OZP68_namennayo_TP_V

任意売却

なるべく連帯保証人に迷惑をかけずに任意売却する方法

住宅ローンが滞ると、放っておけば住まいは競売にかけられるだけでなく、債務は連帯保証人が支払わなければならない事態になってしまいます。連帯保証人やそのご家族に多大な迷惑をかけないためには、すみやかに任意売却の手続きをとることが重要です。

任意売却の仕組み

任意売却を行わなければならないケースとして以下の2つのケースが挙げられます。

・売却代金と預貯金を合わせても住宅ローンを返済できない場合。
・住宅ローンを滞納して競売にかけられそうな場合。

競売として扱われることが決定してしまった場合、通常の方法では不動産を売却することは不可能です。本人の意思で不動産を売る方法は任意売却しか残されていないのです。連帯保証人に対してはどうでしょうか。任意売却へ移行することは最小限に影響を抑える唯一の手立てだということを理解する必要があります。

連帯保証人への影響

住宅ローンが滞納した時点で、連帯保証人には次のような影響が出ています。

・債権者から連帯保証人に住宅ローンの支払いを請求される。
・連帯保証人の財産まで差し押さえられてしまう可能性がある。

連帯保証人は、債務者と同等の責任を負うため、債務者が住宅ローンを払う能力がなければ、代わりに返済することになるのです。

連帯保証人の仕組み

連帯保証人には、催告の抗弁権がありません。債権者は、連帯保証人に請求したほうが確実にローンを回収できると判断すれば、債務者より先に連帯保証人に対して請求されるケースも少なくありません。

債務者が住宅ローンを滞納した場合、連帯保証人もブラックリストに載ってしまう可能性も出てきます。そうなると、ローンが組めず、クレジットカードも利用できなくなり、様々な悪影響が生じてきます。

任意売却をして連帯保証人の負担を軽くする

連帯保証人への影響を最小限に抑えるために、競売が始まる前に任意売却を行うという方法があります。何の手も打たなければ、すべての責任を連帯保証人に負わせることになってしまうので緊急性が高いものと言えます。

任意売却には、以下のようなメリットがあります。

・市場価格に近い値段で売却できるため、残債を多少でも減らすことができる。
・残債を分割で支払うことができる可能性がある。
・減額してもらう可能性がある。
・引越し費用などを交渉してもらえる。
・連帯保証人への請求を止める可能性がある。

連帯保証人にできるだけ迷惑をかけないようにするためには、任意売却を通して住宅ローンを清算していくしかありません。

連帯保証人の同意を得ないと任意売却できない

任意売却をしてもなお、残債がある場合、連帯保証人にも支払い義務が残るため、不動産を任意売却するには連帯保証人の同意を得なければなりません。その際、任意売却せずに放っておけば、より不利な競売にかけられてしまうことを説明する必要もあります。

売却後に「任意整理」をすることで、少ない額での分割払いが可能になりますが、連帯保証人の一括請求を避けるには、同じように任意整理をすることで、多額の請求を避けることが可能です。

任意売却に強い不動産会社

住宅ローンが払えなくなったときに、何から手をつけていいかわからずに、戸惑う人も多いと思いますが、まずは、任意売却の専門知識を持った不動産会社に相談することが先決です。一人で抱え込まずに相談することが一番です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。連帯保証人の了解を得て、なるべく連帯保証人に迷惑をかけない任意売却をすることが最良の選択肢であることをお伝えしてきました。任意売却には専門の不動産会社に相談することがベストです。

任意売却に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  2. 督促状の納期限とペナルティについて
  3. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  4. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  5. 実は厳しい税金滞納への対応

関連記事

  1. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s

    任意売却

    任意売却の期限が意味する本当の理由とは何

    任意売却を行う場合に注意しておきたい事があります。住宅ローンの支払いが…

  2. wakigaIMGL6857_TP_V

    任意売却

    競売物件に住んでいる人がいる場合の対応とは

    競売で落札した物件に住んでいる人がいる場合、「物件から出てもらうにはど…

  3. 80609d583c975f50d05b36f524ff1a25_s

    任意売却

    競売における買受申出保証額とは何か

    競売は期間入札といって一定の期間を定め、その間に物件の購入意思を持った…

  4. a7be62f04cf45b8015855dc9c89c9b50_s

    任意売却

    不動産の売却に年齢制限はある?

    不動産は一般的に総額が大きくなり、売却の際にも売買契約書を締結し、譲渡…

  5. 98a259f9937ee8868bc245aac6a8dcba_s

    任意売却

    マイホーム購入の住宅ローンの返済途中で離婚が決まったらどうなる

    住宅ローンの融資まで受けて購入したマイホームも夫婦円満であれば宝物です…

  6. maxeIMGL8761_TP_V

    任意売却

    任意売却とはどういう制度なのか?

    マイホームを購入するとき、不動産に適用されるのが抵当権です。もし住宅ロ…

おすすめ記事

  1. 8d42bbdde97b94942a6c7126990bbfd5_s
  2. 80dc818397688d05ed6b9a90634c1e49_s
  3. yotaka0721IMGL5456_TP_V
  4. TSURU070701_TP_V
  5. tuchimoto07100I9A6603_TP_V

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. ff15cd4fa7872b26e6aa6ad26a6d84ab_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. tsuchimoto0I9A6505_TP_V

    賃貸オーナー様

    賃貸管理でクレーム対応するときの基本
  2. 62-2

    不動産基礎知識

    住宅ローンの追加融資は可能か?
  3. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s

    債務整理

    競売における強制執行の内容は、どんなもの?
  4. 80dc818397688d05ed6b9a90634c1e49_s

    任意売却

    任意売却を進めるうえで必要な「契約と書類の書式」
  5. e17516db652e8da1a8d83fe874a9b9d2_s

    任意売却

    任意売却・競売以外の住宅ローン支払い不可能状態における選択肢・個人再生とは
PAGE TOP