任意売却

【抵当権とは】~任意売却について~

「抵当権」という言葉を聞いたことがあるかと思います。これはつまり債務者が借金を払えなくなった場合、債権者は「抵当権のついた住宅や資産で残りの借金を払ってもらいますよ」といえる権利です。任意売却時に多く見られる「抵当権」について解説していきたいと思います。

抵当権とは

抵当権とは、住宅ローンなどを組む場合、その土地や建物をローンの担保として金融機関が設定するものです。つまり、万一ローンが払えなくなった際には担保である土地や建物を金融機関が差し押さえますよ、という意味です。

では、この抵当権と任意売却にどういう関係があるのか、以下で見ていきたいと思います。

任意売却とは

任意売却とは、住宅のローンが払えなくなった場合、金融機関と合意を得て、売却した後もローンが残ってしまう状態の住宅を売却する方法です。

住宅ローンを滞納すると、債務者は分割返済の権利(期限の利益)を失います。つまり、残りのローンを一括で支払わねばなりません。それができない場合、金融機関は担保となる住宅を強制的に売却し債権の回収に当たります。これを「競売」といいます。

ところが、この「競売」には債務者・債権者ともにデメリットが多いのです。

・一般の住宅相場より2割から3割ほど安くでしか売れない。
・引き渡しの時期など債務者の意思が反映されない。
・競売になったことが近隣に知られてしまう。精神的ダメージを受ける。
等々。

そこで、債務者・債権者ともにメリットのある「任意売却」を選択する方が多いのが実情です。

「任意売却」とは、前述したとおり、売却した後もローンが残ってしまう状態の住宅を売却する方法です。これには金融機関との合意が必要です。どういう合意かというと金融機関に「抵当権の解除」をお願いするということです。

一般的に「抵当権が抹消」されるのは借金がゼロになった時点、つまり全額返済が終わった時点です。ところが「任意売却」の場合は、借金が残っているのにもかかわらず「抵当権の解除」をお願いするのです。なぜかというと、「抵当権」のついた物件は売りにくいからです。

買う方からしても「抵当権」のついた物件は買いたくありません。いつ差し押さえられるか分からないからです。

物件が売れないのは債務者・債権者ともに望んではいません。そこで、より売りやすく、より高値で取引するために任意売却では「抵当権の解除」をおこなうのです。

まとめ

「抵当権の解除」によって得られるメリットは、債務者側は「任意売却」をする事により、その後の返済計画が楽になることや、近隣に知られずに売却することも可能です。債権者側にとっても、市場相場に近い価格で売ることができるため債権の回収がスムーズにいきます。債務者は合意を得るためには、不動産業者や金融機関に誠心誠意対応していくことが求められることでしょう。

任意売却に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 後妻の子の相続における取り扱い
  2. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  3. 競売における売却基準価額とは何か
  4. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  5. 実は厳しい税金滞納への対応

関連記事

  1. 任意売却

    任意売却して後も賃貸住宅として住める方法とは?!

    住宅ローンの返済が滞ってしまった場合、その不動産は金融機関や保証会社、…

  2. 任意売却

    【不動産】を売却した代金が支払われる時期は

    やっと、【不動産】を売却しても最終的な支払いが行われるまでは、不安にな…

  3. 任意売却

    不動産の売却における媒介契約とは何か

    不動産を一般の売買市場で売却しようとした場合、不動産業者などに売買の仲…

  4. 任意売却

    競売における債権の届出は出すべきか

    不動産の競売手続きの具体的な内容の中には、競売の売却金額によって、債権…

  5. 任意売却

    任意売却するなら離婚前?離婚後?

    今、日本では結婚した夫婦の3組に1組が離婚していると言われています。離…

  6. 任意売却

    任意売却物件の問題点とは?

    任意売却を検討する際に、どのような事が問題点として挙げられるかをきちん…

おすすめ記事

おすすめ記事2

特集記事

アーカイブ

  1. 任意売却

    競売にかけられた時、借主は、どのくらいの申立て費用を請求されるのか?
  2. 不動産基礎知識

    差し押さえ物件とはどのような物件なのか
  3. 離婚と不動産

    離婚と税金の関係性と注意点
  4. 任意売却

    競売における売却基準価額とは何か
  5. 任意売却

    マンションの任意売却におけるデメリットとは?
PAGE TOP