d38fa8c13e42f8cee29d9cebbe05c8b2_s

任意売却

【不動産】の売却の手続きに必要な書類

【不動産】の売却の流れは、何度か紹介しておりますので、不動産を売る為の全体を知ることができたでしょう。売却の手続きには必要な書類もいろいろあります。今回は売却の手続きの「必要書類」を予備知識として紹介していきましょう。

■不動産の売却に必要な書類とは

どんな場合において何かを証明しようとなると、公に認定された書類が必要になってきます。それは、【不動産】の売買に関する事ばかりでなく、日常生活でも多々、必要な時と場合があるのです。

【不動産】の売却の手続きに関する書類と内容の把握は、最低限度は知るべきでしょう。専門分野での細かな部分までは、必要としなくても、契約に必要な概要ぐらいは、理解が必要です。

◇仲介役の不動産会社への必要書類
◎「登記簿謄本」
登記簿謄本とは、法務局で管理されている、土地の登記に関する内容として「土地建物の住所」や「所有者名義人」について記録されています。土地建物の所在する地域の法務局によって、取得する事ができ、費用は480~600円位で取得します。

◎「重要事項説明書」
重要事項説明書とは、売却する不動産に関する内容が「取引物件に関する事項」「取引条件に関する事項」や「その他の事項」について記録されています。

◎「取引物件に関する事項」
登記記録や法令の制限、私道の負担事項、電気・ガス・水道の整備状況、宅地造成や建築物の形状や構造、区分所有建物について敷地の権利や共有部分の規約について。

◎「取引条件に関する事項」
代金や交換差金や賃借以外の金銭について。契約解除に関する事。損害賠償や違約金について。不動産業者が売主の時の、手付金や保全措置の概要について。支払金や預り金の保全措置。金銭の賃借。瑕疵担保責任の措置。

◎「その他の事項」
国土交通省令・内閣府令で定めることについて。割賦販売に関すること。

■売却物件の引き渡しの必要書類

仲介業者に必要書類の提出がおわっても、「引き渡し時点」にも必要書類があります。「登記済権利書」「建築確認通知書」や「検査済証」を提出します。

◎「登記済権利書」
土地の売主が所有者であることの証明です。法務局によって送付されますが、再発行が不可能となっていますので取り扱いの注意が必要です。仮に紛失したばあいには、司法書士に依頼して「本人確認情報」の作成により証明を行わなければなりません。

◎「建築確認通知書」と「検査済証」
売却する不動産が法律に乗っ取って「建築基準法」での建築である事の証明です。不動産を購入する時に受け取ることができます。仮に紛失した場合には再発行は不可となり、代わりに市役所で証明書を発行できます。1枚につき300円位で入手できます。

◎「ローン残高証明書」
年末時点の住宅ローンの残高がきさいされており、売却の際に権利の所在の確認が必要です。

◎その他必要となるもの
身分証や実印、印鑑証明、預金通帳、住民票が必要です。サラリーマンなどの方は、一度に書類を用意するのは難しいので、休みがとれない場合は司法書士などへの依頼も考慮すべきです。

【不動産】の売却の手続きに必要な書類は難しい内容が多く全部の把握は難しいでしょう。しかし知識としてある程度理解していれば今後の不動産の取り扱いに役立てるでしょう。

不動産の賃貸管理や不動産の投資のことなら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報ください。

ピックアップ記事

  1. 競売における売却基準価額とは何か
  2. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  3. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  4. 督促状の納期限とペナルティについて
  5. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!

関連記事

  1. 007KZ1868_TP_V

    任意売却

    マイ ホームが競売になる回避策とは

    マイホームの競売にかけられるには、それなりの理由があるのでしょう。しか…

  2. c58c340ffea84fc457af10e0799d82a0_s

    任意売却

    競売で売れない場合に任意売却で売れるか?

    競売では一般的な売買価格よりも相当安く物件を落札できるといわれています…

  3. 7ca95d406f80e772fb47701b88ffbb24_s

    任意売却

    競売物件に未登記の建物がある時の扱いとは

    競売物件を入札する時の注意事項として、競売物件の土地に未登記の建物があ…

  4. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s

    任意売却

    需要の高い土地は注意、早めの任意売却が必要

    競売による売却は、所有者の意思に関係なく行われる為に、所有者の立場を考…

  5. 1b14b73da9cf3109993beda64001c47c_s

    任意売却

    任意売却後の残債に対する遅延損害金の取り扱い

    住宅ローンの滞納をしていると金銭消費貸借契約に従ってローンの残額に対し…

  6. 68 (2)

    任意売却

    任意売却において銀行との交渉の重要性について

    任意売却は、競売に代わる売却方法です。しかし、一方的に手続きができない…

おすすめ記事

  1. 33cf43a355640b9127b15805d596924c_s
  2. maxeIMGL8761_TP_V
  3. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s
  4. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s
  5. 612

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. YUSEI_9V9A5290_TP_V

    債務整理

    競売申立と代位による相続登記の関係
  2. BIS151026193472_TP_V4

    不動産基礎知識

    マンションの法定耐用年数とは何か?
  3. e269da681c340282ff5bbd7a932f5413_s

    相続

    いざという時のために知っておきたい相続の進め方
  4. 64

    任意売却

    在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  5. 71efbbd8234ac2d001faa3ed638f21af_s

    任意売却

    任意売却における問題点には何があるのか
PAGE TOP