e17516db652e8da1a8d83fe874a9b9d2_s

任意売却

競売の手続きによる債権届出の対応

不動産の競売の手続きが行われると、複数の債権者にたいして「債権届出書」の通知が届きます。競売における債権者の債権届出の対応を紹介します。その意味を知ることで、不動産所有者である債務者にとってどう対処すべきか参考にしてもらいます。

■不動産競売の「債権届出書」とは、

不動産の所有者(または債務者)にお金を貸していた債権者(この場合は、金融機関や保証会社)にたいして裁判所から「債権届出書」が送られてきます。

「債権届出書」を提出することで、競売での収入による分配金の割合を抵当権の割合に応じて分配される場合の手続きになります。分配金の事を「配当金」と呼んでいます。

「債権届出書」は債権者にたいしての配当に必要な手続きなので、「債権届出書」を提出しないと競売による分配がおこなわれない場合があるので、「債権届出書」は、出すことを求められます。

■競売の「債権届出書」の流れ

金融機関などの債権者が不動産の競売をするために手続きを行うと、差し押さえが開始されます。裁判所は配当金の要求終期と言われる期日を、競売申立債権者以外にも複数の債権者にたいして「債権の権利を有すること」の申し出を受け付けます。

期日を決定した後に公告をすることが義務付けられています。この後に競売の運びとなりますが、競売が始まる前までに「任意売却」の話し合いが了承されれば取り消しの可能性もあります。

◎競売申し立ての無効とは、
競売の申し込みを行った債権者が「債権届出書」によって、優先する債権者にのみ配当される場合において、自らの配当分が見込みない場合には「無益な執行手続き」として意味のないことになる場合は、裁判所によって競売が取り消しになる場合があります。

■競売の配当要求について

競売による収入にたいして、配当(債務額による配当の分配)にたいして、複数の債権者がいる場合に、配当の権利を獲得するために配当の要求を申立に参加することになります。もし、競売の手続きが取り消された場合には、その要求にたいする効力が失われることになります。

■債権届出の催告の注意点

債権届出の催告にたいしての義務違反になった場合には、「競売の申立」が権利の無効を裁判所が判断した場合に、その競売の続き費用などが無駄になることで第三者の利益に反することになってしまい、損害賠償の対象になりかねません。債権届出の催告に対しては、届け出を行う義務があるとされていますので注意しましょう。債権届出の通知にたいしての届け出は必要であるということです。

■まとめ

競売の手続きによる債権届出の通知があった場合には届け出を怠った場合に義務違反による損害賠償の対象になる可能性があるので届け出は必要です。

一方、債務者にたいしては、競売が行われる前に「任意売却」の可能性があれば、話し合いをすることをおすすめします。

不動産の賃貸管理や不動産の投資のことなら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報ください。

ピックアップ記事

  1. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  2. 不動産の売却に年齢制限はある?
  3. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  4. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
  5. 後妻の子の相続における取り扱い

関連記事

  1. 66 (5)

    任意売却

    任意売却で住宅ローンの返済を決断する!

    住宅ローン等の借入金が返済できない場合に、金融機関は裁判所を通して自宅…

  2. 07ef3672dffcbcc5378b19c6a6a5202f_s

    任意売却

    任意売却をした後の残債はどうなるのか

    住宅ローン滞納の切り札として、任意売却をしたものの残債がある場合は、今…

  3. 9c6d4f6f2b7fb40b983fd737279234d0_s

    任意売却

    競売における追い出しを回避するためには

    競売に掛けられたマイホームの所有権は、買受人が落札代金を支払った時点で…

  4. tuchimoto07100I9A6603_TP_V

    任意売却

    住宅ローンが払えないときの「任意売却」 ~新しいスタートをきるためのメリット~

    夢にまでみたマイホーム。住んでみたのはいいけれど、不況やリストラ、病気…

  5. 64

    任意売却

    在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう

    人生において、老後はマイホームでのんびり過ごしたいと思う方は少なくない…

  6. TSURU17623A022_TP_V

    任意売却

    少ない任意売却物件購入に関するトラブル

    住宅ローンの滞納を続けていると最終的に債権者から競売の申立てが行われ、…

おすすめ記事

  1. tuchimoto07100I9A6603_TP_V
  2. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s
  3. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  4. 8d42bbdde97b94942a6c7126990bbfd5_s
  5. 80dc818397688d05ed6b9a90634c1e49_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. ff15cd4fa7872b26e6aa6ad26a6d84ab_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 2cf9df3135b7248ac7f534761f1ddc36_s

    賃貸オーナー様

    賃貸トラブルで常に上位!騒音トラブルは管理会社と連携を
  2. ec67a34447f736ed8f4c2c8cfe794e9f_s

    任意売却

    収入の激減などの不測の事態に対する備えは必要か?
  3. 69be59eb9a7b334c84bfbeeb08aae398_s

    相続

    相続を円満に進める方法
  4. 33cf43a355640b9127b15805d596924c_s

    債務整理

    競落人に預託金(敷金・保証金等)の承継はあるのか?
  5. kuroko0I9A6151_1_TP_V4

    任意売却

    任意売却と個人の信用情報との関係性
PAGE TOP