bbfea24d8e27d4f71d5aa2e3fe0f23ad_s

不動産基礎知識

住宅ローンの返済額についての考え方

住宅ローンについて重大な要素を3つ挙げるとしたら、借入額、返済期間、返済額になるのではないでしょうか。金利は基本的に提示されるものですが、借入額と返済期間は基本的には借主側で決めることが可能です。借入額と返済期間の組み合わせで返済額が算出されます。

LP_banner_02

例えば返済額が月に10万円だとした場合に、借入額を大きくしたい場合には返済期間を長くすれば良く、返済期間を短くしたい場合には借入額を小さくすれば良いのです。

返済額はなるべく多いほうが良い?
住宅ローンは長期間となるためにその返済についても色々な考え方があると思います。よく言われるのは長い期間によって支払う利息相当額が高額になるため、出来る限り早期に返済を終えてしまうほうが良く、繰り上げ返済も積極的に行ったほうが良いというものです。となると月々の返済額も支払える範囲でなるべく多くしたほうが良いのでしょうか。
確かに支払う利息相当額は少なければ少ないほうが好ましいのですが、長い返済期間にはまとまったお金を必要とする局面もあるかと思いますのである程度の余裕を持った返済額とするほうが良いかと思います。

返済額はなるべく少ないほうが良い?
毎月の住宅ローンの返済額はなるべく少ない方が良いという話もありますので紹介します。
同じ額を借り入れているとすれば、返済期間を長くすれば毎月の返済額は少なくなります。
毎月の返済額を少なくすれば、毎月の生活に余裕が生まれますし、貯蓄をすることで急にまとまったお金を必要とすることがあった場合にも対応できる可能性が高くなります。
また、返済額を少なくすることによって生まれた余裕資金を資産運用することで支払う利息相当額以上の収益をあげられるのであれば決して悪い選択ではないと思います。特に低金利が続く環境では、良い方法かもしれません。

多様化する返済方法
20年ほど前の住宅ローンの金利は、今よりも相当高いものでした。例えばフラット35の金利は3%を超えていました。このように高金利時代では、返済を早く終わらせることによる節約効果は大変大きなものでした。しかし、低金利下においてはその考え方に変化が出てくるのも当然のことかもしれません。

住宅ローンの返済額が多いほうが良いのか、少ない方が良いのかは一概に決められるものではありません。住宅ローンを借りる方の人生設計やお金に対する考え方によって異なるものです。しかし、この返済額によって毎月の家計は大きな影響を受けるのですから、しっかりと検討した上で決定する必要があります。返済の滞納は発生しないのが何よりですから、ある程度の余裕を持った返済計画を立てられることをお勧めします。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  2. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  3. マイホームを手放すことになってしまったら
  4. 後妻の子の相続における取り扱い
  5. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために

関連記事

  1. 1ca9a59974db96e68e5cb129bdb6b8dc_s

    不動産基礎知識

    住宅ローンを嫁名義とすることによる問題

    住宅ローンは基本的には誰の名義であっても問題はありません。嫁名義でも住…

  2. one-3125379_1280

    不動産基礎知識

    投資による安定収入を獲得するために

    かつて右肩上がりで経済成長を続けてきた日本では、勤勉に働くことでなされ…

  3. ee73471240fdd3bdc9b516b7d35436e3_s

    不動産基礎知識

    転職が住宅ローンに与える影響

    少し前までは職を変えるということは大きな事であり、住宅ローンの審査にお…

  4. cb363ac132747bdc121cf50218c723e7_s

    不動産基礎知識

    競売における続行決定申請とは何か

    競売の申立てが行われた後に競売続行決定という通知が出されることがありま…

  5. fraud-3229757_1280

    不動産基礎知識

    【不動産】投資で安全に利益を確保しよう

    投資とは、確実に儲かるという期待感で行っているのではないでしょうか? …

  6. laptop-3190194_1280

    不動産基礎知識

    目標を持って不動産投資を行うことの重要性

    歴史的な低金利が続いていることもあり、資金調達が容易になったことから不…

おすすめ記事

  1. 102b72e5d5e3dff4fa89fd7c794b97c5_s
  2. YOTAKAPAKU6526_TP_V
  3. maxeIMGL8761_TP_V
  4. c5397c02d905e430d82edc09e1c2e0fc_s
  5. YUSEI_9V9A5290_TP_V

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. OOK92_konosyakuyousyode5000man20131223_TP_V

    債務整理

    住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  2. a4a87c487beca58a19a036eccdb1cd51_s

    任意売却

    競売の申立書に記載する事項について
  3. 5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_s

    相続

    相続不動産を売却した時の確定申告の対応
  4. 3092b594387976da880f943cf9ebad9b_s

    相続

    離婚した相手との間の子供は相続の権利を持つのか
  5. 65 (4)

    債務整理

    知っている?競売の正しい意味
PAGE TOP