TSURU070701_TP_V

任意売却

任意売却での仲介業者を選ぶ際の決め手

自分自身でも任意売却ができないわけではありませんが、トラブルになったり、スムーズに進める事ができなかったりと、思うようにいかない場合が多いです。そうならない為にも仲介業者が必要です。では、どのようにして仲介業者を選べば良いのでしょうか。今回は、任意売却での仲介業者を選ぶ際の決め手について紹介しましょう。

任意売却の仲介とは

通常の不動産売却と違って、住宅ローンや借金などの債務がある場合に、任意売却が行われる事が多いので、債権者である金融機関や保証会社などとの交渉が必要になります。その後も、売買契約におけるサポートや引っ越し費用の相談、債務の残りの支払い方法の交渉などが必要となってきます。

〇仲介業者は、債務者と債権者の間に入って「抵当権を抹消する交渉」を行います。自分自身で交渉を行っても、住宅ローンなどの未払いなどで信用に問題があるので、仲介がある方が信用度を上げる事ができてスムーズに交渉が進みます。

〇仲介業者は、不動産の買い手を見つけてくれて売買契約を交わします。売主は通常の契約と異なり、契約の不成立や修繕が必要な瑕疵(隠れた欠陥など)においても、契約不適合責任の免除についての特約を追加する事で、売主の立場を守る事ができます。

〇事後処理の対応
債権者に対する支払いやその後に残る残債についても、債務者が無理なく支払いが可能となる方法を交渉するのが仲介業者の役目です。引っ越し費用は任意ですが、その対応も必要となります。任意売却後も安心して生活を続ける為の交渉が仲介者の役割でもあります。

仲介業者を選ぶ決め手

任意売却の依頼先は、先に説明した対応をできる事が条件となりますが、決め手のポイントについて紹介します。

【1.経験と実績を重視する】
任意売却は特殊な状況と言えます。売主は、1円も余裕がない場合や、不安と猜疑心に陥っている事でしょう。何が良くて何が悪いのか判断できないこともあるかもしれません。このような場合こそ、専門的な知識と多くの経験が重要となるのです。

特に第一の関門となる「抵当権の抹消」ですが、売主に信用がない場合でも、仲介業者の実績によって信用度を上げる可能性が高くなります。契約や残りの債務の交渉にも債務者の立場をサポートしてくれます。

【2.事業者の規模は、地域型と全国型】
地域型の場合は顔見知りもいる可能性があり、身近に対応が可能で、信頼度も口コミで判断する事ができます。

全国型の場合は、任意売却について専門的に行っており、経験においてもあらゆる可能性に対応できる事でしょう。取引物件も個人宅に限らず、法人の自社ビルや工場、投資用マンションまでも取り扱うので対応範囲が広くなります。金融機関に対しても、任意売却専門の対応が可能なので交渉がスムーズです。

【3.納得のいく相談が可能】
自分自身の状況下では、相談できない場合が多いのでいいなりになりがちですが、相談できる場合とできない理由についても、曖昧にしては損になります。窮地に立たされている相談者に、少しでも優位になる可能性を進めてもらう必要があります。ただし、債務者の立場として甘い条件においては、詐欺にあわないように注意しましょう。

媒介契約の種類

仲介業者が決まれば、媒介契約が必要となります。通常の不動産取引でも必要な事なので頭にいれておきましょう。売主に対しての拘束力の違いなどで3つに分けられますが、専属専任媒介契約や専任媒介契約の方が任意売却向きとなります。

1.一般媒介契約
複数の会社と契約できますが、親身に手伝ってもらえる可能性が低くなり、任意売却では、期限が決められている場合があるので不向きです。不動産流通機構が運営するネットワークの「レインズの登録義務」は任意です。

2.専任媒介契約
1社のみの契約で、自分でも買主を見つける事ができます。2週に1回の報告義務があります。「レインズの登録義務」は7日以内です。

3.専属専任媒介契約
1社の専属になり自分で探す事はできませんが、他の契約と比べて本気度は高くなります。1週に1回の報告義務があります。「レインズの登録義務」は5日以内です。

まとめ

任意売却を遂行するにあたり、重要な決め手は契約前の交渉と契約時の対応、売却後の対応を考える事が重要なポイントになります。弱い立場である債務者に対して、どれだけ親身に対応できるかでその後の生活も決まってくるので、決め手を参考にして慎重に検討する事です。

任意売却に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  2. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  3. 競売における売却基準価額とは何か
  4. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  5. 不動産の売却に年齢制限はある?

関連記事

  1. e3ae5a2925a0ff3ccafab2aa2e7969e8_s

    任意売却

    競売における未登記の建物が存在する場合

    競売における申立てをした場合に、その対象となる土地の範囲に未登記の建物…

  2. tuchimoto07100I9A6603_TP_V

    任意売却

    相続放棄による競売

    相続放棄とは、誰もが聞いたことのある言葉だと思います。相続するものによ…

  3. 639aa7f599057d57da605899a646ebef_s

    任意売却

    不動産の競売入札までの流れを解説!

    「競売で不動産を手に入れたい!でも、競売って難しそう・・・」そんな方に…

  4. 0658de3ac9032f5f266c427b11b98750_s

    任意売却

    競売に関する手数料や各種手続き費用はどれぐらいかかる?

    競売で物件を落札する場合にかかる手数料(業者に依頼した場合)は、どれぐ…

  5. 420d42fde4247c4ab0c1bb6f83b88ad2_s

    任意売却

    住宅ローン返済に関する悩みは任意売却で解決

    様々な事情により住宅ローンの返済が苦しくなってくると、今後のやりくりに…

  6. fbb4380eb4ed355578987c577d274f3e_s

    任意売却

    賃貸中の物件の任意売却について

    自宅や所有するアパートなどを賃貸物件にする場合、それぞれいろいろな理由…

おすすめ記事

  1. 79857a1193685112791775c6883a8761_s
  2. 07ef3672dffcbcc5378b19c6a6a5202f_s
  3. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s
  4. pregnant-1597889_640
  5. fbb4380eb4ed355578987c577d274f3e_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. ac76d8f70cc3404b711e90346e04c406_s

    不動産基礎知識

    単身赴任によって住宅ローンの控除が受けられない?
  2. d4b8cd44ece087e7013466b3011a199b_s

    相続

    相続した土地・建物を売却するなら3年10カ月以内がお得
  3. 65 (4)

    債務整理

    競売落札後の流れとは
  4. 1cc176f05eb24a9118f18c5a30e71a52_s

    債務整理

    競売における強制執行の費用って?
  5. wakigaIMGL6857_TP_V

    任意売却

    住宅ローン不払いによる任意売却は増税前に済ませるが吉
PAGE TOP