3277098_s

不動産基礎知識

競売で土地を購入する ~思いがけない出費やトラブルに巻き込まれないために~

競売物件と申しましても、何もそれらの物件が特殊なものばかりであるということは殆どの場合ありません。物件自体は通常の不動産と同じです。しかし競売物件はその購入方法や購入後の受け渡しにおいては、少し注意が必要です。今回は競売物件の土地について見てまいりましょう。

競売について

競売とは、所有している不動産などが何らかの理由でローンなどの支払いが出来ず、債権者などにより裁判所に競売の申し出が行われ、裁判所がこれを受理して行われる不動産の売却方法です。

裁判所が競売の公告を行ない一定期間で入札が行なわれ購入の権利を得、落札という形でこれを購入することが可能です。

このように競売とは一般の不動産取引とは違いますが、購入する物件自体は、通常の不動産取引で得るものと変わる事はありません。しかも通常での購入よりも、その金額はかなり割安になっているものです。

しかし競売物件は、価格が通常の取引よりもかなりお安いだけに、注意するべきことが幾つかございます。まず不動産業者などにより販売に関する重要事項や、何らかの不備があったとしても、不動産業者のようなところが責任を負うことはありません。

購入後の責任は、競売で落札した人にあると言えます。もし購入後近隣の方などと何らかのトラブルがあったとしても、その解決は落札者自身が解決しなければなりません。そういったリスクを承知の上で競売物件を購入するには、ある意味での覚悟が必要です。

このように、競売物件はリスクも伴う事がある為、その価格は通常の不動産取引での価格より、通常3割から大きいもので5割ほど安い価格設定がされているものが多いようです。

購入後、何のトラブルもなかった場合は、非常に安い価格でその物件を所有する事が出来ると言うものです。競売での入札などは特に何かの資格などが必要と言うものでもなく、どなたでも競売での物件の購入は可能です。

土地の競売

競売で土地を購入しようとする場合、注意しなくてはならない事が幾つかあります。先ずその土地の状態です。どういった状態でその土地が競売になっているか、確認が必要となってきます。

例えばその土地が更地であるのか、その土地に住宅などが立っていないか。またその土地が農地などで登録されていないかなどは大きな問題です。もし住宅などが建っていて住民が居住している場合などでは、問題が起きる事が予想されます。

その居住者に対しての立ち退き交渉などは、購入者自らが行なわなければなりません。場合によっては立ち退き料が発生する場合もあるでしょうし、立ち退きを拒否された場合などの交渉も全て自らが行なわなければなりません。

こうなってしまった場合は裁判などになる事も予想されます。その結果、せっかく入手した土地が思うように活用できない事態にも発展しかねません。しかしこれが競売で物件を入手するという事です。

まとめ

こういったトラブルに巻き込まれないためにも、競売物件は入札する前にまずその物件に対する調査を、自ら行なっておく事がとても重要です。物件の状態を確認し把握したうえで入札を行わなければ、安く入手できたとしても、その後に思いがけない費用が発生するといった問題が出る可能性があるためです。

入札以前に不動産の専門家に相談しておくことも、検討なさってみるのも良いかも知れません。

不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  2. 不動産の売却に年齢制限はある?
  3. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  4. 後妻の子の相続における取り扱い
  5. 実は厳しい税金滞納への対応

関連記事

  1. YUSEI_9V9A5290_TP_V

    不動産基礎知識

    競売迫る! アパート所有者はどうするべき?

    競売は年を追うごとに増えている傾向にあります。戸建て住宅などの物件もそ…

  2. 46eae604e410fa8f445209cffba92044_s

    不動産基礎知識

    競売における法定地上権とは何か

    日本の不動産は土地と建物を別個のものと捉えています。このため土地と建物…

  3. 53246727eca5f287d30f2ac6c4312b28_m

    不動産基礎知識

    借金の返済や税金の滞納による差押え

    住宅ローンの返済滞納を続けてしまうとやがてマイホームに設定した抵当権が…

  4. 9a791a9d2e3eeff02a38463105132fe5_s

    不動産基礎知識

    住宅ローンを利用した資金計画の立て方

    マイホームを購入しようと決心し、モデルハウスやモデルルームを巡っている…

  5. 3025f4c6183b165a58e67391ee958b28_s

    不動産基礎知識

    区分所有マンションにおける賃貸管理

    マンション管理には物的な管理と賃貸管理の2種類があります。また、所有す…

  6. 65 (6)

    不動産基礎知識

    不動産売却によって発生した利益~不動産売却益ってなに?~

    不動産を売却した場合、利益が出ると「不動産売却益」といわれるのですが、…

おすすめ記事

  1. 1012318_s
  2. 5100918_s (1)
  3. 2077370_s
  4. 820aaef8afd8fc766c9d7bcb9bb4dec2_s
  5. 4680320_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. ff15cd4fa7872b26e6aa6ad26a6d84ab_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s

    任意売却

    任意売却ができる条件とは?!
  2. 90e67feabb46576a2e3b337d45d6530d_s

    いろいろ

    住宅ローンのがん団信への加入率について
  3. 4121541b90b39140f090f76a41e23493_s

    債務整理

    競売を示す事件番号(ケ)とは
  4. 5100918_s

    離婚と不動産

    離婚後に家を譲渡する場合
  5. 8b1375b807d3933ab10b689afe3cc67d_s

    債務整理

    住宅ローン返済の債務は相続の対象となるでしょうか?
PAGE TOP