59d9930f0edf7f5f5c17d675c8988488_s

不動産基礎知識

競売における占有者を退去させるための手段としての引渡命令

不動産競売において、最も大きなトラブルになりやすいのが建物の明け渡しです。人と人とのことですので、感情という問題が入り込むために思わぬトラブルに発展することもあります。
過去には競売物件からの退去を巡り大きな事件になったこともありました。このようなことの無いように競売物件からの退去を求める手段として引渡命令を得て、強制執行するという手段があります。

LP_banner_02

■何故トラブルが起きるのか
建物の明け渡しでトラブルが起こるのには理由があります。単に他に家もなく、転居先もないという理由もあるでしょうし、家に対する思い入れが強いために退去が受け入れられないという理由もあるでしょう。そして、最もトラブルになり易いのは占有者が金銭の受領を目的として占有を行っているケースです。
もともとの所有者が転居のための引越し費用などを出して貰いたくて占有を続けているケースもあれば、少なくなりましたが占有屋と呼ばれるような人が居座っているケースも完全になくなった訳ではありません。
落札者の対応としても、お金を払ってしまう人もいれば、払う義務はないため別の方法で退去をさせる人もいます。しかし、お金を支払っても退去してくれるという保証がある訳ではありません。最近は最初から引渡命令を経て強制執行を申し立てるという人も増えてきているようです。

■建物を明け渡してもらうには
不動産の明け渡しは、通常のケースでは明渡請求訴訟を起こし、勝訴判決を得て明渡の強制執行を申し立てることとなります。この方法だと裁判に大変な時間が要することとなり3~6カ月は掛かることとなります。一方、競売物件であれば簡略された手続きで強制執行を申し立てることが可能です。
まず、引渡命令を申立てて、最短3日程度で引渡命令の決定を得ることができ、引渡命令の確定を待って強制執行を申し立てることが可能です。落札者は物件の代金を納付した日に引渡命令の申立てを行うことが出来ることから、占有者との交渉には一切に応じず淡々を強制執行の手続きを取る方もいらっしゃいます。

■結局は退去せざるを得ない
マイホームを手放したくないと思って占有を続けていても最終的には強制執行によって退去せざるを得ない状況になります。
また、落札者の立場が法改正によって強くなったこともあり、交渉によって金銭を受領しようとしても上手くいかないケースが増えています。強制執行を妨害するようなことがあれば、強制執行妨害等罪などに問われることもあります。強制執行を妨害することは犯罪行為なのです。
最終的に退去せざるを得ないのであれば、気持ちの整理を付けて競売ではなく、任意売却を選択することをお勧めします。任意売却であれば、債権者との交渉次第では引越費用を手に入れることもできない話ではありません。
強制執行によって追い出されてしまうよりも、より良い再出発のためにも任意売却をお勧めします。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  2. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  3. 競売における売却基準価額とは何か
  4. 不動産の売却に年齢制限はある?
  5. 不動産売却の時に重要な登記費用について

関連記事

  1. 6c2c082980ec7bc73d8a6efde028a60c_s

    不動産基礎知識

    競売を実行された債務者が負うリスクとは?

    競売の実行におけるリスクというと、競売物件に潜むリスクや明け渡しのリス…

  2. aad2e3279cb37e9086004a54f1059e1a_s

    不動産基礎知識

    競売で売却された物件の敷金等一時金の取扱いについて

    競売では自分で住んでいるのではなく、他人に貸している物件が売却されるこ…

  3. 0783825fbce5157107ea401b8d87e432_s

    不動産基礎知識

    住宅ローンの破綻は家庭の破綻に繋がりやすい

    競売となった物件を見ていると、住宅ローンの返済が出来なくなったことによ…

  4. 968cfadd0016904dcb0f5004b24dc46b_s

    不動産基礎知識

    賃貸経営での管理会社の義務と役割の区別

    アパートやマンションの賃貸経営をする上で、管理会社の役割は必要なものと…

  5. 3be5da6a41750f9431e4ecc8f0e900a5_s
  6. green_Floppyookawa20141024222308_TP_V4

    不動産基礎知識

    賃貸経営への考え方が利益率に影響を及ぼす

    歴史的な低金利が続き、資金調達の環境が良好になったことから賃貸用のアパ…

おすすめ記事

  1. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s
  2. 19d8489906a37f86eade48bf3900b18b_s
  3. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s
  4. 651d88f37211903ac2996d459df2317e_s
  5. 612

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. tuchimoto07100I9A6603_TP_V

    債務整理

    競売の代理人(代行)の仕事とは
  2. 39e69dad7400962aaca382d4d8ad5edb_s

    賃貸オーナー様

    不動産を購入、賃貸管理会社を活用しよう!
  3. 9c208ca774b2137264821eee610c3371_s

    不動産基礎知識

    住宅ローン返済中のマイホームを賃貸できる?
  4. 612

    債務整理

    難解な競売の配当要求申立てについて詳しく紹介
  5. tuchimoto07100I9A6603_TP_V

    賃貸オーナー様

    使ってない一戸建てがあるなら賃貸として管理してみよう
PAGE TOP