611

任意売却

競売物件の内覧は可能なのか?

競売物件は市場価格より安く購入することが可能です。そのため、最近は競売の入札に参加する方も増えています。安く購入できるかもしれないと言っても、不動産を購入する資金は高額です。そのため、物件選びは慎重に進めたいですよね。では、競売物件は内覧できるのでしょうか?

内覧とは

購入物件に対して契約を行う前に物件を訪問し、内部を見ることができるものです。資料だけでは分かりづらく、見ることができない設備、日当たり、周りの騒音など生活上の影響を与える状況を含め、役立つ情報など細やかな確認が行うことを言います。

競売物件の内覧

競売物件の情報を多く公開できるように、インターネット上に写真を載せるようなこともありますが、直接見て概要などを把握してから入札を決めたいですよね。

一応、法律上内覧制度は設けられています。改正後の民事執行法64条の2によって、不動産の競売においても「任意売却」と同様に、できる限り情報を開示することで、買受を希望する人を増やし競売を円滑に進めるため、買受を希望する人の不動産の見学を可能にする手続きが可能になりました。

ですが、競売物件の内覧は、一般の方で入札に参加される場合はできません。内覧を希望する際にはその物件に住んでいる占有者の許可を必要とする他、その物件を差し押さえている債権者の申立てによって、裁判所が許可をださなければ内覧できません。

内覧ができない詳しい理由

不動産競売されている物件には基本的には「所有権」という権利があり、所有者の許可がなければ状況確認のため契約の前に内部への立ち入りは許されていません。

競売に陥る原因の多くは、債権者への借金・ローン未払い・滞納であり、返済が滞り自身の家を失いかねない場合では、その手続きのためには下見に承諾してくれるような好意的な債務者はあまり存在することはないと思います。

一般的には不動産、賃貸物件の所有権は不動産会社や大家さんにあり、下見の許可を得られることは当たり前とされます。しかし、競売物件の場合には、債務者側が所有権を持つため、内覧希望者への了解を債務者が受け入れてくれないこともあるのです。

物件購入に最善の情報収集

ただ、内覧ができないため情報なしでは購入後のデメリットも多く考えられてきますので、その辺をどうにか少しでも削減したい方は多いと思います。そこで競売物件の情報を自身で調べていくこともいいことかもしれません。

債務者の行為により内部への立ち入り許可ができる物件を探すこともいいですね。実際に訪れ、内覧をすることができるので安心して競売物件の購入をすることができます。

そして、裁判所が債務者の物件を差押えした際、執行官による現地で撮影された写真を確認することも可能です。細かくチェックすることで、図面などのデータ情報もオープンにされているため、物件を内覧した状態により近づけることができます。

また、内部へ入れない場合でも、現地へ訪れ、物件の外観、周囲の環境など気になる部分を確認することも、物件情報を得る一つの方法といえるでしょう。

まとめ

不動産競売とは物件の売買だけではなく、ある程度の定められた制度などがあり成り立っています。そのため、競売物件購入をするには、このような基礎知識から学んでいくことがよいでしょう。

競売に関することや不動産投資のことなら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 不動産の売却に年齢制限はある?
  2. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  3. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  4. 実は厳しい税金滞納への対応
  5. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために

関連記事

  1. a4a87c487beca58a19a036eccdb1cd51_s

    任意売却

    競売の申立書に記載する事項について

    住宅ローンの返済が受けられなくなった債権者は、担保にしている不動産に設…

  2. OZP68_namennayo_TP_V

    任意売却

    不動産売買における競売物件について

    一般的な不動産売買とは異なる、競売物件とは何でしょうか?競売物件は、訳…

  3. YOTAKAPAKU6526_TP_V

    任意売却

    競売における賃借人と賃貸人の権利とは

    競売における賃借人と賃貸人とは、誰をしめすのか?また、賃借人の権利とは…

  4. YOTAKAPAKU6526_TP_V

    任意売却

    競売の不動産物件で残置物は処分してもよいのか?

    競売で不動産物件を落札して手に入れたのはいいのですが、その物件には残置…

  5. 4dc0fe5096ee5b59773f6a5c134704a7_s

    任意売却

    競売では事故物件の取扱いが多いのか

    事故物件は一般に成立する価格水準から、かなり下回らなければ買う人が現れ…

  6. OZP68_namennayo_TP_V

    任意売却

    競売の申立取り下げとは何か?

    競売の申立取り下げとは、誰ができるのか?いつまで可能なのか?どのような…

おすすめ記事

  1. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  2. 4121541b90b39140f090f76a41e23493_s
  3. 07ef3672dffcbcc5378b19c6a6a5202f_s
  4. 33cf43a355640b9127b15805d596924c_s
  5. OZP68_namennayo_TP_V

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. b15c9d8084877fcedea424bdb32e5937_s

    賃貸オーナー様

    適切な賃貸管理で空室対策を
  2. 0051ddca39069c44141a1df74ac76bda_s

    任意売却

    競売物件における固定資産税などの税金の滞納
  3. a7be62f04cf45b8015855dc9c89c9b50_s

    賃貸オーナー様

    賃貸管理はトラブル&クレーム対応も業務の1つです
  4. e7933abdd3161a52f4829bc2ae1973d5_s

    賃貸オーナー様

    不動産の賃貸管理には契約書に印紙が必要となる
  5. 3092b594387976da880f943cf9ebad9b_s

    相続

    離婚した相手との間の子供は相続の権利を持つのか
PAGE TOP