OMG151018560I9A1839_TP_V

賃貸オーナー様

家賃滞納へは状況確認の連絡から始めよう

もしも入居者が長期入院により、いつも住んでいるアパートの一室で過ごす事が出来なくなったとしましょう。当然ながらそれでも家賃支払いの義務は生じますし、光熱費の支払いだって生じることでしょう。これも一つの有事ですので、やむなき場合の対処法について説明します。

■滞納する方にも事情がある

家賃を滞納してしまった方は、家賃を払いたいけど仕事が見つからなかったり、長期入院せざるを得なくなったなど理由はおありでしょう。家賃を払いたくないから滞納はしたくないという気持ちはないが、さまざまな事情により仕方ない状況となっていることもあるはずです。

■連絡の流れ

家賃滞納は発生してしまった場合、その件に関する連絡について見ていきましょう。

まずは大家さんか管理会社のいずれかから電話で連絡を入れます。場合によっては口座引き落としで支払いをしている方がいると思いますが、それがうまくできない場合でも連絡をする必要があります。口座引き落としが出来ない場合は、連絡時に後日振り込み可能か確認する必要があります。

後日の振込も対抗してもらえない入居者に対しては、次に、内容確認郵便を送付していきましょう。内容は一週間以内の支払を促したり、応じない場合は契約解除という通告を含めておく必要があります。

●連帯保証人にも連絡だ!
連絡の結果として、入居者に支払い能力がないと判断できる場合、連帯保証人に連絡を入れましょう。連絡内容は入居者に対して行った手順と同様で問題ありませんが、それでも家賃の滞納状況が解消されないのであれば、明け渡し訴訟や強制退去というシナリオも想定する必要が出てきます。

■入居者から事前連絡がある場合は考慮してあげましょう。

入居者から先に触れた事情で家賃を支払いたくてもそれが出来なくなったと連絡が、大家さんや管理会社へ連絡が入る場合は、支払いの意識があると判断し配慮をしたいものです。いつまでに支払いが出来るのか、収入が無く支払いたくてもその見込みがないとの相談がある場合は、どういったことができるのか考えて対応していきましょう。家賃の分割払いを提案することも視野に入れ、入居者の不安を取り除くことも大切です。

■まとめ

家賃滞納が発生した場合、該当する入居者と適時連絡を取ることは、家賃の未払いを最初減に抑えることにことにもつながりますし、滞納となってしまったやむえない事情等を配慮していくことで、入居者との信頼関係を築いていくこともできます。

賃貸管理を行う立場としては、家賃滞納に伴う連絡を行うことも結構な負担ではありますが、入居者にもそれなりの事情があることを想定し、配慮しながら適切な対応を心がけていきましょう。

賃貸管理に関するご相談等ございましたら、株式会社アブローズまでお気軽にご連絡ください。

ピックアップ記事

  1. 不動産の売却に年齢制限はある?
  2. 競売における売却基準価額とは何か
  3. 実は厳しい税金滞納への対応
  4. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  5. 不動産売却の時に重要な登記費用について

関連記事

  1. 3850095f7b2337f3a24b937a85621e05_s

    賃貸オーナー様

    賃貸経営によって年収が増えることのジレンマ

    賃貸経営によって年収を増やしたいと思っても、家賃収入が増加することによ…

  2. 61-1

    賃貸オーナー様

    賃貸経営の破綻はどのようにして起こるのか

    不動産の賃貸経営は多額の資金を必要とするため、破綻してしまうと大変大き…

  3. 64-1

    賃貸オーナー様

    マンション管理事務とはどのような業務なのか

    マンションの価値を維持していくためには管理が大変重要です。管理が疎かに…

  4. bea4fb52c46bddb704ffd154e6338b27_s

    賃貸オーナー様

    賃貸物件の管理業務を委託しよう! 契約する際のポイントを伝授。

    賃貸物件をお持ちの皆さん、お元気ですか?物件の管理で苦労したりしていま…

  5. yotakaGJ09178_TP_V4

    賃貸オーナー様

    賃貸管理業務において重要なクレーム対応

    不動産賃貸経営において賃借人からの苦情などのクレーム処理は大家の頭を悩…

  6. 7f9ee5604cd13a3e95d694fbb16931fa_s

    賃貸オーナー様

    賃貸経営における減価償却費の計上について

    賃貸経営を行ったら不動産所得を確定申告する必要が生じます。不動産所…

おすすめ記事

  1. OZP68_namennayo_TP_V
  2. a2753d1ced117d10c4c2e92389305424_s
  3. fbb4380eb4ed355578987c577d274f3e_s
  4. 33cf43a355640b9127b15805d596924c_s
  5. 4121541b90b39140f090f76a41e23493_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 7d857e7d00e7d2849fa075bc609c55b9_s

    相続

    後妻の子の相続における取り扱い
  2. 651d88f37211903ac2996d459df2317e_s

    任意売却

    競売と自己破産の関係について
  3. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s

    債務整理

    競売の配当期日と手続き
  4. 058

    債務整理

    住宅ローンのリスクを甘く考えてはいけません
  5. a03f1b7b433b1337e974a2d577cd748d_s

    相続

    離婚が相続に与える影響について
PAGE TOP