maxeIMGL8761_TP_V

不動産基礎知識

不動産競売で銀行のローンは使えるのか?

通常の不動産売買に比べ、安価で中古物件を購入するチャンスがある不動産競売。しかし、比較的安いとはいえ不動産購入は大きなお買い物、持ち金のみで支払いを済ませるのはなかなか大変でしょう。銀行ローンを利用する手もあるのです。その方法について見てまいりましょう。

従来の不動産競売は現金一括払いが原則、でしたが・・・

かつて競売物件の購入では、買受人は落札代金を全額まとめて支払わなければならないルールが取られ、そのため資金力のある方しか参加できない性質のものでした。ですが近年、より多くの人たちが容易かつ積極的に競売に参加できるよう、ローンによる支払いを認めるなど法改正が進められています。

それに伴い、銀行など金融機関も競売購入の際のローンに応じるサービスを、徐々に開始していく傾向となってきました。

不動産競売でローンを用いる際の手順

競売物件をローンすなわち金融機関から融資を受けて買えるようになったのは、民事執行法第82条第2項という法律が設定されたことによるものでしょう。その説明を交えつつ、不動産競売における融資の利用法を確認していきましょう。

融資が決定されるには3週間ほどの審査期間を要するため、競売物件の代金納付期限内に融資が実行されるよう、しっかりタイムスケジュールを立てて進めていかねばなりません。

まず、競売の入札準備と並行して金融機関と融資の相談を進めていく必要があるでしょう。
物件によっては融資不可にあたるものもありますので、よく確認しておきましょう。

競売物件の閲覧期間である1カ月が入札準備期間に相当しますので、その間に入札参加を決め、それに併せて融資先の金融機関も決めておくことがベストです。その後、1週間の入札期間が置かれ、この間に入札参加資格を得るための保証金を競売の主催者である裁判所に支払います。

この保証金とは、競売物件について不動産鑑定士が評価した場合の金額の2割に相当し、競売の入札者全員が予め納付しておくものです。落札できなかった参加者には全額返還されますが、落札者すなわち買受人は、購入代金からこの保証金を差し引いた額を期限内までに支払うことで、物件を購入するという流れとなります。
仮に落札した後その金額を納付できなければ、物件が入手できないのはおろか、保証金すら戻ってこないという事態になってしまいます。ここで注意しておきたい点は、融資を受ける前に物件の評価額の2割に当たる保証金に関しては、自分で用意しておかねばならないということです。これをクリアできなければ入札への参加自体が不可能となります。

入札期間終了後の開札期日で、提示された入札金額中最高値が明らかとなり買受人が決定しますが、実際の売却許可決定日はその1週間後です。その間可能であれば金融機関に仮審査を申請しておくことで、その後の融資決定までの流れをよりスムーズにすることができます。

売却許可決定日に裁判所から売却許可決定謄本が発行されます。融資に必要なその他書類等を用意しておけば、この謄本を入手したその日から融資審査を開始できるでしょう。

順調にことが進めば、落札代金納付期限までに融資が決定するでしょう。
ですが、融資の受ける際には事前に、「民事執行法82条2項の規定による申出書」を裁判所に提出していなければなりません。この書類には、金融機関が指定した司法書士の署名などが必要です。

通常の不動産売買では融資実行と同時に不動産担保の手続きが必要となりますが、競売物件購入で融資を希望する場合、落札額未納状態の買受人はまだ物件所有者になっていないため担保の手続きが出来ません。民事執行法82条2項はその時間差を埋めるための取り決めと考えて差し支えないでしょう。

上記の手順を経て、融資金額を競売物件代金として裁判所に納付し、物件は買受人の所有となり後は月々ローンを金融機関へ返済していく段取りとなります。

競売融資の注意点

前項の手順を追っていくことで、所々に注意を要するポイントが垣間見えてきます。

入札参加に物件評価額の2割の金額を用意しておかねばならないことや、諸々の手続きを遅滞なく行うこと、そして最も気を付けなければならない点は、落札できたとしてもその時点で融資が決定しているわけではないので、結果的に融資不可となれば入札参加時に支払った保証金が損失となってしまうリスクが含まれること、ではないでしょうか。

この手の融資に慣れていない方にとっては、果たして本当に融資を得られるのかどうか見極めが付きにくいものです。まず、競売の融資に詳しい専門家に相談し充分に検討を重ねることが第一でしょう。

まとめ

以上のとおり、不動産競売をローンすなわち融資で購入する際の手順とその注意点について見てまいりました。リスクを極力回避していくためにも、まずは信頼のおける専門家のアドバイスを伺うことをお勧めします。

競売に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  2. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  3. 不動産の売却に年齢制限はある?
  4. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  5. 後妻の子の相続における取り扱い

関連記事

  1. laptop-3190194_1280

    不動産基礎知識

    目標を持って不動産投資を行うことの重要性

    歴史的な低金利が続いていることもあり、資金調達が容易になったことから不…

  2. d58f014d5c15a3554e2549eba31fd032_s

    不動産基礎知識

    賃貸経営における自己資金の重要性

    不動産投資ブームによって賃貸用マンションなどを購入して賃貸経営を行う方…

  3. 5af1903dcce1fee21d9f085ad8394a4f_s

    不動産基礎知識

    競売売却代金の交付と余剰金の発生

    競売が実行された結果、競売物件の売却代金は債権者に交付されることになり…

  4. c28e35929a2c3d1ac9e2022295026282_s

    不動産基礎知識

    不動産の競売における担保権に抵当権が多い理由

    裁判所で行われる不動産競売には強制競売と担保不動産競売とがありますが、…

  5. d80f66df0a4c0c7c9f638f5d1f4146b1_s

    不動産基礎知識

    破産管財人による任意売却とは?

    任意売却というと住宅ローンの返済などができなくなってしまった人が債権者…

  6. 66

    不動産基礎知識

    確実に利益を得る不動産投資の選択肢

    近年のゼロ金利政策によって、預貯金の利率での投資は期待できない状況です…

おすすめ記事

  1. 07ef3672dffcbcc5378b19c6a6a5202f_s
  2. a2753d1ced117d10c4c2e92389305424_s
  3. 33cf43a355640b9127b15805d596924c_s
  4. OZP68_namennayo_TP_V
  5. a2753d1ced117d10c4c2e92389305424_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 3092b594387976da880f943cf9ebad9b_s

    相続

    離婚した相手との間の子供は相続の権利を持つのか
  2. f330603ea3f5c025211eca89303f67a1_s

    債務整理

    税金滞納による差押えを債務整理で解除できるか?
  3. OZP68_namennayo_TP_V

    任意売却

    競売の申立取り下げとは何か?
  4. AL005_konnnahazujyanakatta20140830_TP_V

    債務整理

    債務整理における委任状の取り扱いについて
  5. 33cf43a355640b9127b15805d596924c_s

    任意売却

    任意売却を決意できるまでの期間
PAGE TOP