債務整理

競売を示す事件番号(ケ)とは

不動産競売は裁判所によって執り行われます。法律に関連する様々な案件を取り扱う裁判所では、案件を分類するために事件番号が用いられ、競売に関する部類には(ケ)という事件番号が見受けられます。これはどのような意味を持つものなのでしょうか。見ていきましょう。

競売とは

裁判所が債権者の申し出に応じ、債権回収のため債務者の資産を売却する措置。それが競売です。これをもう少し平易にまとめると、以下のような経緯となります。

何らかの理由により、借金などの負債を抱えることになった人すなわち債務者は、負債を受け取る権利を持つ側すなわち債権者への返済義務を果たさなければなりません。その返済は金銭によってなされるのが常です。仮に債務者が金銭を工面できなくなると、返済不履行となってしまいます。

そうなった場合、負債が発生した条件によって、債務者の財産を処分して負債回収に充てる権利が、債権者側に認められるケースも生じます。その債権者側の権利に基づく請求に応じて、裁判所が債務者から財産を差し押さえ、これを売却して現金化し、債権者側に渡す措置が取られます。

その中で行われる、債務者の財産を売却する手段が、競売に当たるわけです。債務者から不動産が差し押さえられる場合、それが不動産競売にかけられることになります。不動産競売では、購入希望者を入札形式で募り、その入札の中で最高金額を提示した人に落札されるという方法が取られます。落札者は自らが提示した金額で該当物件を購入することになるわけです。

本来、一般的な不動産売買は該当する土地や建物の条件によって定められる評価額に基づいて取引されます。しかし競売では、不動産評価額が基準とされることは特にありません。そのため、一般的な不動産売買より安価に購入できる傾向にあります。

その反面、競売では、通常の不動産売買にはまずあり得ないリスクを伴うケースも少なからず見受けられます。主なところとしては、前の所有者の家財が放置されている残置物の問題、落札後も前の居住者が立ち退かない占有者の問題などが挙げられます。

差し押さえ後の競売という性質上、債務者からすれば自らが望まない財産処分と言えるでしょう。そういった側面が、落札者へのリスクとなって影響してくるわけです。

(ケ)は何を意味するのか

競売不動産の情報には、裁判所が扱う案件を分類するために用いる事件番号が振られています。その中で、(ケ)という符号が記されている場合に関しては、その競売物件が抵当権の実行に基づくものということを意味します。

抵当権とは、債務者から債権者への負債返済が滞った場合、債権者側に認められた権利です。債務者の財産を処分し、負債回収に充てることが可能であるということを意味します。
この抵当権が定められる主なケースとしては、住宅ローン契約が挙げられます。

住宅ローンは、マイホームなどを購入する際、金融機関から資金を借り受け、その負債を月々の定期支払いなどによって分割返済していくという内容の契約です。その分割返済が一定期間滞った場合、抵当権を有する債権者の求めに応じ、購入したマイホームが裁判所によって差し押さえられ、競売にかけられる流れとなります。

事件番号(ケ)の記載から、ローンなど借金の代わりに差し押さえられた物件であるという背景を窺い知ることができるわけです。

まとめ

以上の内容から、不動産競売の基礎的部分を踏まえつつ、事件番号(ケ)の記載は債権者側の抵当権行使による競売物件を意味することについて確認してまいりました。

また文中で見た通り、不動産競売には購入後の様々なリスクが考えられます。その対応策として、競売および前物件所有者との交渉手段などに精通した不動産会社によるサポート体制を構築しておくことが極めて有効と言えます。

競売に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  2. 競売における売却基準価額とは何か
  3. マイホームを手放すことになってしまったら
  4. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  5. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう

関連記事

  1. 債務整理

    競売における民事執行法とはどのような意味をもつのか

    かつては、競売に関する法律には、「競売法」と「民事訴訟法」がありました…

  2. 債務整理

    住宅ローンは金利だけでなく、総支払額、今後の金利の推移も重要

    住宅ローンは、住宅金融支援機構のフラット35のほか金融機関などで様々な…

  3. 債務整理

    法律上の債務と会計上の負債の違いについて

    お金を払わなければいけない状態を、債務を負っているとか、負債を抱えてい…

  4. 債務整理

    競売の落札後の進行と強制執行費用

    競売物件を落札した後も、その場所に不法占拠する住民がいる場合も少なくあ…

  5. 債務整理

    債務整理における積立金の意義と返金のケース

    債務整理のなかで任意整理を弁護士等に依頼すると、積立金を要請されるケー…

  6. 債務整理

    競売に対しての不動産投資はレベルが高い

    競売にかけられる物件は、市場価格の5割から7割くらいの値段で取引されて…

おすすめ記事

おすすめ記事2

特集記事

アーカイブ

  1. 債務整理

    競売における3つの価格
  2. 債務整理

    競売物件として差し押さえられたら、その後どうする?
  3. 不動産基礎知識

    裁判所における不動産競売の仕組み
  4. 任意売却

    なるべく連帯保証人に迷惑をかけずに任意売却する方法
  5. 不動産基礎知識

    競売にかけられた不動産に共有者がいる場合
PAGE TOP