賃貸オーナー様

賃貸管理を行うには免許が必要なのか?

会社員で賃貸経営をしている場合、入居者の募集からクレーム対応など、管理業務の全て行うのはなかなか厳しくなることから、プロの不動産会社に任せようとお考えのオーナーさんは以外に多いものです。そこで気になるのは、その不動産会社が賃貸管理において強い会社かということでしょう。では、その判断基準はどうすればよいのか? 今回は、そこに焦点を当ててみてみましょう。

■賃貸管理業には免許が必要?

不動産(宅地・建物)の売買取引を行う不動産会社は、宅地建物取引主任士(いわゆる宅建)の国家試験に合格したものを設置して、宅地建物取引業免許を取得し、さらに営業保証金を供託しなければ事業を開始することはできません。

では、賃貸管理業(賃料の徴収・契約更新・解約業務・クレーム対応など)をメインに行っている管理業者は免許を持って、業務に取り組んでいるのでしょうか?

答えはNOです。宅地建物取引業免許を持たなくても、賃貸管理業は行えるのです。

■不動産業界の現状

宅地建物取引業免許を持たない業者に、ご自分の物件を預けるのは正直言って不安を感じるかもしれません。

しかし、実際には、不動産業と管理業務を一緒に行っている業者が多く、宅地建物取引業免許を持ち、宅建の資格を有しながら、不動産の売買から賃貸管理業務までを行う会社も多いのです。

投資物件として不動産会社を介して購入した場合、賃貸管理業まで行っているのか確認をしてみるのも良いかもしれません。

■賃貸住宅管理業者登録制度というのをご存知でしょうか?

平成23年、国土交通省の告示による賃貸住宅管理業の登録制度を創設しました。これは、賃貸管理業務に関して一定のルールを設けることで、その業務の適正な運営を確保するとともに、借主と貸主の利益保護をはかることを目的としたものです。

しかし、この制度は賃貸管理業務を行うからといって、必ず登録をしなければならないものではなく、あくまでも任意の制度となっています。

ただし、登録を受けた事業者名は公開されるため、その業者が賃貸住宅の管理業務に関して一定のルールに沿って重要事項の説明や書面の交付、受領家賃などの管理を適切に行っていることが一般に明らかになることから、登録を受けている管理業者は未登録の会社よりは信用できる会社として位置付けられるのではないでしょうか。

■まとめ

このように、現行では賃貸管理において免許は必要ありませんが、賃貸管理業務を任せるなら宅地建物取引業免許を有している会社か、賃貸住宅管理業者登録に登録している会社なのかを確認することが望ましいでしょう。

不動産に関する疑問やご相談は、株式会社アブローズまでお気軽にご連絡ください。

ピックアップ記事

  1. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
  2. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  3. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  4. 後妻の子の相続における取り扱い
  5. 不動産売却における委任状取り扱い説明書

関連記事

  1. 賃貸オーナー様

    マンション管理における標準管理規約とは何か

    マンションを区分所有すると、その所有者は法の定めるところに従って強制的…

  2. 賃貸オーナー様

    マンション管理の課題と今後

    分譲マンションの購入に際して「マンションは管理を買え」ということが…

  3. 賃貸オーナー様

    【家賃】滞納発生!! 支払いは柔軟に応じるが吉

    「今、生活が苦しくて家賃が払えない」という方は意外といるものです。 そ…

  4. 賃貸オーナー様

    賃貸経営におけるトラブル回避のために

    賃貸経営は投資用不動産を購入さえしてしまえば、後は家賃が自動的に入って…

  5. 賃貸オーナー様

    賃貸物件の管理業務を委託しよう! 契約する際のポイントを伝授。

    賃貸物件をお持ちの皆さん、お元気ですか?物件の管理で苦労したりしていま…

  6. 賃貸オーナー様

    賃貸管理における手数料の相場

    賃貸経営をする目的は、将来の事で安定した資金を確保することで経営をする…

おすすめ記事

おすすめ記事2

特集記事

アーカイブ

  1. 不動産基礎知識

    大家として管理会社にどう向き合うべきか
  2. 債務整理

    競売物件として差し押さえられたら、その後どうする?
  3. 任意売却

    任意売却には抵当権者の同意が必要
  4. 債務整理

    競売の停止はどうすればできるのか?
  5. いろいろ

    妊娠中に住宅ローンを組むことは出来るのか!?
PAGE TOP