債務整理

住宅ローンを病気で払えなくなってしまったら?

住宅ローンを抱えていて病気を患ってしまった。来なら、住宅ローンを組むときは、団体信用生命保険に加入しますが、こちらの生命保険は、住宅ローンを組んだ者が死亡するか所定の高度障害状態になったときのみ保険金が支払われるのです。病気やケガなどは保証対象外なのです。

■任意売却とは?

任意売却は住宅ローン等の借入金を返済できない場合、住宅ローンが残る資産を金融機関の合意を得て売却する方法です。

■任意売却メリット

◎所有者の経済事情が通常の販売方法で売り出すので売却することが公になりません。
◎競売にくらべ市場価格で売却できるので、高く売却できる可能性があります。
◎売却に関して買主様に主張できるので、契約日や明け渡し日など仕事や子供の学校に影響を与えません。
◎引っ越し費用の一部を売却代金から控除してもらえ、引っ越しするにあたって金銭的負担などが軽減されます。

■任意売却デメリット

◎住宅ローンを3ヵ月以上滞納した場合は信用情報期間に登録される可能性があり、7年間程度は金融機関からの借入等が出来なくなる可能性があります。
◎連帯保証人がいる場合、任意売却に連帯保証人の同意がなければ、任意売却はすることができません。
◎市場価格で任意売却は行われます。市場価格と残責に開きが大きい場合、任意売却の同意を金融機関から得られないこともあります。

■任意売却と団体信用生命保険とは?

ローンの審査段階で、団体信用生命保険(民間金融機関)に加入させられ、返済している者が亡くなるかまたは高度障害になる場合、保険会社が本人に代わり残額を払います。銀行が保険料を負担しています。

ただし、死亡ではなく単純にローンを返済する者が期限の利益を喪失した場合、銀行は保証会社に代位弁済(債務者に代わり第三者が債権者へ債務の弁済を行う行為です)を求めます。銀行が保険料を負担しているので、代位弁済している時点で保険(=団体信用生命保険)の効力が失われます。保険会社から代位弁済後に本人が亡くなっても支払われず、ローン残高が残り、連帯責務者や連帯保証人にふりかかります。

以上のことから、仮に病気になった場合、そのことにより働けずローンが払えないといった状況にならないようにしないといけないというわけです。

■フラット35での団体信用生命保険の取り扱い

フラット35(住宅金融支援機構)の場合、団体信用生命保険はご自身の負担で任意加入となります。このため住宅ローンとは別に、年1回の支払いがあります。この場合住宅ローンが返済できなくなり任意売却する場合どうでしょう?

フラット35の場合、任意での本人負担なので住宅ローンを滞納し、期限の利益を喪失しても保険の効力は維持されます。ですから任意売却した後の1年間の保険料を払う本人が亡くなる場合、保険金支払いの対象となり、任意売却後の残責務弁済に充当することができます。

不動産売却に関して疑問やお困りごとがありましたら、お気軽に「アブローズ」までご相談ください。

ピックアップ記事

  1. 督促状の納期限とペナルティについて
  2. マイホームを手放すことになってしまったら
  3. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  4. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
  5. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク

関連記事

  1. 債務整理

    競売における配当順位を知ろう

    競売手続における配当順位があることは皆さんご存知でしょうか?一般的に競…

  2. 債務整理

    競売の売却決定日とは?

    競売物件の入札は誰でも参加することができ、通常の価格より割安に不動産が…

  3. 債務整理

    競売の入札結果が出た後はどうなるのか?

    競売の入札結果が出た後は、どのように結果を知ることになるのでしょうか?…

  4. 債務整理

    競落人に預託金(敷金・保証金等)の承継はあるのか?

    賃貸物件として使われていた建物を、借主がいる状態で競売により取得した場…

  5. 債務整理

    税務署が行う強制競売

    一般的な競売は裁判所が行います。しかし、税務署も競売ができます。なんで…

  6. 債務整理

    『破産手続開始決定(破産宣告)』から競売への流れ

    破産にもいくつかの種類があるというのはご存知ですか?破産管財人が選…

おすすめ記事

おすすめ記事2

特集記事

アーカイブ

  1. 債務整理

    競売に対しての不動産投資はレベルが高い
  2. 賃貸オーナー様

    マンションにおけるトラブルの発生状況
  3. 債務整理

    土地だけの競売による「法定地上権」に対する注意点
  4. 相続

    相続を円満に進める方法
  5. 債務整理

    競売での立ち退き!
PAGE TOP