ba1d175f97ab58aa3f965d593d85aad8_s

不動産基礎知識

不動産競売における物件数の推移

不動産競売は全国の地方裁判所で行われています。ひとつの機関が取り扱う物件数としては日本最大であることは間違いないでしょう。この裁判所で扱われる競売物件数はどのような推移をしているかを見ていきましょう。

LP_banner_02

不動産競売物件数
競売物件数ではありませんが、裁判所の司法統計によると過去10年の不動産等を目的とする担保等の実行としての競売等の事件総数、終結数、取り下げ数は下記のように推移しています。

総数
終結
取下げ
平成18年度
61,046
42,493
14,333
平成19年度
51,430
36,324
11,668
平成20年度
49,907
34,887
11,493
平成21年度
64,254
45,502
14,656
平成22年度
60,198
43,969
12,975
平成23年度
45,549
33,012
10,212
平成24年度
39,758
29,135
8,874
平成25年度
33,522
24,420
7,722
平成26年度
27,586
20,429
6,037
平成27年度
23,070
16,939
5,183

上記は担保権等の実行のため、土地や建物などに抵当権などを設定した不動産などが扱われた事件の数となります。これをみると、この10年で4割程度まで事件数が減少していることが分かります。
事件数と物件数は同じではありませんが、概ね近い数字になると考えられます。

競売物件の数が減少した理由
平成21年度に競売の事件数が過去10年の間で最大になったのは、平成20年9月に起こったリーマンショックが大きな要因になっていると考えられます。リーマンショックが引き起こした経済情勢の悪化は日本にも無関係ではなく、多くの失業者の発生や家計の収入減少を招きました。これにより住宅ローンを始め借入金の返済が困難になり多くの競売事件が起こりました。

しかし、平成21年12月に「中小企業金融円滑化法」が施行され状況に変化が現れます。この法律は中小企業から借入金の返済の猶予が減額の相談された場合、金融機関は可能な限りの対応を行うことを命じたものです。この法律の対象には住宅ローンも含まれており、住宅ローンの返済についても同様の対応が金融機関に求められ、この結果、競売が実行に至る事案が大幅に減少することとなりました。そして、この中小企業金融円滑化法は2013年3月に終了しましたが、金融機関は施行中のスタンスを踏襲したため競売事件数の減少傾向が継続していると考えられます。

任意競売の拡大も減少の理由
競売事件数の減少、すなわち競売物件数の減少には任意売却も大きな理由です。任意売却は、競売実行を回避する限られた手段の中のひとつです。従来は競売の実行への対応策を持つことができず、ただ売却を待つだけだった方もインターネットの普及などにより任意売却について知ることが出来るようになったこともあります。
借入金の返済猶予などは、問題の根本的な解決にならない場合があります。このようなとき問題の解決のために競売よりも任意売却を選択される方が増えてきているということだと考えられます。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. マイホームを手放すことになってしまったら
  2. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  3. 督促状の納期限とペナルティについて
  4. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  5. 不動産の売却に年齢制限はある?

関連記事

  1. 056

    不動産基礎知識

    競売における保証金の取り決めとその役割

    保証金とは、将来に発生する事象について責任を取ることを明らかにするため…

  2. 56f5a148a5a12416b75455169a6f6e48_s

    不動産基礎知識

    競売の費用負担は誰がするの?

    債務者が住宅ローンなど貸入金の返済ができない場合に、債権者は債務者に対…

  3. 74e74abfec7a4a979a1c2a54fa2a8f6a_s

    不動産基礎知識

    不動産売却内覧の準備ポイント

    住宅の売却を不動産会社に依頼した場合、不動産会社は住宅売却の宣伝をはじ…

  4. 0c49fed30ab608cb0fdcf90d8105d7c9_m

    不動産基礎知識

    アパート、マンションの賃貸経営で重要な建築費

    アパートやマンションなどで賃貸経営を行おうとしたら、当然ですが賃貸用の…

  5. 46eae604e410fa8f445209cffba92044_s

    不動産基礎知識

    競売における法定地上権とは何か

    日本の不動産は土地と建物を別個のものと捉えています。このため土地と建物…

  6. 1ca9a59974db96e68e5cb129bdb6b8dc_s

    不動産基礎知識

    督促状と催告状の違いをご存じでしょうか

    督促状と催告書は同じようなものだと思っている方も多いのではないでしょう…

おすすめ記事

  1. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  2. 39e69dad7400962aaca382d4d8ad5edb_s
  3. 651d88f37211903ac2996d459df2317e_s
  4. 48c1705d6817021cc8f4f0d9050c7c28_s
  5. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 007KZ1868_TP_V

    賃貸オーナー様

    家賃滞納における督促状の作成と効果
  2. 7cfd7b45f4ea2e2390c5d65c58a919e8_s

    任意売却

    競売における明け渡し猶予期間制度について
  3. 4dc0fe5096ee5b59773f6a5c134704a7_s

    任意売却

    住宅ローンを利用する際の分割実行とつなぎ融資の違い
  4. 93a14150dc7df1036437184f1518b57e_s

    相続

    相続放棄による所有者が存在しない物件の競売
  5. 420d42fde4247c4ab0c1bb6f83b88ad2_s

    任意売却

    住宅ローン返済に関する悩みは任意売却で解決
PAGE TOP