OMG151018560I9A1839_TP_V

賃貸オーナー様

家賃滞納へは状況確認の連絡から始めよう

もしも入居者が長期入院により、いつも住んでいるアパートの一室で過ごす事が出来なくなったとしましょう。当然ながらそれでも家賃支払いの義務は生じますし、光熱費の支払いだって生じることでしょう。これも一つの有事ですので、やむなき場合の対処法について説明します。

■滞納する方にも事情がある

家賃を滞納してしまった方は、家賃を払いたいけど仕事が見つからなかったり、長期入院せざるを得なくなったなど理由はおありでしょう。家賃を払いたくないから滞納はしたくないという気持ちはないが、さまざまな事情により仕方ない状況となっていることもあるはずです。

■連絡の流れ

家賃滞納は発生してしまった場合、その件に関する連絡について見ていきましょう。

まずは大家さんか管理会社のいずれかから電話で連絡を入れます。場合によっては口座引き落としで支払いをしている方がいると思いますが、それがうまくできない場合でも連絡をする必要があります。口座引き落としが出来ない場合は、連絡時に後日振り込み可能か確認する必要があります。

後日の振込も対抗してもらえない入居者に対しては、次に、内容確認郵便を送付していきましょう。内容は一週間以内の支払を促したり、応じない場合は契約解除という通告を含めておく必要があります。

●連帯保証人にも連絡だ!
連絡の結果として、入居者に支払い能力がないと判断できる場合、連帯保証人に連絡を入れましょう。連絡内容は入居者に対して行った手順と同様で問題ありませんが、それでも家賃の滞納状況が解消されないのであれば、明け渡し訴訟や強制退去というシナリオも想定する必要が出てきます。

■入居者から事前連絡がある場合は考慮してあげましょう。

入居者から先に触れた事情で家賃を支払いたくてもそれが出来なくなったと連絡が、大家さんや管理会社へ連絡が入る場合は、支払いの意識があると判断し配慮をしたいものです。いつまでに支払いが出来るのか、収入が無く支払いたくてもその見込みがないとの相談がある場合は、どういったことができるのか考えて対応していきましょう。家賃の分割払いを提案することも視野に入れ、入居者の不安を取り除くことも大切です。

■まとめ

家賃滞納が発生した場合、該当する入居者と適時連絡を取ることは、家賃の未払いを最初減に抑えることにことにもつながりますし、滞納となってしまったやむえない事情等を配慮していくことで、入居者との信頼関係を築いていくこともできます。

賃貸管理を行う立場としては、家賃滞納に伴う連絡を行うことも結構な負担ではありますが、入居者にもそれなりの事情があることを想定し、配慮しながら適切な対応を心がけていきましょう。

賃貸管理に関するご相談等ございましたら、株式会社アブローズまでお気軽にご連絡ください。

ピックアップ記事

  1. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  2. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  3. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
  4. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  5. 相続時に名義変更をしないとどうなる?

関連記事

  1. bea4fb52c46bddb704ffd154e6338b27_s

    賃貸オーナー様

    賃貸物件の管理業務を委託しよう! 契約する際のポイントを伝授。

    賃貸物件をお持ちの皆さん、お元気ですか?物件の管理で苦労したりしていま…

  2. a2753d1ced117d10c4c2e92389305424_s

    賃貸オーナー様

    賃貸管理における手数料の相場

    賃貸経営をする目的は、将来の事で安定した資金を確保することで経営をする…

  3. 98730d318c026eb731c10123237c5fce_m

    賃貸オーナー様

    オーナーがマイナンバーを求められるリアル

    平成28年1月よりマイナンバー制度がスタートしましたが、賃貸経営を営む…

  4. 53246727eca5f287d30f2ac6c4312b28_s

    賃貸オーナー様

    管理会社に対して不満を抱いたなら

    マンションのような集合住宅の維持管理や修繕などについて管理会社が関与す…

  5. 0658de3ac9032f5f266c427b11b98750_s

    賃貸オーナー様

    賃貸借期間中に管理会社を変更した際の更新料の扱いについて

    賃貸借契約更新時に借主から貸主に更新料が支払われるのが常です。これには…

  6. e740fd7b36ac6f9695f86dda57159e56_s

    賃貸オーナー様

    マンションの賃貸経営による減税効果とは

    歴史的な低金利が続いており、賃貸用マンションなどを購入して賃貸経営を行…

おすすめ記事

  1. 1012318_s
  2. 5100918_s (1)
  3. 2077370_s
  4. 820aaef8afd8fc766c9d7bcb9bb4dec2_s
  5. 4680320_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. ff15cd4fa7872b26e6aa6ad26a6d84ab_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 80dc818397688d05ed6b9a90634c1e49_s

    任意売却

    任意売却を選択した場合、その流れを理解し利用下さい!
  2. fe6741a0c8b846796ecefd7bf1a715c9_s

    不動産基礎知識

    競売物件の代金には消費税が課税されないの?
  3. ac76d8f70cc3404b711e90346e04c406_s

    不動産基礎知識

    単身赴任によって住宅ローンの控除が受けられない?
  4. 4121541b90b39140f090f76a41e23493_s

    任意売却

    住宅ローンが滞納なしの場合の任意売却の可能性
  5. 98a259f9937ee8868bc245aac6a8dcba_s

    任意売却

    マイホーム購入の住宅ローンの返済途中で離婚が決まったらどうなる
PAGE TOP