TSURU070701_TP_V

任意売却

【抵当権とは】~任意売却について~

「抵当権」という言葉を聞いたことがあるかと思います。これはつまり債務者が借金を払えなくなった場合、債権者は「抵当権のついた住宅や資産で残りの借金を払ってもらいますよ」といえる権利です。任意売却時に多く見られる「抵当権」について解説していきたいと思います。

抵当権とは

抵当権とは、住宅ローンなどを組む場合、その土地や建物をローンの担保として金融機関が設定するものです。つまり、万一ローンが払えなくなった際には担保である土地や建物を金融機関が差し押さえますよ、という意味です。

では、この抵当権と任意売却にどういう関係があるのか、以下で見ていきたいと思います。

任意売却とは

任意売却とは、住宅のローンが払えなくなった場合、金融機関と合意を得て、売却した後もローンが残ってしまう状態の住宅を売却する方法です。

住宅ローンを滞納すると、債務者は分割返済の権利(期限の利益)を失います。つまり、残りのローンを一括で支払わねばなりません。それができない場合、金融機関は担保となる住宅を強制的に売却し債権の回収に当たります。これを「競売」といいます。

ところが、この「競売」には債務者・債権者ともにデメリットが多いのです。

・一般の住宅相場より2割から3割ほど安くでしか売れない。
・引き渡しの時期など債務者の意思が反映されない。
・競売になったことが近隣に知られてしまう。精神的ダメージを受ける。
等々。

そこで、債務者・債権者ともにメリットのある「任意売却」を選択する方が多いのが実情です。

「任意売却」とは、前述したとおり、売却した後もローンが残ってしまう状態の住宅を売却する方法です。これには金融機関との合意が必要です。どういう合意かというと金融機関に「抵当権の解除」をお願いするということです。

一般的に「抵当権が抹消」されるのは借金がゼロになった時点、つまり全額返済が終わった時点です。ところが「任意売却」の場合は、借金が残っているのにもかかわらず「抵当権の解除」をお願いするのです。なぜかというと、「抵当権」のついた物件は売りにくいからです。

買う方からしても「抵当権」のついた物件は買いたくありません。いつ差し押さえられるか分からないからです。

物件が売れないのは債務者・債権者ともに望んではいません。そこで、より売りやすく、より高値で取引するために任意売却では「抵当権の解除」をおこなうのです。

まとめ

「抵当権の解除」によって得られるメリットは、債務者側は「任意売却」をする事により、その後の返済計画が楽になることや、近隣に知られずに売却することも可能です。債権者側にとっても、市場相場に近い価格で売ることができるため債権の回収がスムーズにいきます。債務者は合意を得るためには、不動産業者や金融機関に誠心誠意対応していくことが求められることでしょう。

任意売却に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  2. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  3. 後妻の子の相続における取り扱い
  4. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
  5. 相続時に名義変更をしないとどうなる?

関連記事

  1. 0658de3ac9032f5f266c427b11b98750_s

    任意売却

    任意売却によって通常の不動産価格で売却できる可能性

    住宅ローンを返済できなくなると、金融機関は対策として、一括返済を迫りま…

  2. YUSEI_9V9A5290_TP_V

    任意売却

    【任意売却】連帯債務者と連帯保証人の違い

    住宅ローンを組む際に、夫婦の収入を合算したり、親子リレーで借入れするこ…

  3. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s

    任意売却

    任意売却の無料相談で今後の方針を決定

    任意売却を実行する前に無料相談を行う事で、任意売却について理解を深める…

  4. 612

    任意売却

    競売申立の費用はいくらかかる?

    競売申立にはどのくらいの費用が必要なのか、何に費用がかかるか?全部、ま…

  5. 86-1

    任意売却

    不動産の売却における媒介契約とは何か

    不動産を一般の売買市場で売却しようとした場合、不動産業者などに売買の仲…

  6. 6bac08fa789714b72d45463a42ef68b0_s

    任意売却

    競売にはどのような費用が掛かり、誰が負担をするのでしょうか

    住宅ローンの滞納を続けていると債権者は債務者に対して支払いの催促を当然…

おすすめ記事

  1. 611
  2. 16afd366c17beebcfaf4ac761c78d746_s
  3. 27a6e2de55b826b3bbfcba54f157b480_s
  4. HOS8512_TP_V
  5. OZP68_namennayo_TP_V

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. ff15cd4fa7872b26e6aa6ad26a6d84ab_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 65 (4)

    不動産基礎知識

    抵当権の謎に迫る、不動産競売のあるある
  2. 67d5ac4735870dddc216c754e088aba8_s

    債務整理

    不動産を競売に出す流れとは
  3. 68 (2)

    債務整理

    競売における保管金の役割とは
  4. 4ea978a1e4564bf823643675d3b3f7df_s

    相続

    相続における配偶者と子供の2次相続を考える
  5. 79c48276367aee0a748769b7ae1d055a_s

    不動産基礎知識

    マンションの稼働率を上げるための設備とは?
PAGE TOP