150415371872_TP_V

相続

義兄弟に相続権はあるか?

相続が発生したら相続人達は遺産の整理を行い、遺産リストを作成し、相続について単純承認をするか、限定承認又は相続放棄をするかの判断を行います。こうして相続権を有するもの達で遺産分割協議を行い相続を進めていく訳ですが、義兄弟には相続権があるのでしょうか。

LP_banner_02

相続における兄弟
相続による遺産の分配は、被相続人の遺書などがあればそれに従って行われることになります。もし、遺書などが無ければ、基本的に法律に定められた相続人が同じく定められた相続分を相続することになります。
被相続人の配偶者は常に相続人となります。配偶者以外では、子供が第1順位、親が第2順位、兄弟が第3順位の相続権を有します。この順位付けがされた相続権は、優先順位の相続人が存在すると、それに後れる順位の相続権を有する者は相続人になることができません。
したがって兄弟は、法定の相続権を有する者の中では最も順番が遅れる者となります。この法律で定めている兄弟の中には、義兄弟などは含まれているのでしょうか。

義兄弟とは何か
義兄弟には、ひとつに「兄弟として交わるという約束・誓いを交わした者どうし。」という意味が、もうひとつに「義理の兄弟。異父母の兄弟や、自分の配偶者の兄弟など。」という意味があります。
兄弟として交わるという約束・誓いを交わしただけでは、法律的には赤の他人であり、そもそも相続の問題になることもありません。
それでは、養子縁組をした二人の間の関係ではどうなるでしょうか。
法で定める相続人としての兄弟は、血縁関係のある兄弟姉妹に限るものではなく、養子相互間の兄弟も含んでいます。したがって血はつながっていなくとも、養子縁組が行われていれば、実子との間でも養子相互間でも兄弟として第3順位の相続人の地位を得ることとなるのです。
それでは、義兄弟に関して、実子と養子の婚姻、養子同士の婚姻があった場合には相続関係はどのようになるのでしょうか。このようなケースでは、実子又は養子は配偶者が死亡した場合には配偶者としての相続分が認められ、兄弟としての相続分の取得は否定されることになります。

相続分についての注意
義兄弟が相続人となるときには相続分が条件によって異なるので注意が必要です。例えば父又は母が同じ半血兄弟の法定相続分は、父と母が同じ全血兄弟の2分の1となります。養子についても片方の親との養子縁組か、両方の親との養子縁組かで半血兄弟と同様に相続分が変わります。
相続は、相続人の範囲を確定するまでが非常に大変で、もし、漏れていたことが後から分かると相続がやり直しになってしまいます。十分な調査を行うことが必要です。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  2. 競売における売却基準価額とは何か
  3. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  4. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  5. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう

関連記事

  1. VER88_kazegahuku15151434_TP_V4

    相続

    相続税における債務控除の注意点

    相続税は課税対象となる遺産の額に税率を乗じて求められます。なお、この課…

  2. f63c3b0658139ffe20d6d846aa7177cd_s

    相続

    相続における不動産の固定資産税の取扱い

    固定資産税は、土地や建物などの不動産などについて毎年1月1日現在の所有…

  3. a03f1b7b433b1337e974a2d577cd748d_s

    相続

    離婚が相続に与える影響について

    夫婦とは、他人同士が婚姻という契約に基づいて構築された関係であり、婚姻…

  4. 4ea978a1e4564bf823643675d3b3f7df_s

    相続

    連れ子に対する相続問題はどうなる

    2017年度の婚姻件数は、約60万組みとなりますがその中の再婚率は約4…

  5. 67 (4)

    相続

    相続するのが配偶者のみの場合の事例参照

    遺産の相続には様々なケースが存在する為に一概には、簡単に説明できるもの…

  6. ikebukuro-fukurou120140921152438_TP_V

    相続

    事情によって変わる相続における子供の取り扱い

    相続発生において、特段遺書などが無い場合には、誰が遺産を相続するのかを…

おすすめ記事

  1. OZP68_namennayo_TP_V
  2. a2753d1ced117d10c4c2e92389305424_s
  3. fbb4380eb4ed355578987c577d274f3e_s
  4. 33cf43a355640b9127b15805d596924c_s
  5. 4121541b90b39140f090f76a41e23493_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. BIS151026193472_TP_V4

    不動産基礎知識

    マンションの法定耐用年数とは何か?
  2. 8b21cd2ee8c449fb672f78d9b7b8d081_s

    任意売却

    相続した空き家を売却して3000万円控除を受ける条件
  3. 3025f4c6183b165a58e67391ee958b28_s

    不動産基礎知識

    区分所有マンションにおける賃貸管理
  4. 425336ab550c91657ebac53dc7a64c00_s

    不動産基礎知識

    不動産競売申立に必要な費用と取り扱い
  5. 51eb07af9b60537a221599db965f2882_s

    いろいろ

    老後資金は大丈夫? 住宅ローンは計画的に
PAGE TOP