離婚と不動産

家の住宅ローンが残っているなら ~離婚後の一人暮らしの注意点~

人生において大きな転機となる事の一つに、”離婚”があります。離婚する事が決まって、その後の暮らしが一人になってしまう場合や、既に一人になってしまった場合、注意すべき事にはどの様なものがあるのでしょうか。また、一人で住むには大きすぎる家は、どの様に処分するべきでしょうか?今回は離婚後の一人暮らしについて見てまいりましょう。

離婚する際の注意点

離婚する際の注意点として、これまで暮らしてきた住居をどの様に処分するかという事も大きな問題です。離婚した後も住み続ける事になるのか、それとも新しく住む場所を決めるのかという事が問題として存在します。

お互いの話し合いや調停で決定がなされたのち、どの様になるかは様々です。お子さんがいるかどうかでも変わりますし、離婚後に実家へ戻るかどうかなども関係してくるでしょう。一人暮らしをする選択をされた場合、物件探しや手続きなどやることが多いものです。

もしご自身が結婚以前まで実家などで暮らしていた場合は、初めての一人暮らしという事になります。いずれにしても結婚して自分の家族と一緒に暮らしていた状態から、一人暮らしになるというのは大きな環境の変化と言えます。

家の住宅ローンが残っている状態で離婚したら?

結婚を機に住宅ローンを組んで家を購入していた場合、夫婦二人の共有名義や、夫または妻のどちらかが連帯保証人となって、住宅ローンの債務を負っているケースが多いです。理想としては、離婚する際に債務関係や責任の所在を今一度ハッキリと確認して、返済が滞った時どうするかを決めておくべきです。

しかし、実際に多く見られるケースでは、家を出て行った元夫(又は元妻)が、離婚後も住宅ローンの返済を行うと約束したものの、しばらくすると返済が滞ることがあります。それによって連帯保証人である、現在家に住み続けている元妻(又は元夫)の元へ住宅ローンの督促が来る、というケースが多いのです。そうなると住む家を失うという事になります。

離婚後も契約者である元の配偶者が住宅ローンの返済を続けるという場合は、決して口約束だけにせず、公正証書に記録する事をお勧めします。また、最も心配が少ない方法は、離婚する事になった時点で、家を処分してしまう事です。住宅ローンが残っている家を売却することが出来るのかと疑問に思うかもしれませんが、「任意売却」と言う制度を使えば可能です。

任意売却とは、住宅ローンの返済先に当たる債権者側の同意を得て、債務が残っている家を市場価格に近い値段で売却する形式の不動産取引です。

まとめ

任意売却をするには、早めに債権者と不動産会社に相談する事が肝要です。特に不動産会社は、経験豊富で任意売却のノウハウを持った会社を選ぶことが必要です。

不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 競売における売却基準価額とは何か
  2. マイホームを手放すことになってしまったら
  3. 実は厳しい税金滞納への対応
  4. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  5. 不動産売却の時に重要な登記費用について

関連記事

  1. 離婚と不動産

    離婚のとき住宅ローンが残っている場合、返済を延長してもらう方法は?

    離婚する際に大きな問題となるのが住宅ローンの返済中で、まだ残債がある家…

  2. 離婚と不動産

    夫婦によるペアローンでマイホームを購入した後、離婚に至った場合どうなるのか?

    住宅購入の資金とすべく金融機関から融資を受け、月々の分割支払いで返済し…

  3. 離婚と不動産

    離婚する場合、どちらが家を出るのか

    夫婦が離婚するとき、一般的には片方もしくは双方が家を出ることになります…

  4. 離婚と不動産

    離婚は結婚以上にエネルギーが必要 ~お子様や財産の問題はしっかり話し合いましょう~

    離婚には結婚以上に心身に負担を与えます。落ち込んだ気持ちに後追いをかけ…

  5. 離婚と不動産

    家を建築中に離婚することになった時の対処法について

    家を建築する際に夫婦間で理想像が違うと、最悪な場合もめごとが原因で離婚…

  6. 離婚と不動産

    離婚するとき家はどうするのか?

    夢の新築の家、新しい住環境でスタート。しかし、毎月のローン返済が重く、…

おすすめ記事

おすすめ記事2

特集記事

アーカイブ

  1. 離婚と不動産

    離婚、出ていくタイミングとは
  2. 任意売却

    【不動産】売却は利回りを考慮した後でも遅くない
  3. 離婚と不動産

    離婚後に家を譲渡する場合
  4. 任意売却

    競売における配当要求は時効の中断に該当する?
  5. 離婚と不動産

    離婚後の家のローンについて、折半して対応すべきなのか?
PAGE TOP