27a6e2de55b826b3bbfcba54f157b480_s

任意売却

通常の売却と任意売却の大きな違いとは

不動産売買において、通常売却とは一般的に土地や建物を不動産業者などと通し、売ることを差します。では、任意売却とはどのようなものか?また、通常売却との違いとはどのような点になるのか?みていきましょう。

任意売却の内容とその経緯

そもそも任意売却とはどのようなものかというと、例えば自宅を購入する際に銀行などの金融機関で住宅ローンを組んで自宅を手に入れます。毎月の支払いをしていくわけですが、何らかの理由で支払いが滞ってしまうと銀行はこの債権を回収しなければなりません。

その方法として、銀行がローンを組む際に不動産に付けている抵当権を行使し回収を行います。この方法は裁判所に申立てを行い、「競売」において当該の不動産を売却しローンを回収します。

この場合、落札方式となるため、通常の金額よりもかなり安い金額で売却されることとなり、売却金額ではローンが多く残ることがほとんどです。これを回避するために、競売をせずに一般的な方法と同じように売却することを「任意売却」といいます。

通常と任意の大きな違い

この二つの一番の大きな違いとしては、通常の場合は自分のために売却するというとことです。いつ・いくらで・どのように売却するかを自分で決めることができます。一方で任意売却の場合は、銀行や金融機関が債権を回収するために行われる売却ということです。

交渉と残債

任意売却の場合、銀行や金融機関などが付けている抵当権があるために売却する際にその権利を外してもらう必要があります。そのため、銀行や金融機関などの他に債権者が存在する場合には交渉をすることになります。また、保証人などの了承も必要です。

さらに、不動産を売却したのちにローンが残ってしまうケースがほとんどですので、その後の返済についても相談し支払っていくことになります。

期間の違い

通常の売却は、だいたい3ヶ月程度の時間をかけて行います。不動産会社などに依頼をして売却先を決定し売るわけですが、その金額に納得がいかなければさらに時間をかけて売却先を探すことができます。

任意売却の場合は、早急に債権を回収する必要があるためにすぐにでも売却をすることになります。銀行や金融機関としては、そもそも満額の回収は困難だと思っているので急いて売却して金額が安くなったとしても、少しでも確実に回収することを優先します。

手数料・仲介料

通常の売却の場合は、不動産会社などの業者に依頼した際に手数料や仲介手数料・登記費用などとして支払いをしなければなりません。しかし、任意売却の場合は不動産を売却したお金から手数料や登記などの費用が差し引かれるため、売主(債権者)の手元から出ていくお金は発生しません。

まとめ

通常の売却と任意売却との違いは、自分の意思で決定し売却できる点が一番の違いとなります。任意売却は、あくまで債権を回収するための方法として利用されているということです。競売を回避し、少しでも多くローンを返済するためには任意売却は有効な方法としてお勧め致します。

任意売却に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  2. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  3. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
  4. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  5. 後妻の子の相続における取り扱い

関連記事

  1. 65 (4)

    任意売却

    任意売却する際の委任状の役割とは

    委任状とは、本来、限定した人物へ一定の事柄をお任せするということを明記…

  2. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s

    任意売却

    競売の流れと入札前に必要な書類とは

    不動産業者を通さずに競売物件の入札に参加する人は、多くの課題を抱えます…

  3. 5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_s

    任意売却

    住宅ローンを任意売却したらプレッシャーが消えた件

    一生に一度あるかないかのマイホーム購入。頑張りすぎて身の丈を超えたロー…

  4. 68 (2)

    任意売却

    競売のローン制度とはどのようなものか

    競売では、ローンが組めないというのが一般的な認識ではないでしょうか?し…

  5. 79857a1193685112791775c6883a8761_s

    任意売却

    どうやるの?!任意売却の手順と流れ

    住宅ローンの返済が困難となり、督促状や催告書などの通知が届いてしまった…

  6. 7ca95d406f80e772fb47701b88ffbb24_s

    任意売却

    競売物件に未登記の建物がある時の扱いとは

    競売物件を入札する時の注意事項として、競売物件の土地に未登記の建物があ…

おすすめ記事

  1. maxeIMGL8761_TP_V
  2. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s
  3. TS0529016_TP_V
  4. 785ba0893bad370e732102282bce977b_s
  5. YOTAKAPAKU6526_TP_V

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. taxes-2638814_1280

    債務整理

    督促状がきた時に支払できない場合にはどうなるの?
  2. c158331ae38050722a1d436fada1153e_s

    不動産基礎知識

    住宅ローンにはプレッシャーがあって当然
  3. 2bc52f60fe37bd1765736dc00e9fed12_s

    相続

    相続の範囲はどこまでなのか、知っておいて損はありません
  4. 6e3dcefa4626545ad89fd46bb44e7d99_s

    不動産基礎知識

    占有者が競売に与える影響とは
  5. 56fd2942ee1ed0fb2d6f756fc4b332f6_s

    不動産基礎知識

    なるほど!不動産の売却決済日の簡単な流れ
PAGE TOP