PAK85_berandatabakosuuookawa_TP_V

債務整理

債務整理で自宅などの不動産を残すことはできる?

債務整理とは多重債務によって借金の返済が出来なくなっている債務者が、任意整理、民事再生、自己破産によって借金を減額してもらったり、返済を免責してもらったりすることをいいます。
自宅などの不動産は手元に残したいけれども借金は減らしたいという都合の良い話はあるのでしょうか。

LP_banner_02

不動産が残せる任意整理
債務整理のうち任意整理であれば自宅でも自宅以外でも不動産を残すことは可能です。任意整理は弁護士などが債権者と交渉することで、借金について利息部分をカットしてもらうなどによって返済額を減らす方法です。任意整理は裁判所を通さずに行うことができ、整理対象の借金を選ぶことが出来ますので不動産の売却に関係の無いところで交渉を行う限りにおいて不動産を手放すという話になることはありません。
しかし、任意整理では減額できる借金の額にも限りがありますので、不動産を売却しないと話がまとまらないという金額の借金となると任意整理では対応が難しいということが言えます。

個人再生と自己破産
債務整理のうち自己破産は全ての借金の返済が免責となる方法で、債務整理の中では最も借金を減額することが可能です。しかし、所有している不動産は全て破産管財人によって換価され、債権者に分配されることになりますので、自宅であっても不動産を手放すことになります。
それではもうひとつの個人再生ではどうでしょうか。個人再生は個人再生計画が裁判所に認められて計画通りに返済をすることが出来れば残りの借金の返済が免除されるという制度です。この個人再生であればオーバーローンになっている不動産であれば手元に残すことが可能です。
住宅ローンを利用して自宅を購入しているのであれば、多くのケースではオーバーローンとなります。しかし、自宅の価値がローン残債よりも高くなっている場合であっても手元に残せる可能性があります。

個人再生と住宅資金特別条項
個人再生には住宅資金特別条項の適用が認められます。この条項とは住宅ローンはそのまま返済を続けていくことを条件に住宅ローン以外の借金についての減額、長期分割払いなどを認めるという制度です。この制度によって不動産のうち自宅を残すことが可能となります。ただし、住宅の価値が住宅ローンの残債よりも高い場合には注意が必要です。
例えば通常であれば100万円の最低弁済額で済むところが、住宅の価値が1000万円、住宅ローンの残債が300万円ということになると、差額である700万円が最低弁済額となるのです。それでも700万円を工面して返済をして自宅を残すか、自宅を諦めて売却して借金を返済するかはケースによると思われますので十分に検討のうえ判断するようにしましょう。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. マイホームを手放すことになってしまったら
  2. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  3. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  4. 督促状の納期限とペナルティについて
  5. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?

関連記事

  1. 0b47880855ce7834db11c862622d5377_s

    債務整理

    住宅ローンは金利だけでなく、総支払額、今後の金利の推移も重要

    住宅ローンは、住宅金融支援機構のフラット35のほか金融機関などで様々な…

  2. tuchimoto07100I9A6603_TP_V

    債務整理

    競売の代理人(代行)の仕事とは

    不動産の競売は、結構手続きなどが面倒です。そんな時に利用できるのが、競…

  3. OOK3S0420140125180412_TP_V

    債務整理

    債務の返済における優先順位について

    クレジットカードの支払い、カードローン、消費者金融からの借入返済など色…

  4. YUSEI_9V9A5290_TP_V

    債務整理

    競売申立と代位による相続登記の関係

    競売物件の所有者が亡くなった場合には、そのまま競売をする事ができません…

  5. 820aaef8afd8fc766c9d7bcb9bb4dec2_s

    債務整理

    競売での売却許可決定と代金納付の通知

    競売で入札に参加して、落札者が正式に買受人となるには、裁判所の売却許可…

  6. YUSEI_9V9A5290_TP_V

    債務整理

    競売の売却決定期日とは何? ~期限を守らないとどうなるのか?~

    住宅ローンなど借金の返済などを滞納してしまうと、債権者が債権を回収する…

おすすめ記事

  1. 08a5736b996b16667a8a9153188a54be_s
  2. tuchimoto07100I9A6603_TP_V
  3. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  4. tsuchimoto0I9A6505_TP_V
  5. 8ec23d519757eb7c1e0897ecb2577f46_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. d0251b6331e537c6a5a8e4fc48b5c3b5_s

    相続

    遺産相続でもめたらすべきこと
  2. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

    いろいろ

    競売不動産取扱主任者とは?
  3. 77db36de106fdfd782453af35ecddb39_s

    債務整理

    遅延損害金は債務整理によって免除可能?
  4. 90b86a36a5b817719f739e1b1b67caef_s

    債務整理

    金融機関からの借金にかかる債務保証とは何か
  5. c5397c02d905e430d82edc09e1c2e0fc_s

    任意売却

    競売の落札者は落札したあとはどうすればよいのか?
PAGE TOP