chart-1905225_1280

不動産基礎知識

2016年から2018年過去と今後の住宅ローンの見通しを分析し動向を探る

タイトルにもありますが、住宅ローンの動向について弊社のサイトである「不動産ジャーナル」でも何度か取り上げた内容です。過去記事からおさらいして見る動向と今回の記事で補う最新の情報とを織り交ぜて情報をご提供させていただきます。今後の住宅ローンの見通しを分析する参考や指針となれば幸いです。

■2016年【今後の住宅ローンの見通しについて】の記事から分析する

・2016年1月にマイナス金利政策が実行される
・住宅ローンのフラット35による低金利が持続
・マイナス金利の影響について触れる(実際景気は上昇しない気配)
・2016年現在金利を上げることでデフレ状態になることを示唆
・金利上昇に伴う住宅ローン返済への懸念(金利上昇や社会情勢について記載)
※詳しくは過去記事をご覧ください。

■2016年実際の住宅ローンの動向

・国債利回り長期金利は大幅に上昇(2016年12月1日時点終値 0.040%と0.125%増加)
・金融機関が、当初10年固定金利を0.59%に引き下げ(10年後は基準金利から-1.50%なので金利の上昇が懸念される)

◎以下2016年住宅ローン金利
・変動金利 0.497% → 0.659%
・当初10年固定金利 0.800% → 0.986%
・フラット35金利 1.110% → 1.120%

■2017年【今後の住宅ローンの動向】の記事から分析する

・金融機関は積極姿勢を継続(マイナス金利の影響からか融資に回す選択を示唆)
・住宅ローンの金利(フラット35の固定金利1%台で低金利継続を示唆)
・固定金利は10年国債利回りと密接に連動すると予測
※詳しくは過去記事をご覧ください。

■2017年実際の住宅ローンの動向

・国債利回り長期金利は大幅上昇(2017年9月4日時点では-0.005%で推移2017年10月5日時点では0.075%と国債金利は0.08%上昇)
・金融機関メガバンクは挙って金利を値上げ1.2%台に引き上げる金融機関も増加
・フラット35の制度変更(団信任意加入・団信なしから団信料込みの金利が基本となり団信特約料が毎月の返済額に加算される)時を同じくしてフラット35Sの金利引き下げが、0.30%から0.25%に狭められました。

◎以下2016年から2017年住宅ローン金利比較
・変動金利 0.659% → 0.628%(-0.031%)
・当初10年固定金利0.986% → 1.070%(+0.084%)
・フラット35金利1.120% → 1.140%(+0.020%)

■いよいよ本題の2018年7月最新住宅ローン金利動向

◎2018年7月現在での住宅ローン金利は、多少変動があり上げ下げがありました。
・変動金利は、史上最低金利が継続中

■主要銀行の住宅ローン金利推移は以下のようになります。

・2018年1月変動金利0.439% 5年固定0.800% 10年固定0.650% 35年固定1.195%
・2018年2月変動金利 0.439% 5年固定0.800% 10年固定0.700% 35年固定 1.255%
・2018年3月変動金利 0.439% 5年固定0.800% 10年固定0.700% 35年固定 1.255%
・2018年4月変動金利 0.439%5年固定0.800% 10年固定0.700% 35年固定1.250%
・2018年5月変動金利0.428% 5年固定0.720% 10年固定0.700% 35年固定1.275%
・2018年6月変動金利 0.428% 5年固定 0.720% 10年固定0.700% 35年固定1.305%
・2018年7月変動金利 0.428% 5年固定0.720% 10年固定0.700% 35年固定1.315%
 

■まとめ

弊社の過去記事から見る過去2年間に渡る金利動向から変動金利と5年金利は、依然最低なままで推移しています。10年金利と35年金利は、2017年夏から秋の水準には、届かないものの長期視点から見れば過去最低に近い推移を示し低金利と言えます。

今後の住宅ローンの見通しを分析する際は、株式会社アブローズにお問い合わせください。

ピックアップ記事

  1. マイホームを手放すことになってしまったら
  2. 実は厳しい税金滞納への対応
  3. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  4. 後妻の子の相続における取り扱い
  5. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう

関連記事

  1. 16d217bca078a018514a4d3f4efecca0_s

    不動産基礎知識

    賃貸管理の契約書に印紙が必要な場合

    賃貸管理とはどのようなものかご存知でしょうか? 入居者募集から家賃集金…

  2. 102b72e5d5e3dff4fa89fd7c794b97c5_s

    不動産基礎知識

    競売の流れから見る専門用語

    競売について詳しく知りたい方にとって、競売に関わる専門用語は難しく感じ…

  3. ab334b974434fe19f5d6cac046b215b5_s

    不動産基礎知識

    不動産競売の入札制限について

    裁判所で行われる不動産競売で買受の申し出は入札によって行われます。入札…

  4. 3be5da6a41750f9431e4ecc8f0e900a5_s
  5. 1ca9a59974db96e68e5cb129bdb6b8dc_s

    不動産基礎知識

    督促状と催告状の違いをご存じでしょうか

    督促状と催告書は同じようなものだと思っている方も多いのではないでしょう…

  6. 882532638e73d40dd2499c026cd56e9b_m

    不動産基礎知識

    ローン滞納の任意売却で退去するタイミングはいつ⁉

    住宅ローンを返済できない理由はいろいろあるかもしれません。結果的にはロ…

おすすめ記事

  1. tsuchimoto0I9A6505_TP_V
  2. 612
  3. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  4. 639aa7f599057d57da605899a646ebef_s
  5. YOTAKAPAKU6526_TP_V

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. yotaka0721IMGL5136_TP_V

    債務整理

    競売の必要書類あれこれ ~失敗しないようにチェックしよう~
  2. 8a49af050154fe34382b0e3d2dac4d15_s

    債務整理

    農地を競売で買えるの? ~農地法を考える~
  3. 59f1b13b7e0c1053582244573ca1de75_s

    不動産基礎知識

    問題になっているマンション管理に関するニュース
  4. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s

    債務整理

    知っておきたい競売の明け渡しまでの流れ
  5. 2e6ea98f843299f0c957a2f66d092a38_s

    相続

    相続においてよく取り沙汰される問題点とは、の続編(解決の糸口)
PAGE TOP