賃貸オーナー様

マンション管理と宅建の資格の関連性

マンション管理のための資格というと、管理業務主任者とマンション管理士があります。これらの資格と宅建は類似しているところも多いと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

管理業務主任者とは
管理業務主任者とは、マンション管理の適正化の推進に関する法律制定に伴って創設された国家資格です。マンションの管理業を営むためには業者登録に際して、管理業主任者を一定の割合以上設置することが義務付けられています。
管理業務主任者でなければ行うことができない業務に委託契約に関する重要事項の説明及び重要事項説明書への記名押印、管理委託契約書への記名押印、管理事務の報告があります。
管理業務主任者の業務はマンションの管理組合と向かい合うタイプの業務となります。

マンション管理士とは
マンション管理士とは、大規模修繕の計画、マンション管理組合の運営などのマンションの維持管理について専門的知識をもって適切な助言や指導などを行うコンサルティング能力を持つことを証明する国家資格です。
マンション管理士は名称独占資格であり、宅建や管理業務主任者のような独占業務はありませんが、マンション管理士以外の者がマンション管理士の名称を用いることは認められません。
マンション管理士は、主にマンションの管理組合の側に立ってサポートを行う業務となります。

宅建とは
宅建とは、宅地建物取引士の略称で、不動産の売買や賃貸などに際し購入者等の利益の保護を図り、取引等が円滑に進むように法に定める手続きを行うことが認められた国家資格です。宅地建物取引士でなければ重要事項の説明、重要事項説明書への記名・押印、契約内容記載書への記名・押印をする事が出来ません。
宅建自体はマンション管理とは直接的な関係はありませんが、宅建の資格を取得するためにはマンション管理にも必要な分野のものも多く、宅建の資格を所持するマンション管理士、管理業務主任者が数多くいます。

資格の類似性
宅建の試験では区分所有法、不動産登記法、民法、宅建業法、税務、建築基準法、都市計画法を勉強することになりますが、これらはマンション管理士、管理業務主任者の両方又はいずれかと重複するため大変親和性の高い資格試験だと言えます。難易度ではマンション管理士が最も難しく、管理業務主任者が最も簡単だと言われています。
もし、マンション管理に興味を持たれたら、宅建、管理業務主任者の資格を取得するなどして仕事や自身の管理組合の活動に役立ててみるというのはどうでしょうか。

ピックアップ記事

  1. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  2. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  3. 不動産の売却に年齢制限はある?
  4. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  5. 相続時に名義変更をしないとどうなる?

関連記事

  1. 賃貸オーナー様

    大家が負うべき賃貸管理義務とは何か

    賃貸マンションや賃貸アパートなどを他人に賃貸することで大家は家賃を得ま…

  2. 賃貸オーナー様

    賃貸経営によって年収が増えることのジレンマ

    賃貸経営によって年収を増やしたいと思っても、家賃収入が増加することによ…

  3. 賃貸オーナー様

    賃貸の管理委託費って何に使われてるの?

    マンションなどの賃貸を経営する際に悩んでしまうのが管理委託費の問題です…

  4. 賃貸オーナー様

    不動産の賃貸管理のために所有していたい資格とは?

    不動産の賃貸管理をするうえで、所有していたい資格は、その状況により変わ…

  5. 賃貸オーナー様

    賃貸経営資金とローン及び必要諸経費は?

    賃貸経営は、アパートや一戸建て住宅、マンションなどを貸し出すことで賃料…

  6. 賃貸オーナー様

    マンション管理における標準管理規約とは何か

    マンションを区分所有すると、その所有者は法の定めるところに従って強制的…

おすすめ記事

おすすめ記事2

特集記事

アーカイブ

  1. 債務整理

    競売の配当期日と手続き
  2. 任意売却

    任意売却を行う際のスケジュール内容とは
  3. 任意売却

    知っておきたい任意売却に必要な書類あれこれ
  4. 賃貸オーナー様

    賃貸管理でクレーム対応するときの基本
  5. 不動産基礎知識

    競売における申立とその後の流れはどの様になるのか?
PAGE TOP