債務整理

住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために

新しくて大きいマイホームは多くの人にとっての憧れだと思います。しかし、そんなマイホームに住んでいた家族がいつの間にか転居してしまい、別の人がその家に住んでいたという事はありませんでしたでしょうか。もしかすると住宅ローンによって隠れ貧乏に陥っていたのかもしれません。

■裕福にみえるマイホーム
広くて植栽が整えられた庭がある大きな邸宅に住んでいる人はきっと裕福な生活を送っているのだろうと想像する事でしょう。個々の家庭によって状況は異なりますが、住宅ローンは低金利で30年以上の長期ローンを組める事から、マイホームを購入する場合には住宅ローンを利用するのが一般的です。住宅ローンもローンですから、毎月の返済が必要になります。

住宅ローンは年収や勤続年数などについて金融機関での審査を経て融資額が決定されますが、家庭の詳細な収支状況まで調べる訳ではありません。したがって返済計画は住宅ローンで融資を受ける個人がしっかりと立てる必要があります。この返済計画が甘いとローンの返済額が家計に重くのしかかってしまいます。どれだけ立派なマイホームに住んでいたとしても、ローンの返済に困ってしまっては苦しい生活を送る事になってしまいます。このような住宅ローンによる隠れ貧乏にならない様にするためにはどうしたら良いのでしょうか。

■隠れ貧乏になる理由
住宅ローンによって隠れ貧乏になってしまうのには色々な理由があります。隠れ貧乏なだけでなく、ローンの返済が出来なくなってしまい結果的に手に入れたマイホームを手放さざるを得ない事になってしまう事も起こりえます。

当初は返済出来ていたローンも勤めていた会社の業績悪化や倒産などによって収入が下がってしまったり、病気や怪我、子供の教育費などで予想外の支出が増えてしまったりという事が原因でローンの返済が苦しくなって隠れ貧乏になってしまう事があります。しかし、どのような事情があっても住宅ローンは毎月返済を続けていく事が原則です。したがって余裕のない返済計画を立ててしまうと誰もが住宅ローンによる隠れ貧乏になってしまう可能性を持っているのです。

■隠れ貧乏にならないために
住宅ローンによる隠れ貧乏にならないためには、余裕を持った返済計画を立てる事が大切です。収入が途絶えてしまっても少なくとも2~3カ月はローンを支払いながら生活できるだけの貯蓄は手元に残しておく事が理想です。また、子供の教育費などについても十分に検討し、将来の支出に備えた貯蓄ができるだけの返済額にしておく必要もあります。

せっかくのマイホームです。住宅ローンによって隠れ貧乏に陥る事の無いようにして家族の生活を守るようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  2. 後妻の子の相続における取り扱い
  3. 競売における売却基準価額とは何か
  4. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  5. 不動産売却における委任状取り扱い説明書

関連記事

  1. 債務整理

    競売開始!! その後とるべき方策

    人の居住の場であり、憩いの場である家が何らかの事情によってローン返済が…

  2. 債務整理

    債務整理で返済計画が大切な任意整理

    色々なところから借金をしてしまったり、高額な借金をしたりするなどして、…

  3. 債務整理

    競売における予納金の必要性

    競売の申立てが行われるのは、住宅ローンなどの回収が困難だと判断した場合…

  4. 債務整理

    競売の入札における代理人に対する委任状

    競売において、代理人による入札を行う場合があります。第三者による競売の…

  5. 債務整理

    競売の仕組み

    住宅ローンなどを滞納してしまった場合、当然ながら物件は差し押さえられて…

  6. 債務整理

    競売評価人の資格と役割について

    競売が執行されると、裁判所によって3点セットが、参考資料として一般…

おすすめ記事

おすすめ記事2

特集記事

アーカイブ

  1. いろいろ

    離婚したら住む場所はどうするべきか?
  2. 任意売却

    マイホーム購入の住宅ローンの返済途中で離婚が決まったらどうなる
  3. 相続

    相続税の延滞によって発生する税金とは
  4. 不動産基礎知識

    破産管財人による任意売却とは?
  5. 不動産基礎知識

    競売で中古住宅を買う場合の注意点とは?
PAGE TOP