6acd2006012da9f4a0ae76c0936193b7_s

不動産基礎知識

住宅ローンを組む際ボーナスを併用して支払う割合

住宅ローンを組む際の返済方法は、毎月支払う方法と、ボーナスを併用して支払う方法の2種類があります。ボーナスを併用して支払いをする場合のメリットは、通常支払う金額に返済額を上乗せすることができますので、返済期間を短くすることができます。今回は、ローンをボーナス併用支払いにする際に知りたい仕組みや注意が必要な事項について触れていきます。

■ボーナスを併用しての支払いとは?

・リードでも軽く触れましたが、ボーナスを併用しての支払いとは、毎月返済している返済額に加えてボーナスのでる月に一定の金額を付け足して返済します。
・各金融機関で、ボーナス併用払いが可能か契約の前に確認してください。

■ボーナス払いが可能な割合

・住宅ローンの借入額よりボーナス併用払いにできる割合は、各金融機関で定められています。
・フラット35(住宅金融支援機構の長期固定金利のローン商品)では、住宅ローン借入額の4割以内と定められており一般の金融機関の場合は、4割から5割以内と設定しているところが多いです。

■少し分かり難いので例えてみます。

・仮に住宅ローンの借入総額が、3千万円のケースで、ボーナス返済割合が3割とします。このような場合3千万円の内、9百万円は、年二回あるボーナス時期に返済する仕組みになります。
・このボーナス月の返済額は、毎月支払う返済額とボーナス時期の返済額を足した金額となります。

■ボーナス併用払いの良いところ

◎返済期間を短縮できる
◎毎月の返済額を削減できる

■悪い点や注意点

◎ボーナスで支払えない場合の埋め合わせが必要
◎住宅ローンの返済総額が少し増える
◎毎月の支払い金額を低く見せるマジックとして使う業者もいる
△ボーナスが確実に支給されるか否か考えてから契約すること。
△支給が確実だと確信していても予想に反し支給額が少ない可能性も否めません。
△独立や転職をした場合ボーナスがなくなる可能性もありますので、ボーナス併用しての支払いは、慎重に行いましょう。
△返済が長期間に及ぶためボーナスの確実性は予測できないことからボーナス払いだけに頼らない借入額を抑えるプランも検討しておくことも必要です。

■割合は慎重に決めましょう。

・住宅ローンで無事に物件を購入した後も修繕費や固定資産税なども必要になります。将来の為に貯蓄も必要になるため余裕のある割合に決める必要があります。

■途中で割合を変更することも可能です

様々な諸事情で、ボーナス併用払いを選択したがために家計の状況も圧迫するかもしれません。ボーナス併用払いを有効に活用するためにもアブローズに相談していただくことで、毎月返済のみに切り替えたりボーナス返済の割合を変える取り組みを金融機関に打診させていただきます。

ピックアップ記事

  1. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  2. 後妻の子の相続における取り扱い
  3. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  4. マイホームを手放すことになってしまったら
  5. 実は厳しい税金滞納への対応

関連記事

  1. d8e0f7ac63ec7df921b85eb47c4484bd_s

    不動産基礎知識

    住宅ローンで追加融資を受けるためには

    住宅ローンの融資を受けた後に、リフォームなどを行ったことによって発生し…

  2. fraud-3229757_1280

    不動産基礎知識

    【不動産】投資で安全に利益を確保しよう

    投資とは、確実に儲かるという期待感で行っているのではないでしょうか? …

  3. e599556c470bd50f9bf641887aabb027_s

    不動産基礎知識

    管理会社が変わる際に大家として気を付けたいこと

    不動産投資を行うに際し管理会社の選定は大変重要です。特に賃貸管理が上手…

  4. f97e73afcc4c80d8dfcf15090d2458da_s

    不動産基礎知識

    競売物件に内包されるリスクについて

    競売は裁判所で行われますが、競売特有の事情により不動産会社の仲介による…

  5. d38fa8c13e42f8cee29d9cebbe05c8b2_s

    不動産基礎知識

    不動産の売却における二つの契約とは

    不動産を売却しようとした場合に、一般的には二つの大きな契約を必要としま…

  6. e5dd08745587f02ebb4c252df3dcf2c8_s

    不動産基礎知識

    競売物件とはどのような特徴を持つ不動産なのか

    競売物件というと怖い、怪しい、難しいというマイナスのイメージを持たれる…

おすすめ記事

  1. 651d88f37211903ac2996d459df2317e_s
  2. 48c1705d6817021cc8f4f0d9050c7c28_s
  3. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s
  4. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  5. e951d0b04aa77da2c124dc7ba7454510_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 555

    不動産基礎知識

    競売物件の買い方は一般的な不動産売買と何が異なる?
  2. 31a2ef99b9adb80716cb3afa2bd92c9b_s

    不動産基礎知識

    競売物件における固定資産税等の取扱いについて
  3. 2bc980c0ea5551c92c75b8a3d0eb543a_s

    不動産基礎知識

    共働き世帯の住宅ローンの利用方法
  4. f63c3b0658139ffe20d6d846aa7177cd_s

    相続

    相続における不動産の固定資産税の取扱い
  5. tsuchimoto0I9A6505_TP_V

    任意売却

    競売における手続きの諸費用負担は誰が払う?
PAGE TOP