7d9efd2bd16d7d11ad7eff61a59ad5de_s

相続

夫の相続、妻子でどう分けるの?

今まで付き添ってきた夫が、この世を去らざるを得なくなりました。残された妻子は旦那さんからの遺産を託されることになります。しかし、どうやって分けていくかが問題となります。

■夫のものは妻子のもの

残された財産は遺産として扱われます。それは誰に帰属するかというと夫ではなく残された妻子となります。遺産分割の順位に基づくと、以下の通りになります。

①第一順位→妻や子供
法定相続分→それぞれ1/2とする

②第二順位→亡き夫の両親
法定相続分→配偶者が2/3、両親は1/3

③第三順位→兄弟姉妹
法定相続分→配偶者が3/4、兄弟姉妹は¼

遺言状がない場合のケースですが、実際の家族構成はかなり複雑となっていますので、考えただけでも非常に厄介となっています。遺産相続におけるトラブルの火種にもなっていることから、色んな意味でも難しい話です。財産分与くらいはトラブルなくスムーズに進めておきたいものです。

■旦那さんが生前書いた・・・

遺言状についてお話します。夫が生前、財産分与などについての取り決めを遺言状に託しておくことになります。しかし、それは一定の方式があるというのが法律で定められており、死後から効力を発揮します。

遺言状は以下のことができます。しかし、遺産の話について関係があるもののみ紹介します。

①財産の処分
残された財産は、遺産として残されます。それは残された妻子に託さなければならないのは前述の通りです。しかし、相続人以外の方に託したり財団を創立する際に使いなさい、というときに効力があります。

②相続分指定と委託
財産配分については、法律で定められています。しかし、被相続人の意向がありますので、それに従って配分を見直したりすることができます。

③分割方法指定と委託
遺産相続となると、その配分についてのトラブルが起こりやすいのは前述の通りです。しかし、被相続人から見ればいい迷惑です。そのようなトラブルをなくすため、分配方法そのものを見直すことができます。

④分割禁止
分割方法指定と委託の続きになりますが、分割については一定期間禁止(つまり、一定の猶予期間を与える)をすることにより、ノンストレスで公平に遺産分割ができるようにすることです。ただし、5年以内に解決しなければなりません。

◎遺産の種類
2種類が存在します。

①自筆証書遺言
基本的には自分で書くことになります。紙とペンさえあれば成立しますがパソコンを使っての作成は無効とされます。しかし、発見されたら家庭裁判所へ提出しなければならず、裁判官から検認を受けなければ開封することができません。なお、検認については数年後に撤廃されます。

②公正証書遺言
公証役場の公証人との合同作業となり、被相続人から聞いた話を遺言状として落とし込んでいきます。専門家の確認作業こそ入りますが、効果が無効になるリスクが少なくて済みます。自筆証書遺言と比べればの話ですが・・・。デメリットは自筆と比べ費用がかかることです。

◎遺留分
「この財産は、妻にすべてを託す」といった遺言内容だったらどうなるのでしょうか?子供からすれば「自分にはもらえないのか? おかしいだろ」となりますよね。しかし、相続人には一定の額を得ることが法律で保障されています。

遺留分減殺請求の行使により、相手方と話をするか裁判で争うかのいずれかにて対応することができます。申立書を作成することができますが、被相続人や相続人すべての戸籍謄本や遺言状の写しや不動産登記事項証明書などといった書類が必要となります。

不動産売買や相続、賃貸管理に関するご相談などございましたら、株式会社アブローズまでお気軽にご連絡ください。

ピックアップ記事

  1. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  2. 後妻の子の相続における取り扱い
  3. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  4. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  5. 実は厳しい税金滞納への対応

関連記事

  1. technology-3164715_1280

    相続

    債権者の代位権に基づく相続登記とは何か

    相続が発生した場合には相続放棄や限定承認を行うまでの期限を始め、相続税…

  2. bea4fb52c46bddb704ffd154e6338b27_s

    相続

    相続において相続人が兄弟のみの場合の負担増

    被相続人の遺産相続は、遺言などが無い場合には民法の定めに従って相続が行…

  3. dcfff1a4a13d7dda34636c59bebed6a7_s

    相続

    相続の範囲と3親等の関係性での誤解について

    相続の問題で、よく質問されるのが、「何親等までが相続が可能でしょうか」…

  4. 2251fe566d1f7ef601df5fdd32def57c_s

    相続

    相続において良く取沙汰される問題点とは

    相続は予期せず発生することや、色々な思惑なども交錯することから親族間で…

  5. 0bd5992b9a5938c56d5c000d5d75cf98_s

    相続

    結婚と相続と財産分与

    結婚をすると夫婦は同一の姓を使うこととなり、法律的には同居義務が生じ、…

  6. 8ec23d519757eb7c1e0897ecb2577f46_s

    相続

    相続人が配偶者と兄弟になる場合のトラブル回避について

    兄弟がなくなった場合に、相続権を主張しても法定相続人となるには、優先す…

おすすめ記事

  1. 66 (5)
  2. 639aa7f599057d57da605899a646ebef_s
  3. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  4. 612
  5. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 8bef5a944f97b23bcd0def15939b481b_s

    任意売却

    マイホームの購入に対する不安をどうしたら良いか
  2. yotaka0721IMGL5456_TP_V

    債務整理

    競売における特別代理人の役割とは
  3. tuchimoto07100I9A6603_TP_V

    債務整理

    競売の代理人(代行)の仕事とは
  4. 65 (6)

    債務整理

    競売における売却基準価格とは何か
  5. yotaka0721IMGL5136_TP_V

    債務整理

    競売の必要書類あれこれ ~失敗しないようにチェックしよう~
PAGE TOP