2077370_s

不動産基礎知識

競売物件の値段はなぜ安くなるのか

所有物件が競売にかけられた時、気になる事の1つが値段ではないでしょうか。競売はよく「市場価格の約半値で売られる」と言われています。今回は競売の仕組みと、競売物件の評価基準、そして競売よりもお得な売却手段方法である任意売却について解説します。

競売の仕組み

競売とは債務者がローンを返済できない時、債権者が裁判所を通して物件を売りに出すことをいいます。債権者は住宅ローンを融資する際に、家に抵当権を設定しているので、競売を申し立てる権利を持っているのです。競売にかけられると債務者にとっては多数のデメリットが発生します。

競売に出された物件は所有者の意向とは関係なく現況調査が行われます。調査員は法に基づく強制力を与えられ、物件の写真や聞き取り調査などを行います。撮られた写真などはそのまま競売サイト等に掲載されてしまう為、これを見た近隣住民から特定される可能性があります。

また現況調査は周辺住民への聞き取りもあるので、周辺住民に知られることになります。競売にかけられると匿名性が低くなり、周囲に知られたくない人には心理的ハードルが高くなります。プライバシーが保護されないといった問題が発生してしまいます。

競売の評価

競売にかけられる最大のデメリットとして、市場価格よりも大幅に安く物件が売りに出されることが挙げられます。競売では市場価格の約半値で売り出されるとよく言われています。これには物件評価の仕組みが大きく関係しています。

現況調査の際に不動産鑑定士が評価額を決めます。競売物件は内覧ができないことから、瑕疵などに対する保証はありません。こうした事情も含めて不動産鑑定士は売却基準額を設定します。競売における売却基準額は市場価格の7割程度とされており、入札可能額は売却基準額の8割程度とされています。

このことから市場価格と比べると、競売物件の入札可能額は約5割となってしまいます。プライバシーも保護されない上、市場価格よりも安く売りに出されてしまうのが競売です。しかし”任意売却”を行えば競売のデメリットを回避できます。

任意売却

任意売却とは債務者がローンを支払えなくなった時、債権者の合意の元で物件を売却しローンの返済にあてる事をいいます。また任意売却は競売にかけられた後でも、落札前であれば債権者の合意の元で行うことができます。また、競売にはないメリットが多数あります。

前述のとおり、競売では市場価格より大幅に安く売りに出されますが、任意売却だと任意の価格で売りに出すことができます。また現況調査が入らないので競売よりも匿名性が高くプライバシーが保護されます。個人でも任意売却は可能ですが、豊富なノウハウを持った不動産会社に相談することでメリットを最大限活かすことができます。

まとめ

競売にかけられると様々なデメリットが発生します。それに対し任意売却はメリットがたくさんあり、競売よりも心理的ハードルが低くプライバシーも保護されます。個人での任意売却が不安であれば、プロに相談することをおすすめ致します。

不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 実は厳しい税金滞納への対応
  2. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  3. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  4. 不動産の売却に年齢制限はある?
  5. 不動産売却の時に重要な登記費用について

関連記事

  1. 4121541b90b39140f090f76a41e23493_s

    不動産基礎知識

    不動産投資による競売物件で大家を目指すには

    競売物件に参加する一般の方が増えてきています。最初の頃は、一般の参加者…

  2. 1749389_s

    不動産基礎知識

    競売による買受人の引き渡しでの注意点

    競売物件を入札によって落札したからと言って安心する事はできません。何故…

  3. 8ec23d519757eb7c1e0897ecb2577f46_s

    不動産基礎知識

    競売物件の引っ越し費用は誰が払うのか?

    競売物件を落札後に、占有者(債務者)がまだ住んでいた場合の引っ越し費用…

  4. YUSEI_9V9A5290_TP_V

    不動産基礎知識

    不動産投資に活かせる行動経済学の理論

    経済学のモデルに心理学的な原理を当てはめて考察する行動経済学。その中で…

  5. f95443980ceed4d91ddf7da1c14dfd1a_s

    不動産基礎知識

    競売の申立てに必要な予納金とはどのようなもの?

    債務者による住宅ローンの弁済が不可能と判断した債権者は、裁判所に担保物…

  6. 31a2ef99b9adb80716cb3afa2bd92c9b_s

    不動産基礎知識

    競売物件における固定資産税等の取扱いについて

    通常の不動産売買においては固定資産税や都市計画税は売主と買主で売買を行…

おすすめ記事

  1. 1012318_s
  2. 5100918_s (1)
  3. 2077370_s
  4. 820aaef8afd8fc766c9d7bcb9bb4dec2_s
  5. 4680320_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. ff15cd4fa7872b26e6aa6ad26a6d84ab_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. OZP68_namennayo_TP_V

    任意売却

    不動産売買における競売物件について
  2. 4097603_s

    離婚と不動産

    離婚後は荷物の運び出しをどうするのか
  3. TSURU070701_TP_V

    任意売却

    任意売却での仲介業者を選ぶ際の決め手
  4. BIS151026193472_TP_V4

    不動産基礎知識

    マンションの法定耐用年数とは何か?
  5. ikebukuro-fukurou120140921152438_TP_V

    相続

    事情によって変わる相続における子供の取り扱い
PAGE TOP