6c2c082980ec7bc73d8a6efde028a60c_s

不動産基礎知識

競売を実行された債務者が負うリスクとは?

競売の実行におけるリスクというと、競売物件に潜むリスクや明け渡しのリスクなど落札者の目線での話になることが多くなりますが、マイホームが競売となってしまった債務者が負うリスクにはどのようなものがあるでしょうか。考えてみたいと思います。

LP_banner_02

安価で売却されてしまうリスク
競売物件であっても売却が決まるまでは債務者の財産であることに違いはありませんが、競売では、債務者の意思とは関係なく、割安な価格で売却されてしまうリスクがあります。競売による売却は期間入札という方法で行われるのが通常であり、そこに所有者である債務者が交渉する余地はありません。
競売による売却価格の水準は、一般の売却市場の7割程度とも言われ、残債がほとんど無くなるような物件であったとしても、競売という方法による売却では多くの残債が発生してしまうことも十分に起こることになります。
債務者は競売となることによって自分の財産が安く売却されてしまうリスクを負うことになるのです。

近所や会社に知られるリスク
競売の執行が決定となると、債務者が望まずともやがてマイホームが競売物件として公示されることとなります。少し前までは競売物件の情報は裁判所に行かなければ入手出来なかったのですが、最近はインターネットでも物件の情報が公開されるようになっています。このため以前よりも債務者のマイホームが競売に出ていることが近所や会社にも知られてしまうリスクが高まっています。
仮に競売物件となってしまったことが分からなかったとしても、色々な人が債務者の家を訪れるようになります。競売物件である債務者の家の中を見せて欲しいと言ってきたり、家を売却しませんかという不動産会社を名乗る者であったり、借金を無くした上で家を手放さなくて済みますよというようなことを言ってくる出所の妖しい人までも現れる可能性があります。このように色々な人が訪れることで、結局近所で噂が立ってしまい最終的には競売であることが知られてしまうことは多いです。
債務者は競売となることによって精神的なダメージを負うリスクを抱えることになります。

債務者が競売のリスクから逃れる方法
債務者が競売の実行から受けるリスクから逃れるためには、競売が実行されないようにするのが一番です。どうしてもマイホームを手放さなければならないのであれば、競売が実行される前までに任意売却を行いたい旨を債権者に申し出ましょう。
任意売却であれば上記のリスクから逃れられるだけでなく、一般の売買市場での価格水準で売却できる可能性や引越し費用を捻出して貰える可能性が高まるなど、メリットも多くあります。
住宅ローンの返済で滞納が続いてしまっている場合には、ご検討されることをお勧めします。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  2. マイホームを手放すことになってしまったら
  3. 督促状の納期限とペナルティについて
  4. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  5. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!

関連記事

  1. ba1d175f97ab58aa3f965d593d85aad8_s

    不動産基礎知識

    不動産競売における物件数の推移

    不動産競売は全国の地方裁判所で行われています。ひとつの機関が取り扱う物…

  2. green_Floppyookawa20141024222308_TP_V4

    不動産基礎知識

    賃貸経営への考え方が利益率に影響を及ぼす

    歴史的な低金利が続き、資金調達の環境が良好になったことから賃貸用のアパ…

  3. 2ce166a18a8b419eca895bbec3246a52_s

    不動産基礎知識

    今後の住宅ローンの見通しについて

    2016年1月に導入が決定されたマイナス金利ですが、これにより住宅ロー…

  4. 15b779dd15b1c7710f668a8a24541822_s

    不動産基礎知識

    競売で期間入札の後に行われる特別売却とはどのようなものか

    裁判所による不動産の競売は、通常は期間入札という方式で行われます。この…

  5. 80dc818397688d05ed6b9a90634c1e49_s

    不動産基礎知識

    競売の意味とは?

    土地や建物購入のために住宅ローンや借入をした場合の補償として、家や財産…

  6. 8ec23d519757eb7c1e0897ecb2577f46_s

    不動産基礎知識

    競売物件の引っ越し費用は誰が払うのか?

    競売物件を落札後に、占有者(債務者)がまだ住んでいた場合の引っ越し費用…

おすすめ記事

  1. 8ec23d519757eb7c1e0897ecb2577f46_s
  2. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  3. wakigaIMGL6857_TP_V
  4. tuchimoto07100I9A6603_TP_V
  5. 68 (2)

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 77f7fc037f6203d76f7923cdcc2bc277_s

    任意売却

    住宅ローン貧乏とはどのようなものでしょうか
  2. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s

    債務整理

    競売における「売却基準価額」を簡単に理解しよう
  3. 8c69d902179a73aead3863bb7256bfde_s

    いろいろ

    投資は自己責任で行うということの意味
  4. tsuchimoto0I9A6505_TP_V

    任意売却

    どうしよう・・・競売で落札した物件にまだ人が住んでいる
  5. fraud-3229757_1280

    賃貸オーナー様

    賃貸管理の【家賃】滞納から退去までを把握しよう!
PAGE TOP