1198294_s

任意売却

競売よりも負債が減らせる任意売却

住宅ローン滞納など、主に負債の返済不履行が発端となる不動産競売。売却額の面から見ても、物件所有者である債務者には不利な不動産処分と言わざるを得ません。そのデメリットを緩和する手段として、任意売却という方法が挙げられます。どういったものなのか見ていきましょう。

不動産競売とは

債権者からの申し出を受け、裁判所が債務者所有の不動産を入札形式で売却し、その売上金を債務返済に充てるという法的な仕組み。それが不動産競売です。その準備期間のうちに該当不動産が差し押さえられ債務者の所有権が制限されるなど、競売に当たっては債務者の意志が反映されることはありません。債務者側の視点からは司法主導による強制的な売却にも写ることでしょう。

マイホームが競売対象となる場合、その発端は住宅ローンの滞納にあると言えます。マイホーム購入時に金融機関から資金を借り受け、毎月の定額支払いをメインに長期に渡って返済していく方法。それが住宅ローンです。

住宅ローンの支払い延滞が連続すると、「期限の利益喪失」という事態に陥ります。これは、住宅ローン返済について、月々の分割で支払っていく方法が取れなくなることを意味します。残ったローンについて、原則として一括払いで請求されるわけです。これに伴い、ローンの返済先すなわち債権者が金融機関から保証会社へと変更されます。

債権を得た保証会社は、裁判所へ競売の申し立てを行います。これによって債務者は、残ったローンの全額一括払いに応じられなければ、マイホームを処分してその売上金をローン返済に充てなければならない立場となります。

競売開始が決定され、その期日が確定されると、物件の買い手を募る入札が開始されます。競売落札日までに購入希望者の中で最も高額な買い取り額を提示した入札者が新たなる所有者となり、債務者は事実上マイホームを失うこととなるわけです。また、落札日に至るまでの間に不動産の差し押さえが行われ、債務者は該当物件を自由に扱えなくなります。

競売が落札に至り、マイホームが売り渡されたとしても、それで債務者のローン残額が全てなくなるとは限りません。売却額がローン残高に届かず残債が生じてしまうと、債務者はその分の負債をマイホーム処分後も継続して担わなければならないわけです。

競売では正規の不動産売買と異なり、不動産評価額を度外視した売買が行われます。あくまで入札額のうちの最高値が売却価格となり、結果的に通常の不動産売買より少額となるケースが主です。そのため、マイホーム処分後の残債減額を視野に入れた場合、競売は不利な処分方法と言わざると得ません。

任意売却とは

競売よりも残債減額を見込める方法としてお勧めできるのが、任意売却です。通常の不動産売買と同様、不動産評価額に則って売却額が設定されます。そのため、競売時の落札価格より多額の売上額が見込めるというわけです。そのため、売却後の残債額を競売時以上に減らせる効果が期待できます。

任意売却には、通常の不動産売買契約とは異なる点が見られます。まず挙げられるのは、売買契約に至るまでの期限が設定されている点です。任意売却は、競売の準備期間と並行して進められることになります。買い手が見つからないまま競売落札日を迎えると、マイホームの処分方法が競売で確定してしまいます。

そのため、任意売却においては、落札日をタイムリミットと定め、それより早く契約完了に至ることが重要となります。

加えて必要不可欠となるポイントは、債権者による抵当権抹消です。抵当権とは、貸した資金が戻ってこない場合、返済の代わりに債務者の資産を担保にできるという、債権者側に認められた権利です。その抵当権に基づいて差し押さえや競売が行われることになります。

任意売却においては、その抵当権が不動産に掛けられているため、債務者側に権利があることになります。そのため、売買契約締結においては抵当権抹消という形で債権者の同意を得る必要があるわけです。売上金についても直接債権者側が受け取り、ローン返済に充てる流れとなります。

まとめ

以上のように、不動産競売と任意売却それぞれの特徴を見ながら、負債を減らすには任意売却が有効であることを確認してまいりました。

任意売却では、買主を募る一方で債権者との交渉も必要となります。そのため、一般的な不動産会社では扱いが困難となり、どの不動産会社でも対応可能というわけではありません。希望する際には、任意売却にも応じられる不動産会社に依頼することが肝要です。

競売に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 後妻の子の相続における取り扱い
  2. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  3. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  4. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  5. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!

関連記事

  1. 8187312d477c063de287d430b07a0062_s

    任意売却

    住宅ローン滞納などにより実行される競売の入札方法

    住宅ローンの滞納を続けていると、債権者は債権回収のための最終手段として…

  2. e90f4bb6becc0920a05301bba093cefd_m

    任意売却

    国税などの滞納によって行われる競売

    住宅ローンの滞納が続いた結果、融資を行った金融機関が返済不可能と判断し…

  3. 07156f9040afb7d9dc043a83eda41412_s

    任意売却

    不動産の売却に係る領収書と収入印紙

    不動産など高額な金銭の授受を行う場合には、契約書や領収書に収入印紙を貼…

  4. TSURU070701_TP_V

    任意売却

    競売のタイムスケジュール

    借金の返済ができなくなると、債務者は財産を差し押さえられます。その財産…

  5. 0ffd5af2fd62017480fb4824fc698691_s

    任意売却

    任意売却による売却損と確定申告

    不動産を売却を行って売却益が出た場合には確定申告を行う必要があります。…

  6. 07ef3672dffcbcc5378b19c6a6a5202f_s

    任意売却

    税金を滞納!自宅を差し押さえられていても任意売却は可能?

    「税金が支払えず滞納した結果、自宅を差し押さえられた。こんな状況では家…

おすすめ記事

  1. 1012318_s
  2. OZP68_namennayo_TP_V
  3. tsuchimoto0I9A6505_TP_V
  4. 4420619_s
  5. 4329082_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. ff15cd4fa7872b26e6aa6ad26a6d84ab_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 4121541b90b39140f090f76a41e23493_s

    離婚と不動産

    離婚時の家の対処方法で贈与と財産分与
  2. 48db2bd79c94a72e3ce38b9493dc6295_s

    不動産基礎知識

    競売の不動産競売続行決定とは
  3. 2cf9df3135b7248ac7f534761f1ddc36_s

    債務整理

    家賃を滞納した借主が債務整理を行った場合の対応
  4. 30e5e4234cf707ba6dc394e2cabff858_s

    不動産基礎知識

    住宅ローンで家を購入すぐに住まないときは?
  5. 1d1f73c08dfb931fc4286886e2a09407_s

    いろいろ

    住宅ローンに必要不可欠な納税証明書とは?
PAGE TOP