d0251b6331e537c6a5a8e4fc48b5c3b5_s

相続

遺産相続でもめたらすべきこと

遺産の相続でもめごとが起きることは実は少なくありません。
親子、兄弟といった血を分けた間柄で争いが起こるのは誰も望んでいる事ではないはずですが、相続における遺産分割ではそれが現実となることが意外に多いのです。遺産相続でもめたら何をすべきなのでしょうか。

遺産相続の争いの不利益
遺産相続でのもめごとは一般でのもめごとよりも根が深いことが多くあります。他人よりも近い関係である親族との間で起こってしまう争いは、感情的になり易く、相続を機にそれまで抑えていたものを相手にぶつけたりしてしまうことで精神的な負荷も大きく、疲弊してしまいます。
ほとんどの相続人は争いなどなかったら良いと思っているにも関わらず、争いが何年も続いてしまうという事もあります。
しかし、遺産相続でもめたことから発展した争いによって、相続人同士が不仲になってしまい絶縁状態になってしまうだけでなく、小規模宅地の特例などが受けられなくなってしまうなど税制上でも大きな不利益を受ける事になります。このような事態を避けるために遺産相続でもめたら何をすべきなのでしょうか。

遺産相続でのもめごと
遺産相続でのもめごとは、その殆どが遺産の相続割合です。法律で定められた法定相続分で全ての相続人が納得すれば揉める事も無いのですが、実際には被相続人に対する介護や貢献度などが持ち出されることで争いごとに発展することがあります。このように定量化することが難しい問題によって相続争いになる事は多いのです。
そこで遺産相続でもめたら法律で定められた手順に沿って遺産分割を行うことです。まず、遺言書が無い場合には、相続人同士が話し合いを行って、遺産の相続の取り分を決めようとします。これを協議分割といいますが、殆どのもめごとはこの協議分割で発生します。
感情的な争いになるほど協議分割でもめたら公平な第三者の意見を取り入れる必要が出てきます。そこで調定分割という方法があります。協議分割でまとまらない話を調停委員という仲介人を交えて家庭裁判所で分割の手続きを進めるのです。
相続人同士で協議をするのではなく、調停委員に言い分を述べる形で行われるため冷静に話をすることができ、公平な立場で遺産分割をまとめようとしてくれます。ここで相続人の合意が形成されれば調定証書によって相続の手続きが進むことになります。

調定分割でももめたら
調定分割でももめたら最後は家庭裁判所の裁判官によって行われる審判分割という方法に進みます。これは裁判官が相続人の主張を聞き、遺産分割審判を下すことになります。
これは判決と同様の効果がありますので、概ね決着するのですが即時抗告による不服申立てが認められています。しかし、更なる費用と時間がかかることなので慎重に行う必要があります。

ピックアップ記事

  1. マイホームを手放すことになってしまったら
  2. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  3. 不動産の売却に年齢制限はある?
  4. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  5. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること

関連記事

  1. 46e63fb8ceb18502a1b32098d6eaf4e4_s

    相続

    持ち家を相続した場合の大きな特典とは

    親からの相続を考えた場合、現金や分割できるものは、ありがたいのだが、は…

  2. d87122eede33135c78c8d62a74264c63_s

    相続

    相続における裁判所の関わり

    相続が発生した結果、納めるべき相続税があればそれは国税となりますので、…

  3. OZP73_atamagawareruyouniitai20130707_TP_V

    相続

    相続の遺産分割では裁判はできない?

    残念ながら相続を巡って親族間で紛争になることがあり、最後は裁判で争われ…

  4. 0bd5992b9a5938c56d5c000d5d75cf98_s

    相続

    結婚と相続と財産分与

    結婚をすると夫婦は同一の姓を使うこととなり、法律的には同居義務が生じ、…

  5. OY1151013141160_TP_V4

    相続

    相続における障害者控除の内容と控除額

    障害を持つ方は一般的に経済力に厳しい状況であり、親族の援助などに頼らざ…

  6. cf547c8741a4d19c351dac26df1d8f68_s

    相続

    相続における建物の評価について

    相続が発生した場合、定められた期間内に被相続人の遺産総額を計算し、相続…

おすすめ記事

  1. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  2. SEP_327215200714_TP_V
  3. 08a5736b996b16667a8a9153188a54be_s
  4. 48c1705d6817021cc8f4f0d9050c7c28_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 2fbce74156281d80162199ad952cbdf1_s

    不動産基礎知識

    競売における立ち退きに関する費用について
  2. 3b265cc7ae370c00a6550a21b7b846aa_s

    任意売却

    任意売却するマイホームにいつまで住めるのか?
  3. 43fff900f8d964d99012c28cebdbfa6b_s

    任意売却

    任意売却でマイホームを売却するということ
  4. 80dc818397688d05ed6b9a90634c1e49_s

    不動産基礎知識

    競売の意味とは?
  5. 785ba0893bad370e732102282bce977b_s

    債務整理

    競売における抵当権の内容と効力
PAGE TOP