4130350_s

不動産基礎知識

家を売却するなら5年以内!? ~少しでも高く売る為のポイント~

家を売却するには、様々な理由がおありになる事と思います。しかし購入して間もない家の売却をお考えなら、早急に決断し売却する事をお勧めします。これはあくまで売却をお考えの場合に限りますが、家を売るなら購入後余り時を経過していない物件のほうが売りやすいのです。

家を売却する

家を売る、つまり不動産の売買において、その物件が新しいものの方が売れやすいのは事実ですが、築浅物件は値下がりが早く、考えている期間が長ければ年単位でその価格は下がってまいります。

家の売却をお考えなら、すぐに行動に移すのがベストな選択と言えると思います。家を売るには3通りの方法があります。それは不動産会社にお任せして売る「仲介」と不動産会社に買ってもらう「買い取り」、個人で買い手を探す「個人売買」です。

どれもメリットとデメリットがございますが、一般的なものはやはり不動産会社にお願いする「仲介」か「買い取り」という選択肢が無難であり、且迅速に家を売る方法ではないでしょうか。

大きな売買ですので出来うる限り不安をなくし、早く売りたいという方は是非不動産会社とのお取引をご検討ください。経験と実績豊富な不動産会社であれば、家を売る際にお持ちになる不安や悩みを解決するためにサポートしてくれるでしょう。

家を売るなら5年以内の家

何らかの理由が出来、住宅などの売却を考えなければならなくなってしまった場合で、なおかつその物件が築5年以内であれば、早急にその手続きに入られることをお勧めいたします。

その理由は上記でも記載いたしましたが、築浅物件の資産価値の下がり方が早いという事に付きます。一年経過するごとに、その資産価値はみるみる落ちていきます。国土交通省の「中古住宅流通、リフォーム市場の現状」を見てみますとその価格がよく分かります。

戸建ての場合、築5年の物件の資産価値は新築時に比べておおよそ30%ほど安くなってしまいます。分かりやすく数字にしますと、5,000万円で購入した物件は5年後には3,500万円にまで値が下がってしまうという事です。

この様に戸建て住宅の場合、築年数が15年あたりまで、年間約5%前後値下がりしていくようです。5,000万の家の場合ですと、1年経過するごとに250万円ほど値下がりしていく計算になります。その為、売却を決めたら早く行動に移すことが得策です。

少しでも高く売る為のポイントは、まず適正価格を知ることで、売りやすい価格で売り出す事が1番。次いで一戸建て住宅に強い不動産会社で売る事。売れる時期に合わせて売り出す。といった事があげられます。

まずご自身の所有する家の適正価格を知る為には、「国土交通省」が運営している「不動産取引価格情報検索」などで調べる事も有益です。

まとめ

何らかの要因で早急に家を売却するのであれば、「善は急げ」ではありませんが、早く売る事こそが高く売る為の最大のポイントです。そのためには良い不動産屋さんを探す事から始めるのが、最終的には早く家を売る事に繋がっていくものであると思います。

不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  2. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  3. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  4. 督促状の納期限とペナルティについて
  5. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう

関連記事

  1. 611

    不動産基礎知識

    競売のやり方とは

    裁判所から公示される不動産関連の競売物件は、1軒家と土地のセットだけで…

  2. YUSEI_9V9A5290_TP_V

    不動産基礎知識

    不動産投資に活かせる行動経済学の理論

    経済学のモデルに心理学的な原理を当てはめて考察する行動経済学。その中で…

  3. 27a6e2de55b826b3bbfcba54f157b480_s

    不動産基礎知識

    競売不動産の購入に向けて参加をする流れ

    マイホームや投資物件を手にする方法として、競売物件を購入する場合もあり…

  4. ba1d175f97ab58aa3f965d593d85aad8_s

    不動産基礎知識

    不動産競売における物件数の推移

    不動産競売は全国の地方裁判所で行われています。ひとつの機関が取り扱う物…

  5. coins-1523383_1280

    不動産基礎知識

    不動産投資による相続税の減税効果

    平成27年の相続税改正によって相続税計算における基礎控除額が大きく引き…

  6. 1070565_s

    不動産基礎知識

    別居する際の住民票はどうなる?~住宅ローンがあるケース~

    住宅ローンがまだ残っている状態で、別居をすることになった場合の住民票は…

おすすめ記事

  1. 1012318_s
  2. 5100918_s (1)
  3. 2077370_s
  4. 820aaef8afd8fc766c9d7bcb9bb4dec2_s
  5. 4680320_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. ff15cd4fa7872b26e6aa6ad26a6d84ab_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 65 (4)

    債務整理

    競売になる前に任意売却を検討してみよう!
  2. 22071032_s

    不動産基礎知識

    知っておきたい!不動産競売の流れ
  3. 1ca9a59974db96e68e5cb129bdb6b8dc_s

    不動産基礎知識

    住宅ローンを嫁名義とすることによる問題
  4. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

    債務整理

    税務署による差し押さえで、自宅が競売に!?
  5. 34ff3b104a17d74a2b353a47debfa77b_s

    相続

    相続税の延滞によって発生する税金とは
PAGE TOP