賃貸オーナー様

高度な知識が求められるマンション管理

分譲マンションを維持管理していくために管理組合が組成されますが、法律による定めもあり、区分マンションの所有者の意思に関わらず分譲マンションのオーナーになったら当然に組合員になることになります。
本来は管理組合が自分達のマンションの価値を維持し、安全に居住を続けられるようにするため管理をするものですが、マンション管理には高度で専門的な知識を求められることもあり、多くのマンションではマンション管理業者に管理を委託しています。

マンション管理業とは何か
国土交通省のホームページによると、マンション管理業を「マンション管理組合から委託を受けて、基幹事務全てを含む管理事務を行う行為で業として行うものをいいます。」と表しています。したがって自主管理といってマンションオーナーが行うものは除くこととなり、業として行う管理が管理業ということになります。
基幹事務とは「管理組合の会計の収入及び支出の調定」「出納」「マンション(専有部分は除く。)の維持又は修繕に関する企画又は実施の調整」と法で定められています。ここでいう法とは「マンション管理の適正化の推進に関する法律」のことで、この法律で定められた事項について専門的な知識を有していなければマンションの管理業を行うことはできません。

高度な知識を要するマンション管理
マンション管理業は上記の基幹事務を全て行わなければいけません。例えば清掃だけを請け負ったり、管理人業務だけを行ったりしていても、それはマンション管理業とはなりません。そして、マンション管理業には高度な知識が必要とされます。
例えば基幹業務のひとつである維持又は修繕に関する企画をとってみてもマンションの構造、外装や設備などの耐用年数などの把握など専門的な知識が無ければ難しい業務です。このため法律はマンション管理業者に対して管理業務主任者の設置を義務付けています。

管理業務主任者とは何か
管理業務主任者とは、国家資格であり管理業務主任者試験に合格した上で管理業務主任者として登録、管理業務主任者証の交付を受ける必要があります。当然、合格のためにはマンション管理業務に対して高度な知識が必要とされます。
管理業務主任者の資格を持つことで管理委託契約に関する重要事項の説明を管理組合に行ったり、管理事務報告を行ったりすることができるようになります。
ほとんどのマンションではマンション管理業者に委託をして、マンション管理を行っています。これは専門的な知識を必要としているため組合が自主管理をしていくことが難しいことであることを物語っているといっても良いのではないでしょうか。

ピックアップ記事

  1. 不動産の売却に年齢制限はある?
  2. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  3. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  4. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  5. 不動産売却の時に重要な登記費用について

関連記事

  1. 賃貸オーナー様

    賃貸管理事務の仕事内容とは

    マンションやアパートなどを賃貸すれば毎月一定の家賃収入を得ることができ…

  2. 賃貸オーナー様

    賃貸管理と宅建、資格なしでの営業は違法なのか

    私たちがアパートやマンションの一室などを借りる際に不動産会社へ足を運ん…

  3. 賃貸オーナー様

    アパート経営におけるローン借り換えのメリット

    アパートローンを利用してアパート経営を始めたならば、当然ですが返済をし…

  4. 賃貸オーナー様

    賃貸物件の管理、知っているようで知らない!?そのお仕事内容。

    不動産会社が普段行っている賃貸物件の管理業務。今回のコラムでは、知って…

  5. 賃貸オーナー様

    【家賃】滞納発生!! 支払いは柔軟に応じるが吉

    「今、生活が苦しくて家賃が払えない」という方は意外といるものです。 そ…

  6. 賃貸オーナー様

    マンションの賃貸経営による減税効果とは

    歴史的な低金利が続いており、賃貸用マンションなどを購入して賃貸経営を行…

おすすめ記事

おすすめ記事2

特集記事

アーカイブ

  1. 債務整理

    住宅ローンの支払いは別居前に残債の確認や理解が大事!
  2. 離婚と不動産

    離婚で持ち家に妻が住むと母子手当が貰えないリスク
  3. 任意売却

    任意売却の成功事例
  4. 賃貸オーナー様

    マンション管理の課題と今後
  5. 任意売却

    土地も任意売却は出来るの?
PAGE TOP