66

不動産基礎知識

確実に利益を得る不動産投資の選択肢

近年のゼロ金利政策によって、預貯金の利率での投資は期待できない状況です。かといって知識もないのに投資先として、株式やFXに手を出すことはリスクが大きいと考えられます。今回は不動産投資に限定した利益の求め方について紹介します。

■不動産の投資にはどんなものがある?

・土地の売買で利益を生むには、土地を購入して売却することによる差額で利益をうむことになります。しかし、土地の保有期間によって、譲渡所得税の税額が大きくかわってきます。

・「短期譲渡所得」=5年以下の土地の保有期間の売却にかかる所得税は30.63%かかります。住民税においては9%になります。

・「長期譲渡所得」=5年以上の土地の保有期間の売却にかかる所得税は、15.315%と低くなります。住民税においては、5%とこちらも低くなっています。

このように、土地の売却には、保有期間によって税金が大きく変わるので、売る時期を5年後に定めた方が減税効果おおきくなるので、利益率も高くなるでしょう。しかし、土地の価格は大きく変動していくので購入時よりも売却値段がアップするとは限らないのです。土地の売却には、政治や経済、天変地異まで予測できるとは限りません。常に相場や社会情勢など、土地の価格に影響を及ぼす情報に注意を傾けることが重要でしょう。

■アパートやマンションの賃貸物件への投資

・土地を購入した場合
アパートやマンションを購入した土地に新たに建築する。土地の購入や建築費用にかかる投資金額は数千万から数億と限りがないほどの幅が予想できます。減価償却など多くの節税効果があるものの、投資金額を回収するには、長期的な期間を要するために利益を追求するという事にかぎれば見通しが薄いと思います。

・所有地にアパートやマンションを新たに建築する。
こちらは建築費用にかかる投資になりますが、それでも投資金額は、数千万から数億と幾分、土地の分だけ低く見積もる程度ですが、利益の追求としてはやや可能性は見えてきます。ただしそれでも長期的な計画はさけられません。

・中古のアパートやマンションを土地込みで購入する。
投資金額はかなり抑えることができるでしょう。また購入する物件を人気のあるなしを自分で選ぶことができるのがメリットです。都心と区外によって価格の変動はおおきいので場合によっては、掘り出し物の物件に遭遇するかもしれません。比較的、利益を追求しやすいと思います。

・新築のマンションを戸別で購入
アパート・マンションの1棟購入に対する投資金額は大きく抑えることができて、すぐにでも現金収入が見込めるのは期待が大きいでしょう。リスクが少ない分、利益の幅も抑えめになります。

・中古のマンションを戸別で購入
投資金額は最小になるでしょうが、賃貸収入を期待するには低くなるでしょう。毎年、新築物件はあちらこちらにできているのですから、競争力に乏しい為、空室による収入の減少のほうが利益を上回ってしまう可能性があります。

不動産投資は、バブル時期のように売ればもうかるというような時代ではないのです。ただし、他の投資対象に比べて安定した収益が見込めることと、リスクも比較的変動が少ないことが言えます。利益を追求することは、安全であっても投資回収が保証されているわけではないのです。不動産投資においては、節税のための効果をきたいするのか、利幅が少なくても安定した物件を選ぶのかは不動産に詳しい専門家に相談されことが望ましいでしょう。

不動産の投資のことなら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報ください。

ピックアップ記事

  1. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  2. 実は厳しい税金滞納への対応
  3. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  4. 後妻の子の相続における取り扱い
  5. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!

関連記事

  1. 80dc818397688d05ed6b9a90634c1e49_s

    不動産基礎知識

    競売の意味とは?

    土地や建物購入のために住宅ローンや借入をした場合の補償として、家や財産…

  2. 0032

    不動産基礎知識

    マイホームなど不動産の引き渡しの重要性

    マイホームの売却を行った場合、最後はマイホームを買主に引き渡すことで契…

  3. 3025f4c6183b165a58e67391ee958b28_s

    不動産基礎知識

    区分所有マンションにおける賃貸管理

    マンション管理には物的な管理と賃貸管理の2種類があります。また、所有す…

  4. 6c2c082980ec7bc73d8a6efde028a60c_s

    不動産基礎知識

    競売を実行された債務者が負うリスクとは?

    競売の実行におけるリスクというと、競売物件に潜むリスクや明け渡しのリス…

  5. 882532638e73d40dd2499c026cd56e9b_m

    不動産基礎知識

    ローン滞納の任意売却で退去するタイミングはいつ⁉

    住宅ローンを返済できない理由はいろいろあるかもしれません。結果的にはロ…

  6. e8384d129a9670c99331e4d6734638e2_s

    不動産基礎知識

    転職が与える住宅ローンへの影響

    企業の業績によってリストラや給与の減額などが行われる様になり、転職も盛…

おすすめ記事

  1. 80dc818397688d05ed6b9a90634c1e49_s
  2. HOS8512_TP_V
  3. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  4. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s
  5. 612

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 9ad4b1eae1ed490f0323cc12a3cac85a_s

    不動産基礎知識

    不動産投資の判断基準の持ち方
  2. wakigaIMGL6857_TP_V

    債務整理

    競売の落札相場を知ることで売買の判断基準にする
  3. 785ba0893bad370e732102282bce977b_s

    債務整理

    競売における抵当権の内容と効力
  4. afb98a5674969ec3cca40e22a9a776c5_s

    任意売却

    住宅ローンにおける抵当権の意味することは何か
  5. chart-1905225_1280

    不動産基礎知識

    2016年から2018年過去と今後の住宅ローンの見通しを分析し動向を探る
PAGE TOP