債務整理

競売で売れない場合どうなる?

競売にかけられてしまった物件は、必ず売却されるとは限りません。そのように売れなかった物件はどの様に処理されていくのでしょうか。今回は、競売とそれでも売れなかった物件について見てまいりましょう。

売れ残った物件の取り扱いについて

競売にかけられる理由は、その不動産が担保になっている借金(住宅ローン)などで、その返済が出来なくなってしまった場合などで生じます。

つまり、不動産が担保となっている借金が返済できなくなってしまった際に、裁判所判断でその物件が差し押さえられ、競売という流れになるのです。

詳しい競売の内容と競売になってしまった物件の流れについて、下記にて詳しく見ていきましょう。

【競売とは】
お金を貸している人(債権者)が、担保設定されている不動産の債務の回収が無理だと判断した際、法律用語である「担保権」というものを裁判所に申し立て、それが認められた場合に競売が成立します。

競売とは住宅ローンなどの支払いが困難に陥った場合と、不動産を担保に融資を受けてその支払いが不可能になった場合に、行われるものなのです。

【競売になってしまった物件の流れ】
競売物件となった不動産は「期間入札」というものが行われ、この段階で入札がなかった場合には競売手続きは3回行われます。それでも売却できなかった物件は、競売手続きそのものが取り消され終了という事になってしまいます。

つまり、延々と売れるまで行われるわけではないということです。競売の流れは下記に記した通りです。

〇第一回で売れなかった場合は、売却基準価格を下げて再度期間入札を行う。
〇第二回目でも売れなかった場合は、さらに売却基準価格を下げて最後の期間入札を行う。
〇第三回目でも売れなかった場合には、競売は取り消しとなる。

この場合は競売自体が取り消しとなりますので、所有権はそのままとなります。つまり債務者も本来得られるはずである利益を得ることは不可能になります。

競売物件になればその売却基準価格は、一般的な金額よりも相当抑えられたものになることは明らかですので、競売といった状況になる前に債務者の方や不動産会社とよく話し合いを持つ事も重要です。

競売で売れなかった場合

所有権はそのままですが、債務もそのままという事になりますので、根本的な解決とは言えません。これで債務がなくなったという事ではありませんので、安心できる状態ではないと言えます。

債務者は債務返済の請求を放棄するとは考えにくいので、訴訟などを起こすことも十分考えられますので、債務整理を行います。将来的にも支払いが困難と判断した場合は、破産手続きなども考慮する必要があるかもしれません。

まとめ

競売をする前に任意売却などの方法もご検討ください。その場合、任意売却を専門に取り扱う不動産屋などに相談してみるとよいでしょう。このような不動産会社は、経験と独自の販売ルートなどを持っているケースも少なくないので、売却できるよい方法を探してくれるでしょう。

競売に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  2. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  3. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  4. 督促状の納期限とペナルティについて
  5. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために

関連記事

  1. 債務整理

    債務整理の期間中に新たな借入はできるか?

    債務整理の手続きを行うと信用情報機関に登録されるため、この情報が抹消さ…

  2. 債務整理

    競売と公売の違いからわかる入札の検討

    「競売」と同じように、不動産の売却を所有者の意思とは関係なく行われるも…

  3. 債務整理

    「民事執行法」による「競売手続」とは?

    民事執行法の「競売」は、何となく聞いた事があるけれど、漠然としか分から…

  4. 債務整理

    競売評価人の資格と役割について

    競売が執行されると、裁判所によって3点セットが、参考資料として一般…

  5. 債務整理

    競売のスケジュールは大きく分けて2つ

    競売での全体の流れを把握するには、不動産物件に対して競売の申請手続きか…

  6. 債務整理

    債務の返済における優先順位について

    クレジットカードの支払い、カードローン、消費者金融からの借入返済など色…

おすすめ記事

おすすめ記事2

特集記事

アーカイブ

  1. 任意売却

    【住宅ローン】共働きでも払えない!【任意売却】
  2. 不動産基礎知識

    抑えておきたい!競売不動産における交付要求
  3. 任意売却

    競売物件を購入の際に代金納付に関する必要な書類
  4. 不動産基礎知識

    賃貸管理会社ってなに? 仕事内容を紹介
  5. 債務整理

    住宅ローンのリスクを甘く考えてはいけません
PAGE TOP