S001_megane0120140830145829_TP_V4

不動産基礎知識

住宅ローンによる借入に勤続年数はどれだけ影響するか?

住宅ローンによる融資の審査項目に勤続年数があるという事ですが、この勤続年数は融資にどれだけの影響を与えるものなのでしょうか。

住宅ローンが重視するもの
住宅ローンに限った話ではないですが、金融機関が融資をする場合に最も大切な事は貸し出した元本と利子を返済してもらう事です。この事を前提として住宅ローンの融資の可否について、融資を申し込んだ方のプロフィールと担保となる物件、すなわちマイホームの審査を行います。
この時のプロフィール審査で、勤続年数が審査項目となり、勤続年数が短いと融資額に影響を与えるだけでなく、金融機関における融資基準に満たなければ融資が受けられないという事もあります。勤続年数が長ければ社内でそれだけの地位にあることが推察され、また、離職する可能性も低くなるというのがその理由です。

審査基準の緩和傾向
住宅ローンの審査において、融資申し込みをした人の勤続年数の要件は少し前までは相当に厳しく、3年以上の勤続年数を審査の要件とする事が多かったようです。
しかし、現在では人材の流動化などもあり転職が一般化してきた事により、以前よりも勤続年数の要件は緩和されてきています。金融機関によって基準は異なりますが、1年以上の勤続年数であれば問題無しとする金融機関が多くなってきており、1年未満でも可、そもそも勤続年数を審査対象にしないというところも出てきています。
すなわち金融機関が重視するのは、返済可能な収入があるかどうかが重要な点なのであって、勤続年数はその判断にあまり影響を与えないという考えにシフトしてきていると言えます。そして、住宅ローンの融資において、この傾向は大手の銀行よりも、ネットバンキングを始めとした新興の金融機関に多くみられると言えます。

勤続年数が短いと前職が影響
勤続年数が短いというだけで住宅ローンの審査に落ちるという訳ではないという事が分かりました。したがって現在の収入に基づく返済比率や総返済負担率が大切である事は間違いありませんが、長期的な返済が可能かどうかも大切な点です。
金融機関としては長期に渡る返済を続けられるかどうか、という観点から前職や職歴を審査する事となります。勤続年数が短くても、同じ業界でのステップアップ、グループ会社への転職であれば良いのですが、全く関連の無い業界への転職や短い期間での転職を繰り返している場合には、融資を断られるケースもあると言います。
もし、勤続年数が短くて住宅ローンの融資を断られたと思われる場合には、2、3年勤続した後に再度申込をしてみると融資が受けられるかもしれません。

ピックアップ記事

  1. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  2. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  3. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  4. 督促状の納期限とペナルティについて
  5. マイホームを手放すことになってしまったら

関連記事

  1. ac76d8f70cc3404b711e90346e04c406_s

    不動産基礎知識

    単身赴任によって住宅ローンの控除が受けられない?

    住宅ローンを利用する人にとって住宅ローン控除は大変ありがたい制度です。…

  2. cb363ac132747bdc121cf50218c723e7_s

    不動産基礎知識

    競売における続行決定申請とは何か

    競売の申立てが行われた後に競売続行決定という通知が出されることがありま…

  3. 6bd3f21616abc28873c6613afa40ff91_s

    不動産基礎知識

    マンション賃貸における更新料の性格

    マンションを賃貸していて契約期間の満了時に更新料の請求を受ける事があり…

  4. d6fca72883ecd0679a15893cfc170022_s

    不動産基礎知識

    競売の終結と取り下げにみる競売の回避方法

    不動産が競売に掛けられるととても安い金額で売却されてしまい、最終的には…

  5. f97e73afcc4c80d8dfcf15090d2458da_s

    不動産基礎知識

    競売物件に内包されるリスクについて

    競売は裁判所で行われますが、競売特有の事情により不動産会社の仲介による…

  6. 65 (6)

    不動産基礎知識

    不動産売却によって発生した利益~不動産売却益ってなに?~

    不動産を売却した場合、利益が出ると「不動産売却益」といわれるのですが、…

おすすめ記事

  1. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  2. SEP_327215200714_TP_V
  3. 08a5736b996b16667a8a9153188a54be_s
  4. 48c1705d6817021cc8f4f0d9050c7c28_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 68 (2)

    任意売却

    不動産競売に関係する費用とは!
  2. 9ee3208441856885cf9452ad69e070b0_s

    不動産基礎知識

    競売による売却の結果、発生した残債の扱いは?
  3. 255cde19bf12f0de75310258fd3d6e10_s

    任意売却

    債権者が任意売却に応じる理由
  4. 79857a1193685112791775c6883a8761_s

    任意売却

    競売物件にかけられた抵当権は抹消できる
  5. 425336ab550c91657ebac53dc7a64c00_s

    不動産基礎知識

    不動産競売申立に必要な費用と取り扱い
PAGE TOP