6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s

賃貸オーナー様

突然の賃貸管理会社の変更で更新料の請求は妥当なのか

賃貸管理を行う上でオーナーさんが管理会社を利用している時、まかせていた管理会社の都合や経営不振などで、管理会社を変える場合「新たに更新料」などを請求する際にトラブルがあるので、オーナー側から見た対処や考え方を紹介してみましょう。

■管理会社が変更されることへの問題点

オーナーが変わらずに、管理会社が変わることや、オーナーも管理会社も同時に権利を売却する場合もあります。このようなことは「借りる側=お客様」にとっては、寝耳に水でしょう。はっきりいって「貸す側であるオーナーや管理会社の都合」に第三者の立場からは不安を感じます。しかし「賃貸借契約書」があるので、基本となる契約上の問題はそれに従うのが筋道だと考えられます。

◎借主の管理上の問題改善依頼
借主がアパートやマンションでの共有部分である廊下やエントランスなどの、電球の交換や設備が壊れたり等の改善依頼を管理会社に行うことがでてきます。管理会社が変わった場合こととは、新しい管理課者か、オーナーや大家さんに連絡せざるを得ないでしょう。他にも色々な管理面での不具合を、オーナーや変更された管理会社は、その業務に対応する義務があるはずです。

◎振り込め詐欺の問題
管理会社が実際は変わっていないのに、家賃などの振り込み口座の変更を行って被害が出る場合もあります。借主が変更の確認をしていれば問題ないです。管理会社やオーナーに非がないことはあきらかですが、そこはお客様への対応なので話を聞いてあげることも賃貸管理の心遣いとなるでしょう。

■賃貸管理会社の変更で更新料等の請求があるのはなぜ

これは一般的な契約更新ですが、私が賃貸マンションの契約をした場合、2年間の契約満了では、契約終了の3か月から6か月前に更新手続きを行うかどうかの通知がきて、更新するならば「家賃の1か月分」を更新料として支払っていました。

このような事項は通常、賃貸借契約書に記載されているのです。「更新料」については、「借主」は「貸主」に対して賃貸借契約の更新にあたり定められた更新料を更新時期に支払うものとする等の記載が必ずあるはずです(ないほうが契約上めずらしい)。しかし、契約に定められたこと以外では、管理会社が自由に決められているのが現状です。

その為にこのような問題に関するトラブルがあとを絶たないようです。つまり、賃貸借契約に契約期間と更新手続きの記載が定められていれば「請求」するのは当然のことであり、また自動更新ではないからといって、いきなり「借主」を追い出すことは違法な行為となります。前もって通知することは必要です。

◎管理会社が変わる問題点の改善
管理会社が変わったことで、オーナー(大家)さんにも不都合が出てきます。「賃貸借契約」に記載されたことにより「記載された事実」に反しなければ、管理会社が借主と直接交渉する事例も出てきています。

主に地方の管理体制が定まっていない地域に多いようですが、オーナー抜きにして手数料を直にもらったりする問題がおこっています。通常は最初に交わされた「賃貸借契約」の内容を引き継いでいくものです。

管理会社の業務内容がこれまでの管理会社と違うのであれば、オーナーは以前の「賃貸借契約」に基づいて新たに契約を行っていくのか、どうしても賃料や更新料に関する記載を変更したいのならば「貸主」であるオーナーは、「借主」「管理会社」を交えて新たな契約の手続きを行うか、「借主」の為を思うならば、「管理会社」との管理の委任契約に対して2者だけで解決する方向も考えなければならないでしょう。

■まとめ

オーナーが管理会社変更に伴う「更新料」の請求についての問題点は、「賃貸借契約」に沿って解決することでしょう。

管理会社に問題があるのならば、管理会社の業務内容の改善について取り決めをしたり、やむなく更新料の請求をすべきならば、契約満了の半年位に前もって通知して「新たな賃貸契約」の取り決めを「借主」と「管理会社」を交えた3者によって行うことが望ましいでしょう。賃貸経営は借主に対するサービス業だと思ってもらえれば、オーナーが決定をくだす参考になると思います。

不動産のことに関して何か疑問やお困りごとがありましたら、お気軽に「アブローズ」までご相談ください。

ピックアップ記事

  1. 後妻の子の相続における取り扱い
  2. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  3. 実は厳しい税金滞納への対応
  4. 競売における売却基準価額とは何か
  5. マイホームを手放すことになってしまったら

関連記事

  1. e5dd08745587f02ebb4c252df3dcf2c8_s

    賃貸オーナー様

    賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?

    マンションなどの不動産に投資を行う賃貸経営の収入は部屋を賃貸することで…

  2. 7f9ee5604cd13a3e95d694fbb16931fa_s

    賃貸オーナー様

    賃貸経営における減価償却費の計上について

    賃貸経営を行ったら不動産所得を確定申告する必要が生じます。不動産所…

  3. 5f60cacb2ef3ab3d124bfd002ee1d1d7_s

    賃貸オーナー様

    賃貸経営におけるトラブル回避のために

    賃貸経営は投資用不動産を購入さえしてしまえば、後は家賃が自動的に入って…

  4. ME_biz20160902313115_TP_V4

    賃貸オーナー様

    賃貸管理と宅建、資格なしでの営業は違法なのか

    私たちがアパートやマンションの一室などを借りる際に不動産会社へ足を運ん…

  5. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

    賃貸オーナー様

    賃貸管理における問題点と解決方法

    賃貸用マンションやアパートを購入して行う賃貸経営は、物件を購入したら終…

  6. 04038ac50669439e6311b40fbadab0ea_s

    賃貸オーナー様

    マンションを管理する法律とその内容について

    従来、日本の住宅というと戸建住宅や長屋といわれる低層の共同住宅が中心で…

おすすめ記事

  1. 651d88f37211903ac2996d459df2317e_s
  2. 48c1705d6817021cc8f4f0d9050c7c28_s
  3. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s
  4. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  5. e951d0b04aa77da2c124dc7ba7454510_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 77c7a0ea0c31a536095519a781cf21b5_s

    債務整理

    借金などの債務の返済義務について
  2. 2e9eeb86e19601081c8a9365b7b2f7c2_s

    債務整理

    競売物件の明け渡しについての流れ
  3. 2bc980c0ea5551c92c75b8a3d0eb543a_s

    不動産基礎知識

    共働き世帯の住宅ローンの利用方法
  4. PAK13_moshimoshiOL20131019_TP_V

    賃貸オーナー様

    家賃滞納者には通知書(督促状)で対応しよう
  5. b8e85d7c945892b12589559b22092684_s

    いろいろ

    個人が競売物件を入札する際に代理人を置かず起こる手間とは?
PAGE TOP