612

不動産基礎知識

【不動産】売却するために必要な書類

今まで住んでいた家を諸事情で手放すとなると、新たな生活拠点でのスタートをする半面、それまで住んでいた場所との別れは寂しいものです。しかし、これらを手放すとしてもどうしても書類がかかわってきます。

■不動産は簡単に売れません

もし一軒家など不動産全般を売却するとしましょう。不動産は売買問わず大きなお金が動きますので、簡単に取り扱う代物ではないのです。それ以外に不動産売却をするときは、たくさんの書類が伴います。

まずは、売却に必要な書類について紹介します。

◎登記簿謄本(登記事項証明書)
実際に売りたい不動産の登記事項といったデータが、細かく書かれている書類です。実際の取得は法務局へ行かなければなりません。

◎売買契約書
それまでの持ち主との間に交わされた契約の証です。契約日や物件引き渡しをした日、売買代金などのデータがたくさん記入された書類です。

◎重要事項証明書
告知事項や取引内容などといった必要事項が入っています。

◎登記済権利書(識別情報)
登記名義人のものであるという事を示す権利書です。

◎土地測量図と境界確認書
土地面積と隣との境界線を明確化したもので、土地や一軒家を購入するために必要な書類となります。売却の時は別の方へ引き渡すために必要です。

◎固定資産税納税通知書(評価証明書)
固定資産税を確認するために必要で、移転登記をするときに必要な登録免許税を算出するためには欠かす事が出来ない通知書です。

◎物件図面と仕様書※ここから土地売却の際、用意する必要はありません。
売却する家の図面と、システムの仕様書となります。第三者へ売却する際、物件使用を把握するのに使います。

◎建築確認済証(検査証)
建築基準法に準拠した設計通りに作られましたという証で、検査に適合した物件であることを証明します。

以上、これは一戸建て住宅を売却するときに必要な書類を紹介しましたが、マンションの一室を売却するときはさらに、以下の書類が必要です。

◎建築設計図(土地の場合、任意提出です)、マンション管理規約、維持費管理書類
※以下はマンション・一軒家双方に適用しますが、いずれも任意提出です。

◎耐震診断証明書、アスベスト使用調査報告書

ちなみに今回紹介したのは、不動産会社へ売却をお願いする際に必要な書類となり、売る物件により書類量が異なりますが、基本的には第三者へ売却するときに必要だという事です。これだけの書類をそろえるという事は、物件を売るときにこれらの書類が無ければ話にならないという事になります。

■第三者が購入する場合には…

以上の書類をそろえ、不動産会社に見積もりなどをお願いしてから売却しました。その物件に魅力を感じた第三者が購入した場合にも、書類は必要です。まずはマンションや土地、一戸建て共通で必須となる書類です。

◎本人確認書類
保険証やマイナンバーカードなどといった、売却する人であることを証明する書類です。

◎実印
売る人の印鑑で、物件の売買も契約ですので印鑑が無いと話が進まなくなります。これは役所に印鑑登録という形で提出します。

◎印鑑証明書
土地を売買するのは大きなお金を動かす事になりますので、実印と印鑑証明書はこのような場所で役立ちます。

実印と印鑑証明書は、物件の売買など大きなお金を動かす際に必要な書類ですので、いかなる時にも用意しておくと後先で困ることが無いわけです。
次は、場合によっては用意する必要が無い書類です。

◎住民票(売却する人)、銀行口座通帳、住宅ローン残高(返済)証明書、パンフレット(物件)

今回紹介した書類全般についてですが、売却を決めたら不動産会社に見積もりをお願いするのではなく、今回紹介した必要書類をすべてそろえてから見積もり依頼をスタートすると、売却の交渉をする際スムーズに進む事が出来ます。

不動産売却をお考えの方は、株式会社アブローズまでお気軽にご相談ください。

ピックアップ記事

  1. 督促状の納期限とペナルティについて
  2. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  3. 競売における売却基準価額とは何か
  4. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
  5. 後妻の子の相続における取り扱い

関連記事

  1. d42b87363b4165acd0534fcedb12a862_s

    不動産基礎知識

    差し押さえ物件とはどのような物件なのか

    住宅ローン返済の滞納を続けていると抵当権が設定されているマイホームの差…

  2. green_Floppyookawa20141024222308_TP_V4

    不動産基礎知識

    賃貸経営への考え方が利益率に影響を及ぼす

    歴史的な低金利が続き、資金調達の環境が良好になったことから賃貸用のアパ…

  3. c0ec8be8d84bd54eceba68b5c288348e_s

    不動産基礎知識

    競売の妨害

    競売を妨害する行為は基本的に犯罪に該当します。競売に限らず人を傷付ける…

  4. c158331ae38050722a1d436fada1153e_s

    不動産基礎知識

    住宅ローンにはプレッシャーがあって当然

    マイホームの購入に際して住宅ローンを利用されるという方が多いことだと思…

  5. ad098cb14459599430e4d60fe23df38c_s

    不動産基礎知識

    競売の手続きは債務者の意思と無関係に進む

    住宅ローンの滞納が続くと、債権者が債権を回収するために設定した抵当権に…

  6. OK76_marukaburi20141221135231_TP_V

    不動産基礎知識

    住宅ローンの返済が辛いという人の意見

    マイホームを持つ人のうち多くの方が利用されるであろう住宅ローンですが、…

おすすめ記事

  1. HOS8512_TP_V
  2. 4121541b90b39140f090f76a41e23493_s
  3. 07ef3672dffcbcc5378b19c6a6a5202f_s
  4. 79857a1193685112791775c6883a8761_s
  5. e17516db652e8da1a8d83fe874a9b9d2_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 611

    任意売却

    競売物件の内覧は可能なのか?
  2. 236609c9549ccd6b6a9542cb46a83c91_s

    債務整理

    競売による賃貸借契約とは?
  3. 1d105a0530105c533387585b8e7e487d_s

    任意売却

    後悔しないための住宅ローンの活用法
  4. 64

    相続

    相続の一部放棄はできないってホント⁉
  5. 76d5eb72f124e482dcc0061355abdfee_s

    債務整理

    住宅ローンの債務不履行をわかりやすく説明すると
PAGE TOP