66

不動産基礎知識

確実に利益を得る不動産投資の選択肢

近年のゼロ金利政策によって、預貯金の利率での投資は期待できない状況です。かといって知識もないのに投資先として、株式やFXに手を出すことはリスクが大きいと考えられます。今回は不動産投資に限定した利益の求め方について紹介します。

■不動産の投資にはどんなものがある?

・土地の売買で利益を生むには、土地を購入して売却することによる差額で利益をうむことになります。しかし、土地の保有期間によって、譲渡所得税の税額が大きくかわってきます。

・「短期譲渡所得」=5年以下の土地の保有期間の売却にかかる所得税は30.63%かかります。住民税においては9%になります。

・「長期譲渡所得」=5年以上の土地の保有期間の売却にかかる所得税は、15.315%と低くなります。住民税においては、5%とこちらも低くなっています。

このように、土地の売却には、保有期間によって税金が大きく変わるので、売る時期を5年後に定めた方が減税効果おおきくなるので、利益率も高くなるでしょう。しかし、土地の価格は大きく変動していくので購入時よりも売却値段がアップするとは限らないのです。土地の売却には、政治や経済、天変地異まで予測できるとは限りません。常に相場や社会情勢など、土地の価格に影響を及ぼす情報に注意を傾けることが重要でしょう。

■アパートやマンションの賃貸物件への投資

・土地を購入した場合
アパートやマンションを購入した土地に新たに建築する。土地の購入や建築費用にかかる投資金額は数千万から数億と限りがないほどの幅が予想できます。減価償却など多くの節税効果があるものの、投資金額を回収するには、長期的な期間を要するために利益を追求するという事にかぎれば見通しが薄いと思います。

・所有地にアパートやマンションを新たに建築する。
こちらは建築費用にかかる投資になりますが、それでも投資金額は、数千万から数億と幾分、土地の分だけ低く見積もる程度ですが、利益の追求としてはやや可能性は見えてきます。ただしそれでも長期的な計画はさけられません。

・中古のアパートやマンションを土地込みで購入する。
投資金額はかなり抑えることができるでしょう。また購入する物件を人気のあるなしを自分で選ぶことができるのがメリットです。都心と区外によって価格の変動はおおきいので場合によっては、掘り出し物の物件に遭遇するかもしれません。比較的、利益を追求しやすいと思います。

・新築のマンションを戸別で購入
アパート・マンションの1棟購入に対する投資金額は大きく抑えることができて、すぐにでも現金収入が見込めるのは期待が大きいでしょう。リスクが少ない分、利益の幅も抑えめになります。

・中古のマンションを戸別で購入
投資金額は最小になるでしょうが、賃貸収入を期待するには低くなるでしょう。毎年、新築物件はあちらこちらにできているのですから、競争力に乏しい為、空室による収入の減少のほうが利益を上回ってしまう可能性があります。

不動産投資は、バブル時期のように売ればもうかるというような時代ではないのです。ただし、他の投資対象に比べて安定した収益が見込めることと、リスクも比較的変動が少ないことが言えます。利益を追求することは、安全であっても投資回収が保証されているわけではないのです。不動産投資においては、節税のための効果をきたいするのか、利幅が少なくても安定した物件を選ぶのかは不動産に詳しい専門家に相談されことが望ましいでしょう。

不動産の投資のことなら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報ください。

ピックアップ記事

  1. 競売における売却基準価額とは何か
  2. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  3. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  4. 不動産の売却に年齢制限はある?
  5. 不動産売却における委任状取り扱い説明書

関連記事

  1. 27a6e2de55b826b3bbfcba54f157b480_s

    不動産基礎知識

    競売不動産の購入に向けて参加をする流れ

    マイホームや投資物件を手にする方法として、競売物件を購入する場合もあり…

  2. 6bd3f21616abc28873c6613afa40ff91_s

    不動産基礎知識

    マンション賃貸における更新料の性格

    マンションを賃貸していて契約期間の満了時に更新料の請求を受ける事があり…

  3. 9812d3e196260b98305cde66a1f23506_s

    不動産基礎知識

    住宅ローンにおけるボーナス併用払いとは何か

    住宅ローンには、実はボーナス併用払いといって月々の返済とボーナスを頼り…

  4. 4656661_s

    不動産基礎知識

    住宅ローンを組んだ方へのボーナス「住宅ローン減税」

    住宅ローンで家を購入すると、納めた税金が自身のお財布に戻ってくる制度が…

  5. 14ff343ed3f9262b8a8d04ad09037c3c_s

    不動産基礎知識

    住宅ローンの借入額や返済額の目安について

    マイホームの購入に際し住宅ローンを利用される方が多いと思います。住宅ロ…

  6. PAK73_MBAsawarukey20140312_TP_V4

    不動産基礎知識

    競売を意識した抵当権設定とは

    所有地に建物を建てるために住宅ローンなどを利用する場合、土地と建物の両…

おすすめ記事

  1. 1012318_s
  2. 5100918_s (1)
  3. 2077370_s
  4. 820aaef8afd8fc766c9d7bcb9bb4dec2_s
  5. 4680320_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. ff15cd4fa7872b26e6aa6ad26a6d84ab_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 16afd366c17beebcfaf4ac761c78d746_s

    債務整理

    競売物件とは?住宅ローンとの関係性
  2. 6bac08fa789714b72d45463a42ef68b0_s

    任意売却

    競売にはどのような費用が掛かり、誰が負担をするのでしょうか
  3. 236609c9549ccd6b6a9542cb46a83c91_s

    賃貸オーナー様

    賃貸管理を行うには免許が必要なのか?
  4. 4172579_s

    任意売却

    競売で家を手放さざるを得なくなった時、ダメージ軽減を図れる任意売却
  5. ad098cb14459599430e4d60fe23df38c_s

    不動産基礎知識

    競売の手続きは債務者の意思と無関係に進む
PAGE TOP