33cf43a355640b9127b15805d596924c_s

債務整理

競売になっても家に住み続ける可能性がある!

債権者が、返済困難になった借金を回収するために、債務者の所有する住宅を処分する方法が競売です。裁判所を通じて行うことと、当事者の意思に関係なく手続きが進んでいくのが特徴です。そうなると自分の家に住み続けることはできないのでしょうか。

立ち退きまでの猶予期間

債権者が競売を申し立てたとしても、裁判所のスケジュールで競売が進むので、すぐに入札が開始されるのではなく、準備期間(約6ヶ月)があります。その期間に早めに手を打つことができれば、今の住宅に住み続けられる可能性は残されています。

住み続けるための方法

競売が始まり入札までの期間で、今の住宅に住み続けるためにできる方法は以下のようになります。

早めに任意売却をする

「競売開始決定通知書」が届いても、競売がすぐに始まるわけではありません。ここから6ヶ月程度で入札が始まります。入札開始前に任意売却をするとなると、実質、残された期間は3~4ヶ月程度と考えるべきでしょう。短期間になりますが、その期間内であれば任意売却をすることは認められています。

競売と違い、任意売却ですと、引き渡し時期はある程度融通がきき、個人の事情によって引き渡し時期を設定することも可能なのです。

リースバック

リースバックとは、不動産売却の収入を得たうえで、その物件をそのまま使い続けることができるという方法です。住宅ローンの債権の任意整理などに活用されています。

住宅を第三者に、自分たちが住み続ける条件の賃貸物件として任意売却します。購入してくれた方が家主となって自分たちは家賃を払って住み続けるという方法です。自宅の所有権は失いますが、賃貸物件としてそのまま住宅に住むことができます。

親族に家を買ってもらう

親や子、あるいは親族に住宅を任意売却する、「親族間売買」という方法もあります。親族に住宅を買ってもらうことで、前述したリースバックのように親族に家賃を払って住み続けることや、返済額を調整してもらうこともできます。

親族・友人に落札してもらう

基本的に競売では入札資格は特にありません。ただし、抵当権の債務者と連帯債務者は入札に参加できません。

競売にかけられた住宅を取り戻すためには、親戚・友人に協力してもらい、入札をしてもらう方法があります。親族や友人が落札したら、親族間売買と同じように落札にかかった費用を返済する、あるいは家賃を払って住み続けるということが可能です。
しかし、確実に落札できるわけではありませんので、リスクは高くなります。

まとめ

差し押さえられてしまった住宅を売るときは、とにかく「スピード」が勝負となります。入札前までにローンの残債を準備できたら、競売を止めることができます。スピーディーな問題解決を図るためにも、競売や任意売却に強い不動産を探しましょう。

競売に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 実は厳しい税金滞納への対応
  2. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  3. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  4. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  5. 不動産売却の時に重要な登記費用について

関連記事

  1. G001_back0520140830122923_TP_V4

    債務整理

    債務が消滅してしまう時効とはどのようなものか

    時効という言葉を耳にされたことは多いのではないかと思います。一般的に知…

  2. 98a8322e8a323f2b021f4d5d657ffbd9_s

    債務整理

    競売の配当と期日について

    競売で物件が売却許可決定されると落札されて、買受人が代金を裁判所に納付…

  3. 090a34171e2576195ef03bfa409c078a_s

    債務整理

    競売を知るには配当表も把握しておこう!

    競売において配当表と聞いても「あ、これの事か」となる方は少ないと思いま…

  4. 9e17308d13d89a75ecd25c7fc2df0312_s

    債務整理

    競売物件が税務署の差押えによる影響

    競売に至るのは、不動産の住宅ローンの支払いができなることが原因となり、…

  5. f292e8586a4cb58077718116490cce62_s

    債務整理

    債務名義を取得するための裁判とは何か

    強制執行によって抵当権の設定が無い不動産を競売にかけるためには、債務名…

  6. TS0529016_TP_V

    債務整理

    任意売却する場合の委任状の注意点について

    任意売却は競売など避ける為に有効な行為ですが、具体的に任意売却を行う場…

おすすめ記事

  1. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s
  2. 19d8489906a37f86eade48bf3900b18b_s
  3. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s
  4. 651d88f37211903ac2996d459df2317e_s
  5. 612

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. a5626a20bab4503f7f661da7b88ac69b_s

    債務整理

    相続人による遺産の債務整理は可能か?
  2. 79857a1193685112791775c6883a8761_s

    債務整理

    要注意!?競売でも発生する消費税
  3. c188b482ca573dc4c3c9704f45b2e758_s

    不動産基礎知識

    競売の期間入札における入札に際する委任状の取扱い
  4. 47829353bd052999a0b31568d322c0f8_s

    賃貸オーナー様

    マンション管理における標準管理規約とは何か
  5. house-3123525_1280

    不動産基礎知識

    賃貸経営における利回りの目安とは
PAGE TOP