必要

ここまで見てくると、競売物件に占有者あるいは家財が放置されてあるといろいろと面倒だと思われるのではないでしょうか。

競売物件購入を検討する際には、これらのようなリスクが含まれることを念頭に入れておく必要があります。競売に強い不動産会社の仲介やアドバイスを得ることも、リスクの回避または適切な対処につなげるための有効な手段の一つです。

まとめ

以上、競売物件に占有者が居住していた際もしくは前居住者の家財が残されていた際には、まず元所有者との話し合い、それでも無理なら裁判所へ引渡命令と強制執行の申し立てをするという対処があることを見てきました。

いずれにせよ、不動産会社など専門家の助力を受けていほうが、より安心して対応できると言えます。

競売に関することや不動産の投資の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  2. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  3. 督促状の納期限とペナルティについて
  4. 後妻の子の相続における取り扱い
  5. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために

関連記事

  1. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s

    債務整理

    競売の売却決定はいつ?

    競売は住宅ローン等の滞納により、債権回収の為に行われる入札の事ですが、…

  2. 785ba0893bad370e732102282bce977b_s

    債務整理

    競売における抵当権の内容と効力

    競売とは、住宅ローンの支払いができなくなった為に、金融機関や保証会社が…

  3. OOK92_konosyakuyousyode5000man20131223_TP_V

    債務整理

    住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために

    新しくて大きいマイホームは多くの人にとっての憧れだと思います。しかし、…

  4. TSU863_jitakunituita_TP_V4

    債務整理

    債務を相続する場合の遺産分割協議書

    人が亡くなると被相続人となり、その遺産は相続人によって相続されることに…

  5. 07ef3672dffcbcc5378b19c6a6a5202f_s

    債務整理

    抵当権の消滅と競売との関係とは?

    抵当権がついたままの物件を手に入れた場合、いつ所有する物件の抵当権が実…

  6. 639aa7f599057d57da605899a646ebef_s

    債務整理

    競売物件の所有権移転

    気になっていた物件を競売によって購入できたとしましょう。無事、自分のも…

おすすめ記事

  1. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s
  2. a2753d1ced117d10c4c2e92389305424_s
  3. fbb4380eb4ed355578987c577d274f3e_s
  4. 33cf43a355640b9127b15805d596924c_s
  5. 4121541b90b39140f090f76a41e23493_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 77ea7237c8f5f51708e04f4525c49744_m

    不動産基礎知識

    競売における入札保証金と返還について
  2. 611

    任意売却

    競売物件の内覧は可能なのか?
  3. 3f86020b8fd0108e206ef9d4e0b214ea_m

    不動産基礎知識

    住宅ローンの滞納による法的措置とは
  4. 612

    債務整理

    競売における債権者が注意すべき事は
  5. 0d6a2b39f52f4f15938f0c3d43da7534_s

    債務整理

    債務整理のメリットとデメリットとは?
PAGE TOP