chart-1905225_1280

不動産基礎知識

2016年から2018年過去と今後の住宅ローンの見通しを分析し動向を探る

タイトルにもありますが、住宅ローンの動向について弊社のサイトである「不動産ジャーナル」でも何度か取り上げた内容です。過去記事からおさらいして見る動向と今回の記事で補う最新の情報とを織り交ぜて情報をご提供させていただきます。今後の住宅ローンの見通しを分析する参考や指針となれば幸いです。

■2016年【今後の住宅ローンの見通しについて】の記事から分析する

・2016年1月にマイナス金利政策が実行される
・住宅ローンのフラット35による低金利が持続
・マイナス金利の影響について触れる(実際景気は上昇しない気配)
・2016年現在金利を上げることでデフレ状態になることを示唆
・金利上昇に伴う住宅ローン返済への懸念(金利上昇や社会情勢について記載)
※詳しくは過去記事をご覧ください。

■2016年実際の住宅ローンの動向

・国債利回り長期金利は大幅に上昇(2016年12月1日時点終値 0.040%と0.125%増加)
・金融機関が、当初10年固定金利を0.59%に引き下げ(10年後は基準金利から-1.50%なので金利の上昇が懸念される)

◎以下2016年住宅ローン金利
・変動金利 0.497% → 0.659%
・当初10年固定金利 0.800% → 0.986%
・フラット35金利 1.110% → 1.120%

■2017年【今後の住宅ローンの動向】の記事から分析する

・金融機関は積極姿勢を継続(マイナス金利の影響からか融資に回す選択を示唆)
・住宅ローンの金利(フラット35の固定金利1%台で低金利継続を示唆)
・固定金利は10年国債利回りと密接に連動すると予測
※詳しくは過去記事をご覧ください。

■2017年実際の住宅ローンの動向

・国債利回り長期金利は大幅上昇(2017年9月4日時点では-0.005%で推移2017年10月5日時点では0.075%と国債金利は0.08%上昇)
・金融機関メガバンクは挙って金利を値上げ1.2%台に引き上げる金融機関も増加
・フラット35の制度変更(団信任意加入・団信なしから団信料込みの金利が基本となり団信特約料が毎月の返済額に加算される)時を同じくしてフラット35Sの金利引き下げが、0.30%から0.25%に狭められました。

◎以下2016年から2017年住宅ローン金利比較
・変動金利 0.659% → 0.628%(-0.031%)
・当初10年固定金利0.986% → 1.070%(+0.084%)
・フラット35金利1.120% → 1.140%(+0.020%)

■いよいよ本題の2018年7月最新住宅ローン金利動向

◎2018年7月現在での住宅ローン金利は、多少変動があり上げ下げがありました。
・変動金利は、史上最低金利が継続中

■主要銀行の住宅ローン金利推移は以下のようになります。

・2018年1月変動金利0.439% 5年固定0.800% 10年固定0.650% 35年固定1.195%
・2018年2月変動金利 0.439% 5年固定0.800% 10年固定0.700% 35年固定 1.255%
・2018年3月変動金利 0.439% 5年固定0.800% 10年固定0.700% 35年固定 1.255%
・2018年4月変動金利 0.439%5年固定0.800% 10年固定0.700% 35年固定1.250%
・2018年5月変動金利0.428% 5年固定0.720% 10年固定0.700% 35年固定1.275%
・2018年6月変動金利 0.428% 5年固定 0.720% 10年固定0.700% 35年固定1.305%
・2018年7月変動金利 0.428% 5年固定0.720% 10年固定0.700% 35年固定1.315%
 

■まとめ

弊社の過去記事から見る過去2年間に渡る金利動向から変動金利と5年金利は、依然最低なままで推移しています。10年金利と35年金利は、2017年夏から秋の水準には、届かないものの長期視点から見れば過去最低に近い推移を示し低金利と言えます。

今後の住宅ローンの見通しを分析する際は、株式会社アブローズにお問い合わせください。

ピックアップ記事

  1. 督促状の納期限とペナルティについて
  2. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  3. 競売における売却基準価額とは何か
  4. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  5. マイホームを手放すことになってしまったら

関連記事

  1. 1ca9a59974db96e68e5cb129bdb6b8dc_s

    不動産基礎知識

    督促状と催告状の違いをご存じでしょうか

    督促状と催告書は同じようなものだと思っている方も多いのではないでしょう…

  2. 6acd2006012da9f4a0ae76c0936193b7_s

    不動産基礎知識

    住宅ローンを組む際ボーナスを併用して支払う割合

    住宅ローンを組む際の返済方法は、毎月支払う方法と、ボーナスを併用して支…

  3. 15b779dd15b1c7710f668a8a24541822_s

    不動産基礎知識

    競売で期間入札の後に行われる特別売却とはどのようなものか

    裁判所による不動産の競売は、通常は期間入札という方式で行われます。この…

  4. 2e57f939f3ac8a770b9bfb1f6aa79016_s

    不動産基礎知識

    夫婦で借りて、返済する住宅ローン

    マイホームを購入する際に全額を自己資金で支払われる方は少数で、ほとんど…

  5. tsuchimoto0I9A6616_TP_V4

    不動産基礎知識

    任意売却を可能にする要件とは

    住宅ローンの滞納を続けていると、やがて債権者は競売を申し立てることにな…

  6. e6ea937e5d54ecf75c3de2788171363b_s

    不動産基礎知識

    競売に向かった流れを変えるには

    マイホームが競売にかかってしまった方のほとんどが、まさか自分の家がそん…

おすすめ記事

  1. 612
  2. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s
  3. 66 (5)
  4. maxeIMGL8761_TP_V
  5. OZP68_namennayo_TP_V

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 08a5736b996b16667a8a9153188a54be_s

    債務整理

    競売リスクを伴う銀行ローン
  2. S001_megane0120140830145829_TP_V4

    不動産基礎知識

    住宅ローンによる借入に勤続年数はどれだけ影響するか?
  3. tsuchimoto0I9A6505_TP_V

    債務整理

    競売と公売の違いを理解しよう
  4. e8384d129a9670c99331e4d6734638e2_s

    不動産基礎知識

    転職が与える住宅ローンへの影響
  5. 414fc752d3f510ea1355c4568050aa5c_s

    不動産基礎知識

    不動産競売が実行されることによる影響
PAGE TOP